FC2ブログ

未曾有の大災害が連発!

2018.09.09.00:17




今週は、4日(火)に、四国から近畿地方を中心に上陸・通過していった台風21号で大きな風水害被害が発生…。

その被害の大きさ、風の恐怖に驚き、自然の猛威を改めて肝に銘じていた2日後の6日(木)未明に、今度は北海道胆振地方で震度7の巨大地震が発生という、未曾有の大災害が連発した一週間となりました。


西日本豪雨災害もいまだに復旧半ばであるのに、近畿、北海道と深い傷痕が残る災害が続発し、もはや、テレビの前に広がる被害風景は、映画やCGではないのか…などと思ってしまう自分がいます。

関東は、幸いにというか…特に被害は無かったのですが、日本に住む以上、いつどこでどのような災害に巻き込まれるか分からない、明日は我が身だなと…感じた次第です。


台風21号では、建物が風で吹き飛び、トラックや車がミニカーのように風で横転、そのまま横滑りしていく…。

地震のあった北海道では、全道で停電が発生して都市機能がストップ。山の表層が広範囲に土砂崩れを起こして、麓に広がっていた集落が押しつぶされているなど、現実とは思えないような被害が広がっていました…。


救助にあたる自衛隊・警察・消防・地元の人々も、不眠不休であたられているのではないかと思います。


ありきたりの言葉ではありますが、被災された皆様方へ、衷心よりお見舞いの言葉を申し上げたいと思います。



現時点では、近畿中心の台風被害で、吹田市・泉佐野市で居住地問わずのボランティア募集、豊中市、岸和田市、阪南市で市内居住者限定でボランティア募集との情報。

北海道の地震被害では、地元社協が災害ボランティアセンターを開設して、ボランティアニーズの把握や受け入れ準備をしている最中だとのこと。


西日本豪雨災害の被害回復も道半ばで、ますます経験豊富なボランティアが全国に散らばってしまうと思われ…大変な事態になったなと感じております。


私めの住む地域(埼玉)からすると、近畿地方が距離的に近いといえば近いので、何かお手伝いに行くとすれば近畿かなと考えているところです。


今後、具体的な行動が決まれば、ご報告したいと思っています。


新たな被災現場が発生し、ボランティアに行きますと、必ず被災された方がいう言葉は…『まさか、自分の身に災害が降りかかってくるとは思わなかった』、『まさか、自分が住む家を失い、避難所にお世話になる日が来るとは思わなかった』というものです。


幸いにして、被災地から離れた地域にお住まいで、今までと変わらぬ日常生活を送ることのできている皆様方…。

被災された方々の心の叫びを無になさらず、明日は我が身と、教訓にしてくださいますように…また、募金でもなんでも、何か被災された方々への気持ちを忘れずに、行動を起こしていただければと…願っております。



それではまた。



関連記事

theme : 災害ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

comment

Secret

プロフィール

旅人macpapa

Author:旅人macpapa
50歳を機にアーリーリタイヤしました。
亡き妻との約束を果たすため「日本の自然と温泉を巡る旅」とボランティア旅に出ています。
以前のブログ「macpapaの日々是感謝
妻が書いていたブログ「ありがとう

主に一人旅人からの目線、感じたことを書いています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
旅人カウンター
旅人オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク