南相馬ボランティア45回目と亡妻命日

2016.12.11.22:20



2016/12/10
自家用車利用

南相馬ボランティア45回目の記録と、亡妻の命日に関する記録です。

ーーーーーーーーーーーーーー

今週のボランティアは日曜日(11日)が亡妻の命日で墓参りを計画していたので、参加できるのは土曜日のみ…。

天気を調べますと冷え込む予想ながら雨の心配はなさそうと、土曜日一日参加で申込みをすませ、12/9午後7時過ぎにしゅっぱーつ。

久しぶりの金曜日の夜出発、土曜日深夜帰宅の弾丸ボランティアツアーで、厳しい日程かもと思いつつハンドルを握りましたョ。

日が落ちてヘッドライト頼りの運転でしたが、車の流れ自体はスムーズで、6時間かからず午前1時前には南相馬にとーちゃーく。

受付時間まで寝袋にくるまってお休みなさい。😪zzz…


ーーーーーーーーーーーーーーー

予報より冷え込みもなく、快適な睡眠ターイム。携帯のアラームで起床し、洗面・朝食をすませてボラセンにGo!

朝礼後に受けたマッチングは先週の43回目ボラで派遣された同一現場でして、残った雑木、竹などを伐採し仕上げをせよとの内容。

先週苦労した崖地の立木伐採はなく、敷地周囲の雑木や竹の伐採、片付けで、作業内容自体は楽といえば楽なのですが、2本ほど伐採した立木が難敵だったのです。

最初の伐採木が10mもない高さの樹木で、半分腐っているのか?という表面だったので、このくらいならすぐに切れそうと安易に手を出したところ、後で分かったのですがこれが樫の木と判明…。

今までは杉や松などで比較的楽に切れたのですが、樫の木は木刀などにも使われるなど、木質の堅さ・密度が半端ない…。

ヘタにチェーンソーを入れてもなかなか刃が入っていかず、アクセルを全開にしても刃が噛み込んでストップしたり、玉切りの際に刃がはじかれることも…。

切り倒しまでは何とか上手くいったのですが、玉切りが強敵で、力を込めて切っていたところ、勢い余って地面までこすってしまいあっという間にソーチェーンが切れなくなってしまいました。


ーーーーーーーーーーーーーーー


予備のソーチェーンに交換し1時間ほどかけて何とか玉切り搬送を終えますと、依頼者さんが「この木蓮も切ってほしいのですが…」との新たな依頼が…。

依頼者さんが指差す方向を見ますと、高さ15mくらいの立派な木蓮がそびえ立っていまして、蕾もたくさんつき花が咲けば見事ではという状態でしたが、駐車場にする場所なので伐採してほしいと…。

周りを確認しても倒木で被害がでるようなものは無かったので、では切りましょうと切り始めたのですが、これがまた樫の木ほどではなかったものの、密度がみっちりしていてかったーい木質だと判明…。

白っぽい木の色で、見た目からは柔らかそうだなと思いましたが、切ってみないと分からないものですな。😅勉強になります

残りの時間は、竹の伐採、搬送、片付けなどを行って活動を終了。任務完了案件として報告することができました。

PC100643.jpg

PC100645.jpg

PC100642.jpg


センターに戻り、センター長ともうお一人にマッサージを施して45回目の南相馬ボランティア活動を終了、帰宅の途に。


帰りの道中は、渋滞もなくスムーズだったのですが、やはりハードスケジュールだったのか、猛烈な眠気に襲われまして、途中、2時間ほどシートで仮眠をとりながら、午前2時過ぎに自宅到着となりました。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


翌12/11は、亡妻の命日。亡くなってから丸9年が経過、10回忌を迎えました。

生前、好きだったビールと好きな花を供えてお墓参りに…。

子供たちは仕事などで都合がつかず、私一人でのお墓参り…。その分、時間をかけてこの1年間の子供たちの近況などをじっくりと話してきましたョ。


せめて子供たちが成人するまでは自分の目で見守りたいと、辛い治療にも耐えていましたが、まだ手のかかる年ごろの子供3人を残して、一人旅立つ妻の気持ち、無念さはいかばかりだったかと…。

今際の際に「子供たちのことを頼みます」と振り絞るようにして、私に託して旅立っていきましたが、その思いに応えられたのかどうか、日々反省してます…。

あの世というものがあるならば、また逢いたいと今でも思っているのですが、その時に笑顔で迎えてくれるのか、悲しい顔をされるのか、あるいは呆れて会いにも来てもくれないかもなと思ってしまうことも…。

来年の命日には、もっと胸を張っていい報告ができますよう頑張ります。



それではまた。(⌒▽⌒)ノ


関連記事

theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

comment

Secret

No title

2016.12.12.14:21

旅人macpapaさんは大変立派な方です。
毎週ボランティアお疲れ様です。
奥様は改めて惚れ直していると思いますよ。
きっといつの日か天国で笑顔で再開できると思います。
これからもお身体に気を付けて頑張ってください。

No title

2016.12.12.18:01

会いに来てくれないなんて、そんなことありませんよ~v-290
しっかり生きてるじゃないですか…。
ママさんは、本当にパパさんのことが好きで好きで、
いつも、のろけてましたよ。羨ましかったです。
ママさんは、たぶん体のことを気にされてると思います。
ダブルセブンさんもおっしゃってますが、お体には気を付けてくださいね。

えりままさんへ

2016.12.12.18:39

ありがとうございます。

どうも一人でいる時間が長くなると、弱気の虫が顔をだしてしまいます…。v-292

そうですよね…身体のことは心配しているかもしれません。気をつけます。

いつもありがとうございます。😊

ダブルセブンさんへ

2016.12.12.21:45

お久しぶりです。
立派だなんて…お恥ずかしいデス。

子供たちは何とか社会に送り出せましたが、もっと色々とやれることがあったのではないか、これが妻が望んでいたことだろうかと…毎日反省ばかりなのです。

お空の上から全てを見られているかと思うと…赤面ものなのデス。😓

できることを一つ一つやっていきたいと思っています。

いつもありがとうございます。😊
プロフィール

旅人macpapa

Author:旅人macpapa
50歳を機にアーリーリタイヤしました。
亡き妻との約束を果たすため「日本の自然と温泉を巡る旅」とボランティア旅に出ています。
以前のブログ「macpapaの日々是感謝
妻が書いていたブログ「ありがとう

主に一人旅人からの目線、感じたことを書いています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
旅人カウンター
旅人オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク