FC2ブログ

2019福島ボランティア6〜7回目を終了② 最後にヤバかった〜

2019.02.13.19:13



【2/10編】


セットしておいたアラームで目を覚ましますと、車内の空気はキーンと冷えっ冷え。

毛布をかぶって寝ていたため分かりませんでしたが、やはり外はかなりの低気温だったようです。

しかーし、車内から這い出して外に出ると、あれっ?というくらいの積雪のなさ。

駐車場の路面はほとんど積雪しておらず、昨夜の転進はなんだったーというほど。

ただ、路面は凍っており、アイスバーン状態。

転ばないようソロリソロリと歩きまして、洗面と着替えをすませ、シートを運転モードにして集合場所へGo!


昨夜のうちにリーダーから一斉送信メールが来ていまして、積雪のため当初予定の伐採は中止、別案件にするということで集合場所が富岡町内の中学校に変更されていました。


ハンドルを握りながら中学校に向かいますと、先々で除雪は必要ないんじゃないか程度の積雪しかなく、おそらく日中に溶けてしまう程度のもの…。


先着していたリーダーも、積雪状況を見て、これは除雪は必要ないねとしばし思案…。

あちこち連絡し、いつも手伝いに来てくれている南相馬で活動している『福興浜団』さんが菜の花畑の追肥撒き活動を行うということで、その手伝いに行くということになり昨日転進してきたばかりの南相馬に逆戻り。

ーーーーーーーーーーーーーーー

福興浜団は、萱浜にお住まいの上野敬幸(たかゆき)さんが代表を務めている団体。

2011年に発生した震災・原発事故で、地元の消防団リーダーとして住民の救助活動にあたっていた上野さんでしたが、ご自身の両親とお子さん2人も津波による行方不明になってしまっていたとのこと。

原発から20Kmほどの距離にあった萱浜地区には、警察・消防・自衛隊すらも捜索に入れず、上野さんを中心にした地元消防団が行方不明者の捜索を続けていたところ、やがて捜索のボランティアが加わるようになり、捜索ボランティア団体「福興浜団」が結成されたとのことです。

ーーーーーーーーーーーーーーー

上野さんとはそうぼらにお手伝いに来てくれた際に、何度かお目にかかっていましたが、福興浜団さんの活動にお手伝いに来たのは初めて。

ちょっぴり緊張しながら萱浜にある上野さんのご自宅兼福興浜団ボラセンに着きますと、この日のボラ参加者の車が庭を埋め尽くすようにいっぱい…。

到着時、まだ畑は真っ白な積雪状態だったため1時間ほど待機し、作物が見えるようになってから隣接している菜の花畑へ。


待機していた間は、ドラム缶の焚き火もあり、太陽も出ていて暖かかったのですが、畑に来ますと海に近く、吹きっさらし状態でひょえぇぇぇ〜寒い〜。😰

フードを被り、なるべく背中側で風を受けるようにして追肥肥料を撒き撒き…。

しかし、広い畑だねと、広さはどのくらいなんですか?と聞きますと、2町歩を超えるくらいかなとのこと…。😳

1町歩=1ha=10,000㎡なので、合計面積は20,000㎡以上…。

サッカー場の公式の大きさが105m✕68m、面積にして7,140㎡なので、サッカー場約3面分…。

参加人員が20名以上でしたが、途方もない広さで、前日の作業の継続とはいえ気が遠くなりそうに…。

休憩をとるにも遠くなりすぎるため、昼ごはん以外はひたすら肥料撒きに精を出しまして、午後3時には全エリアかんりょ〜。

最初は要領が分からず時間がかかりましたが、慣れるにつれ効率が上がり、無理かと思われたエリアの広さを克服できましたョ。


ーーーーーーーーーーーーーー


終礼後、まっすぐに帰宅の途につきましたが、帰宅途中にヒヤッとする出来事が…。

活動の疲労から、途中でウトウトっとしてしまいまして、ほっぺたを叩いたり、内ももをつねったりしていたのですが、片側2車線の走りやすいところに来て気が抜けてしまったのか、一瞬、寝落ちしてしまったらしく、中央分離帯の脇に溜まっていた砂利にタイヤが乗り、そのジャリジャリっとした振動でハッと目が覚め、迫りくる中央分離帯にあせって咄嗟にハンドルを左に切り、事なきを得ることに…。😨

かなりの速度も出ていたので、中央分離帯に接触して大事故…という可能性もあり、やばかった〜と冷や汗がど~。

思い返しても、なんでぶつからずに目が覚めたか、咄嗟にハンドルを切れたのか、まったく擦りもせず回避できたか分からず…、亡妻が助けてくれたとしか思えないような出来事でした。

ボラに行って、大事故を起こしては元も子もないと、大反省…。無理しちゃいけないなと、改めて肝に銘じましたョ。


その後、休憩を多くとりまして、午後11時過ぎに無事帰宅し、2019年福島ボラ6〜7回目を終了しました。


2月の第3週、第4週はともに活動が土曜日のみで、日帰りボラになるため、天候などを考慮して参加・不参加を決めたいと思います。


それではまた。


関連記事

theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

comment

Secret

プロフィール

旅人macpapa

Author:旅人macpapa
50歳を機にアーリーリタイヤしました。
亡き妻との約束を果たすため「日本の自然と温泉を巡る旅」とボランティア旅に出ています。
以前のブログ「macpapaの日々是感謝
妻が書いていたブログ「ありがとう

主に一人旅人からの目線、感じたことを書いています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
旅人カウンター
旅人オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク