風雲急を告げるかと思いきや…大ドンデン返し

2017.01.15.21:57



う〜寒いですね。まるで列島全体が冷凍庫に入ってしまったかのよう…。


猛吹雪のなか走っている女子駅伝を見ていて、気の毒で気の毒で…レース延期にできないのかなと思ってしまいましたョ。😅


さて、寒いからという訳ではないのですが、今週は個人的理由で忙しくなり、ボランティアには行けませんでした。


ざっと説明しますと…数年前から継続して探していた新居候補が急浮上、諸準備のためいろいろと忙しく動いていたところ、最後には大ドンデン返しで振り出しに戻るという、いただけない展開になってしまったのでした…。


ーーーーーーーーーーーーーー


いま住んでいるのは、賃貸のタウンハウス…、新築時からの高い家賃のまま2回更新したのですが、現職中の定期的な収入があった時ならばいざしらず、それが無くなった今、固定費の最たるものの住宅費を節約しようと、中古の一戸建てやマンションなど、ボランティアの合間に色々と探していたのです。

先週の体調不良時、時間があったのでネットで物件を探していたところ、とある中古マンションに目が止まりまして、写真で見る限り程度もまあまあで何よりも価格が手頃…。

実家からもほど近く、唯一の肉親の兄が近くにいるということでも心強いと思い、内見の申込みを。


しかし、中古の不動産探しというのも難しく、今までも、何度も良さげな物件だな〜と思いながら内見した物件も、どこかしらマイナスポイントがあり、やはり不動産に掘り出し物はないということわざがあるとおり、なかなか契約には至らなかったのです。

ですので、今回もあまり過度な期待せず、とりあえず内見だけはしようとお願いしたのですが、中を見ますと、多少の手入れをすればそのまま住めそうな物件で、管理費・修繕費も手頃と条件はばっちり。

更にダメ元と、だいぶ安い値段の買値で交渉したところ、なんとこれもOKとなりまして、不動産業者も目の色が変わってきましてアゲアゲ状態に。

登記の諸経費の見積もりなども出て、予算的にも問題ナッシングとなって、こりゃいよいよマンションオーナーか〜と心はウキウキ状態…。

売り主さんの都合もあり、14日の土曜日に重要事項説明、問題なければ契約の運びとトントン拍子に話が進み、印鑑証明やら住民票、手付金などを用意して、意気揚々と不動産業者の事務所へ…。

しか〜し、事務所に到着しますと何やら不動産業者の顔色がイマイチ暗い表情…。

何だ?と思いますと、不動産業者が開口一番…実は物件の条件表記にちょっとした手違いがありましてと…。

手違いとはなんです?と聞くと「修繕積立金の値段に誤りがありました」と。

内見時に渡された資料や、ネットの不動産検索サイトに載せられた情報には、管理費1万円、修繕積立金2千円の合計12,000円となっていまして、かなりのお得感が…。

マンションの場合は、管理費と修繕費が長く住めば住むほど負担になってくると聞いていたので、これはラッキー。

ただ、築年数とマンションの規模からして、ちょっと安すぎるのでは?と感じたので、内見の際、説明してくれた不動産業者の担当者に確認したところ、「この物件は管理費と修繕費が安いのが魅力なんですよ」と、はっきり説明してくれたので、そこも物件決定の大きな理由の一つとなったのです。

「で、いくらだったんです?」と聞きますと、修繕積立金の万の位がまるっきり抜けていましたと。😳え、ええ〜

両方併せて割安だと思っていたものが、むしろ他よりも割高になると分かりまして「ぬあにぃ〜、この物件は管理費などの諸経費が安いのが魅力ですって言ってただろ〜。」と激おこプンプン状態。😡

しかも、その金額に誤りがあると分かったのは3日前だと聞き、その間何度か準備する書類のことなどで電話連絡していたのですが、そんなこともまったく触れずにスルー。

重要な点で誤りがあれば、分かった段階で連絡して契約の話しをこのまま進めてもいいかどうか確認すべきでしょうと頭に血が昇ってしまいましたョ。

契約当日、契約場所で、もう契約せざるを得ないような状態で言えば、ごまかせると思ったのではないかと感じて、更にヒートアップ!😡😡

単発の支払い額が増えるようなものでなく、マンションを保有する間、ずっと発生し続ける管理費・修繕費が万単位で間違っていましたなど、不動産のプロとしてどの口が言ってるんだと…。😠

初めは何とかとりなせば契約するだろうと思っていた不動産業者でしたが、私が予想以上に怒っていると感じたようで、ひたすら平身低頭で謝ってはいましたが、それでも契約書類を出そうとしてきたので「今日はこれで帰ります。一旦頭を冷やします。」と言って席を立つことに。

その後、電話で「仲介手数料から5万円引きしますが、これでいかがでしょうか。」と言ってきましたが、仲介手数料は売り主・買い主双方からとるということは知っていたので、その姑息さに完全に信頼度0%となり、お話そのものをお断りすることにしました。

買い主側の仲介手数料を0にしますので何とか…とでも言ってくれば、考え直したかもしれませんが、そもそも正規の管理費・修繕費になると、いずれパンクしてしまう可能性もあるので…見切りをつけました。


ということで衝撃の出来事から、また物件探しを再開しておりまして、ボランティアには行けずとなりました。


はぁ〜疲れる…。😓


ーーーーーーーーーーーーーーー


今のタウンハウスが3月で契約満了なので、それまでにできれば転居したいので、しばらくの間、この案件に集中するかもしれません。


ということで、動きがありましたらまた報告します。


それではまた。(⌒▽⌒)ノ

関連記事

theme : 今日の出来事
genre : 日記

comment

Secret

No title

2017.01.21.22:58

まあ、ひどい話ですね。。

それでも契約書類を出そうとしてきたので・・・
契約という成績が関係あるのかもしれませんが、いただけません。
というか、誠意を感じません。

macpapaさんにとって、終の棲家になるんですよね。
気持ち良い契約が、ゆくゆく、ここでよかった~♡
ということになるのではないでしょうか?

転勤族の時にいつも、私が探していたのですが、不動産屋さんによって ん??というところもあり、でも、縁を感じたところは住みやすかったです。

よい物件が見つかりますように!

えりままさんへ

2017.01.23.19:19

安い中古マンションとはいえ、大きな買い物なので、信頼できる業者からでないと契約する気になりませんでした。

終の棲家になる予定だったのですが、急きょ、次男坊と同居する話が持ち上がりまして、現在、賃貸も含めて方向転換中…なのです。

頑張ります!😊

それはよかったですね。

2017.01.24.17:39

ご次男さんと同居さるとのこと。
それはよかったですね。

老後は心細いものです。
(笑)

今働いているところでも、ご老人が80代でも運転されてて
車がないと不便と。。(事故は多いですが)

いつも、”お帰りは気を付けてください”
と一声かけています。
同居だと、体が動かなくなる不安も、少しは和らぐと思います。
本当に、よかったです。

私も、今の家の横(庭・・田舎なので広いんです。)に、結婚して娘が家を建ててくれないかと
秘かに思ってます。まあ、難しいとは思いますが。。

えりままさんへ

2017.01.24.21:36

まあ、一緒に住めば色々と出てくるとは思いますが、とりあえずは人と話す機会は増えるかと…。😅

ただ、いつまで一緒にいれるのか、突然結婚するから…などとなったら、また引越しも考えないといけなくなるので、考えものなのですがね。

一戸建てで犬を飼うという夢は遠くになりけり…といった感じです。v-389
プロフィール

旅人macpapa

Author:旅人macpapa
50歳を機にアーリーリタイヤしました。
亡き妻との約束を果たすため「日本の自然と温泉を巡る旅」とボランティア旅に出ています。
以前のブログ「macpapaの日々是感謝
妻が書いていたブログ「ありがとう

主に一人旅人からの目線、感じたことを書いています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
旅人カウンター
旅人オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク