福島ボランティア 2018年1〜3回目終了

2018.01.09.20:33


2018/1/6-1/8

福島ボランティア本年1~3回目を終えましたので、その記録です。

ーーーーーーーーーーーーーー

2018年初回のボランティアとして、まだ松も取れないうちに福島へGo!することにしましたョ。

送られてきたボランティア活動予定によると、初活動は1/6土曜から日曜、成人の日を含めた3日間。

年初から3日間も家を空けるってどうなの?とも頭をよぎりましたが、天気予報もまあまあ良さげだったので、えーい、3日間ともいったれ~と、参加希望メールを送信。

前日1/5(金)午後5時に装備品や着替えなどを車に積み込んでしゅぱーつ。

団体に寄贈する物を購入、途中食事休憩を挟んで、福島に到着したのが日付けが変わった午前1時…。8時間ドライブで、すでにひと仕事終えたような疲労感でしたが、すぐに車中泊モードにセッティングしてSleepingターイム。😪zzz…

ーーーーーーーーーーーーーーー

【1/6編】

集合時間にギリギリ間に合う時間まで仮眠をとり、洗面・着替え・昼食の買い出しをして集合場所にGo!


初日の活動場所は、浪江町の中心からほど近い個人のお宅。
大きな母屋やトラクターなどが駐められている車庫があり、昔は農家をされていたのではないかと推測。

現在では、ご高齢のご夫婦のみが帰還され生活されているとのことですが、敷地が広く立木なども多数。聞くところによると、ボランティアが入る前は腰が曲がったおばあさんがチェーンソーで切っていたこともあったとのこと。😳すごっ

新年早々集まったボランティアドランカー参加者は12名(うち女性1名)。しかし、新年早々ボランティアとは家庭の方は大丈夫なのでしょうか。😅

依頼内容は敷地内の立木類の伐採、伐採したものは薪にするので家の裏側へ積み上げてほしいという希望。

敷地が広く、伐採箇所が点在しているため、片付け班は西へ東へと大移動、ひたすらチェーンソー班が玉切りした幹や枝葉を運びまくりの一日。

お年の割に元気に動かれるおばあちゃんが、この木は残す、高さはこのくらいでと指示してくれたので、逆にやりやすかったですな。

お昼休憩には、具沢山のお味噌汁も差し入れしてくれまして、午後もフル活動。

午後3時過ぎには、希望された依頼内容を全て終了し、初日の活動が終了しました。



現場を後にし、教えていただいた新たな日帰り温泉施設で汗を流し、洗濯、夕食を済ませた後、ボランティア有志の新年会に顔を出し、その後車中泊でしゅーしーん。😪zzz…


ーーーーーーーーーーーーーーー

【1/7編】

携帯アラームで目を覚ましますと、キーンとした冷え込んだ空気感で車内の窓が凍りついていてびっくり…。車体外側が凍りつくのはよくあることですが、車内側の結露した窓が凍っているのは…なかなか見ない光景でしたョ。😅


洗面している間、デフロスターフルパワーで凍りついた窓を解氷、朝食・昼食の買い出しをして集合場所へGo!


2日目の集合場所は、同じく浪江町のお宅でしたが、今までとはうって変わって、日本庭園のような庭が整備された豪邸…。
聞くところによると、現在は京都で生活されているとのことで、もともとそちらの生活をされていたので、庭の雰囲気も日本庭園風に作ったのかなと…。

しかし、敷地は700坪超えで、しゃれた東屋あり、BBQなどができるような石のテーブルセットありと、建築費は総額でおいくら万円ですか?と聞いてみたくなるほどのお宅でしたョ。😅

参加人員は昨日と同じ12名。うち半数以上は、昨日からの居残りメンバー。みなさーん、家庭の方は大丈夫ですか〜。

依頼内容は、敷地内植生の全伐採…。避難先が京都で、子供たちも独立して管理ができないので、全ての植栽を伐採してほしいとの要望でした。

植生している植物の中には、価値があったり希少種の植物類も含まれているそうで、欲しい物があれば持っていってくださいとのこと。

価値がわかる方には、宝の山のような場所だったようですョ。😍私めには…当然分かりっこないので、お風呂にでも入れようかと柚子の実をいくつかいただいてきました。


昨日の現場では搬送班でしたが、本日は搬送されてきた枝類をバラして集積所の片付け班へ。

移動しなくていい反面、次から次に運ばれてくる枝の処理に追いつかず、四苦八苦…。集積所もあっという間に埋まってしまうほどの大量の枝葉・伐採木で、午前午後と枝処理に汗を流しましたョ。😅

とても一日では終わらない作業面積のため、午後3時過ぎに活動終了。継続案件行きとなりました。


現場を後にし、いつもの日帰り入浴施設で入浴、洗濯後、車中泊仲間で夕食にでかけて、その後、車中泊でしゅーしーん。😪zzz…


【1/8編】

冷え込みもあり、鼻から吸い込んだ冷気で目が覚めてしまい、再び寝袋に潜り込みましたが、寝付けずに車内でゴロゴロ…。😓マスクして寝ればヨカッタ…

二度寝はできそうになかったので、いつもより早めに起き出し、洗面・朝食・昼食買い出しをして3日目の集合場所へGo!


最終日の集合場所は、浪江町の郊外で以前何度か活動したことのある場所。ここで最後の仕上げの活動をするとの内容でした。

参加人員は10名。半数は3日間とも参加の強者…。人の事は言えませんけど、本業を持ちつつ週末はボランティア…。😲いつ休んでるんでしょう…


朝会の際、リーダーから2班に分かれて活動しますと説明を受け、私めは別現場に転進することに。

別現場と行っても、直線距離で500mくらいのところにある、年末最後に活動し、継続案件になったところへ転進、引き続き立木などの伐採、片付けにあたりましたョ。

勝手知ったる場所でしたが、この現場、なにせ足場が悪く、篠笹を伐採した後の刈り残しが長靴を突き刺したり、切り株などにつまづいたり、猪の掘り起こし箇所で足をとられたりと、見た目よりも危険で気が抜けない場所なのです。

重い玉切り幹を持って移動、足元が見えない状態でつまづいたりすると大怪我となる危険性もあり、慎重に搬送役を務めましたョ。

午前・午後と搬送&伐採班のサポート役を務めまして、午後2時半に活動終了。いつもはもう少し長く活動するところですが、3日連続活動しているメンバーもいるので、リーダー判断で少し早めに活動が終わりました。


帰宅途中に海の見える入浴施設で汗を流して、さっぱりしたところで午後11時前に帰宅。2018年最初のボランティア活動を事故無く終えることができました。


ーーーーーーーーーーーーーーー


余談ですが…

初日の集合時に、見慣れない車が来たなと思っていたところ、運転席から、あれ?どこかで見たことがある…という方が降車してきました。

よく見ると、妙に細長い顔付きといい、昔、見ていた「電●少年」で人気コーナーで活躍していた「な◯び」さんに間違いなーい。😲

最近では登山家のような活動をしているのかなと思っていましたが、休憩時間に聞きますと、本人は福島県出身で、仕事の合間に何度かボランティアに来られているとのこと。

昔は、録画までして見ていた番組だったので、隣で一緒にボランティア活動をしている姿を見ると、何か不思議な感じでしたョ。

な◯びさんも、3日間とも通しで参加されて、活動中は黙々と作業に打ち込んでいて、決して話題作りなどではない本気度が伝わってきましたョ。😊すんばらしい〜


ーーーーーーーーーーーーーーー


今年もまた、代わり映えのしないボランティア活動が中心の更新になるかと思いますが、本年もよろしくお願い申し上げます。


それではまた。


関連記事

theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

comment

Secret

プロフィール

旅人macpapa

Author:旅人macpapa
50歳を機にアーリーリタイヤしました。
亡き妻との約束を果たすため「日本の自然と温泉を巡る旅」とボランティア旅に出ています。
以前のブログ「macpapaの日々是感謝
妻が書いていたブログ「ありがとう

主に一人旅人からの目線、感じたことを書いています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
旅人カウンター
旅人オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク