FC2ブログ

2019福島ボランティア 33〜35回目を終了②

2019.07.17.11:27



【7/14編】


前夜、深夜から降雨との天気予報で窓を閉めきって寝ていたところ、湿度が高くて寝苦しい…。

これは寝るのは無理だなと窓を半分くらい開けて寝たところ、降雨で車内に雨が吹き込み、また目を覚ますという悪循環で踏んだり蹴ったりの一夜に。

ろくに眠れないまま朝を迎えてしまい、ぼ~っとしたまま洗面・着替えをし集合場所へGo!


ーーーーーーーーーー


この日の活動場所は、浪江町の室原地区。

原発事故から8年以上の年月が経過しましたが、いまだに帰還困難区域として指定されている地区となっています。

4578.png
画像は浪江町HPより借用

大熊町と同様、乗り合いで現地入りする場所のため、一旦浪江町役場の駐車場に集合、そこからワゴン車などに乗り換えて現地入りすることに。

天気は生憎の雨模様で、しかも終日降り続くとの最悪の予報…。

活動後はドロドロになるだろうし、乗り合いのために車を提供してくれた方に申し訳ないなと、着替えやゴミ袋をカバンに詰め込んで現地入りすることにしましたョ。



依頼者さんと合流し活動場所に入りますと、浪江町郊外のジャングルのようになった空き地に案内され、ここで伸び放題になっている雑木や雑草をできる限り伐採してほしいとの依頼でした。

東北郊外のひろーい敷地で、しかも8年以上放置されたジャングル状態ですから、これは一筋縄ではいきそうにない…しかも刈った草や枝葉類はフレコンバック入れとのことなので、厳しい戦いになりそうだなと…。

私めはチェーンソー班のヘルプということで、伐採された枝や幹類を搬送する担当へ。

地面はイノシシに掘り起こされ穴がボコボコ、しかも長雨でぬかるみ、ぐちゃぐちゃ、足元は超不安定と活動条件は最悪。

また、参加人員は10名超えと天候の割りには良く集まった方でしたが、半数が初参加の方で、いつものチームワークも発揮できず、行動がてんでバラバラ…。

これは今日中には終わらないんじゃないかと心配に。

雨だし、乗ってきたのは他人の車だし、休憩時間も座るところもない、水道もトイレももちろんないという、近年稀に見る悪条件下での活動で、何かの罰ゲームですか!ってな感じでしたョ。

しかし、トイレは男なら藪に入って…とでもできますが、女性は大変だなといつも思っているんですよ。😓


ーーーーーーーーーー


昼食をはさみ、帰還困難区域をでる制限時間ギリギリまで活動し、なんとか爪痕を残す形にして、午後3時過ぎに活動終了へ。


そうボラ活動報告2019/7/14


刈った草などは全部フレコンバックに入れる時間がなく、刈り倒しにしたエリアもありましたが、活動開始前とは見違えるようにきれいになりまして現地をあとにすることに。


この日の線量計の値は、約6時間の活動で2.5μSv。普通の地域よりは多いのでしょうけど、大熊町の線量を経験しているので、全然普通だな…という印象でしたョ。(写真取り忘れました)

スクリーニング場で長靴底などの放射線量を計測してもらい、集合場所の浪江町役場に戻り、終礼後解散へ。

ドロドロになった服を着替え、コインランドリーの洗濯機に放り込み(ちゃんと下洗いしてからにしましたよ〜)入浴施設でさっぱりしてから道の駅に転進しておやすみなさい…😪zzz


7/15編に続きます→



関連記事

theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

comment

Secret

プロフィール

旅人macpapa

Author:旅人macpapa
50歳を機にアーリーリタイヤしました。
亡き妻との約束を果たすため「日本の自然と温泉を巡る旅」とボランティア旅に出ています。
以前のブログ「macpapaの日々是感謝
妻が書いていたブログ「ありがとう

主に一人旅人からの目線、感じたことを書いています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
旅人カウンター
旅人オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク