南相馬ボランティア46回目 外向きの仕事をしたーい

2016.12.19.19:11



2016/12/18
自家用車利用

南相馬ボランティア46回目を終えましたので、その記録です。

ーーーーーーーーーーーーーー

46回目のボランティアは、土曜日に所用ができたことで参加できるのは日曜日のみ…。所用を済ませてから、前日の12/17お昼過ぎにしゅっぱーつ。

福島まで行く手間と時間を考えれば、本当は土日と連続参加したいところでしたが、致し方なし…。

何時に着いても構わないので、ゆったりとした気持ちでハンドルを握りましたョ。


南相馬には午後8時前にとーちゃーく。道の駅のお気に入りの場所に駐車場所を確保し、車中泊モードに切り替えてまったりターイム…。

ゲオで借りたDVDを見ながら時間をつぶしまして、午後11時には、寝袋にもぐりこんでスリーピングターイム😪zzz…


ーーーーーーーーーーーーーーー


寝る時点ではそうでもなかったのですが、朝アラームで目が覚めますと、車体が霜に覆われ、外気温は氷点下1℃…。

隣の車などをみますと、蓑虫のように着込んで仮眠をとっているようでしたが、私が今シーズンから使っている寝袋は全く寒さを感じることなく、問題ナッシング…。

さすが冬山完全対応のジャパンクオリティ。念のためと車に積んでいる毛布も、次回からは下ろして荷物を減らそうと思っています。😊いい買い物でした

洗面をすませ、ボランティアの正装「ツナギ」に着替えてボラセンにGo!


ーーーーーーーーーーーーーーー


朝礼後に受けたマッチングは、室内からの廃家財の搬出・庭の雑木伐採という内容で男性5人のグループ分け。

場所も近場で、あっという間に廃家財の搬出完了。雑木も手ノコで切れる細さのもの1本のみで、30分もかからず全ての任務完了…。


次はどこの現場かな〜とセンターに戻り、センター長から言われた後段任務は、まさかの仮設のボラセン整備作業…。聞いた瞬間に思わずがっくり…。😓マイッタね

少しでも被災された方の役に立ちたいと、7時間も8時間もかけて福島県まで出向いているのに、内向きの仕事をやるとなると、正直なところがっかり感に苛まれます…。😔

草むしりでも瓦礫拾いでも何でもいいですけど、外向きの仕事がしたいぞ…。


ーーーーーーーーーーーーーーー


やった作業は、鉄管と透明な波板に覆われた壁にドアを取り付けるという内容でして、ドアから何から全部自分たちで作れとの無茶っぷり…。

人が通れるサイズに壁を切断し、その切断したものを扉にして蝶番で固定するという、まったくの未経験の作業内容で、あーでもない・こーでもないと試行錯誤の末に不格好ながら、何とか扉らしきものを取り付けて任務完了に。

一応柱に固定できましたが、素人作業なので、いつ壊れるかハラハラしてます。😰


センター長いわく、こういう知識も持っておかないと、震災が起こった時に仮設のボラセンなどを立ち上げる時に困るんだとのこと…。

なるほどとは思いましたが、やっぱり不完全燃焼の思いは拭いきれませんでしたな。



活動報告をし、センター長にマッサージを施して46回目の南相馬ボランティア活動を終了、帰宅の途につきました。


時折りラジオから流れてくる、レアル・マドリードと鹿島アントラーズの途中経過に一喜一憂しながらハンドルを握りまして、日が変わる直前に無事自宅到着。


ーーーーーーーーーーーーーーー


今週末は世間ではクリスマスウィーク…。テレビなどは、クリスマス特番やクリスマスソングなどが頻繁に聞こえてくる時期になりました。

家族全員で過ごしていた頃は、次男坊のクリスマスケーキ落下事件などが思い出されますが、今年は福島で過ごすクリスマス…になりそうです。


皆さまにとって、よいクリスマスになりますように…。



それではまた。(⌒▽⌒)ノ



関連記事

theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

comment

Secret

プロフィール

旅人macpapa

Author:旅人macpapa
50歳を機にアーリーリタイヤしました。
亡き妻との約束を果たすため「日本の自然と温泉を巡る旅」とボランティア旅に出ています。
以前のブログ「macpapaの日々是感謝
妻が書いていたブログ「ありがとう

主に一人旅人からの目線、感じたことを書いています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
旅人カウンター
旅人オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク