FC2ブログ

40年ぶりのインフルエンザ罹患

2018.03.10.22:55



今週は震災から7年となる「3.11」を迎える週末…。

「3.11」は東北各地で追悼行事があるため、ボランティアは前日の10日のみだなと思っていたのですが…。

先週末(3/3-3/4)のボランティアから帰宅後に体調に異変が。

最初は喉の調子が悪いな…程度で、いつもの扁桃腺の炎症か?と思っていたのですが、そのうち咳が出るようになり、身体が火照った感じとなったことから体温計で確認すると38℃…。

こりゃ明日病院にいかなきゃなと、早めに横になったのですが、夜中には汗びっしょりになるほどの発熱・発汗…。

しかも、いつもは感じない関節痛というか身体全体の違和感もあったので、もしかしたらインフル?…と思いつつ、病院のオープンを待ち、診察を受けることに。

受付で症状を説明しますと、すぐに他の患者との待合室とは別室の待合室に案内されまして、インフル疑いとのことで隔離されてしまいましたョ。😥

隔離室待機のまま、インフル検査(鼻の奥にグリグリするやつです)を受けまして、しばらくしますと診察の順番が。

診察室に入るや医師から言われたのは「インフルエンザについては陰性でした。」とのこと。
ただ、症状が出てから時間経過していないため、検査に出なかった可能性もあるので、その時は再度受診をとのこと。

うーん、節々の痛みはインフルの特徴だと聞いたんだけどなぁ〜と、若干納得のいかない気持ちで帰宅、薬を飲んで早々に床についたのですが、ここからが地獄のような一夜となってしまうことに…。

鼻がつまって呼吸が苦しい、口呼吸になってしまい咳が頻発、発熱が39.5℃、1時間おきに感じる頻尿と…これ以上の苦しい組み合わせはないんじゃないかというくらいの症状に見舞われまして、やっぱりインフルだったんじゃないのこれ?と思いつつ、ほとんど寝れない状態で朝を迎えることに。

昨日よりも辛い症状で自転車をこぎこぎ、なんとか病院に到着。受付で昨日からの経緯を話しますと、隔離室をすっ飛ばしてすぐにサブ診察室に入れられまして、診察台で寝て待っていてくださいと…。

まあ、座っていられないほどの症状でもなかったので、診察台で座って待っていましたが、2日連続で鼻の奥をグリグリされる検査を受けたところ、インフルエンザB型陽性との結果が。

医師も昨日検査に出れば、昨日の段階でインフルエンザをメインにした対策がとれたのですがと恐縮していましたが、2日連続のインフルエンザ検査料もしっかり請求されまして帰宅することに。

しかし、インフルエンザなんて、記憶があるのは小学生以来の出来事でして(偽陽性や見込みで薬をだしてもらったことは何度か…)、確定診断としては、おそらく40年ぶりの罹患で、我ながらビックリしました。

ということで、今週はどこにも出かけず家でおとなしくしております。

症状の方も一時の最悪な状態からはだいぶ回復したのですが、1〜2時間おきのトイレに行く症状が治らず、こちらだけはどうしたもんかなと思っていますが、まあ、とりあえず様子見ですかね。


40年も罹っていないので大丈夫だろうと高をくくり、インフル予防のワクチンも射っていなかったので、酷い症状になってしまったのかも…。来年はちゃんと射ちたいと思います。😅


皆様も、インフルのピークは過ぎたとはいえ、まだまだ油断されませぬようお気をつけくださいませ。


それではまた。


関連記事

theme : 今日の出来事
genre : 日記

comment

Secret

プロフィール

旅人macpapa

Author:旅人macpapa
50歳を機にアーリーリタイヤしました。
亡き妻との約束を果たすため「日本の自然と温泉を巡る旅」とボランティア旅に出ています。
以前のブログ「macpapaの日々是感謝
妻が書いていたブログ「ありがとう

主に一人旅人からの目線、感じたことを書いています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
旅人カウンター
旅人オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク