南相馬ボランティア43回目44回目 サスケ会場…?

2016.12.05.19:42



2016/12/3-12/4
自家用車利用

南相馬ボランティア43回目44回目を終えましたので、その記録です。

ーーーーーーーーーーーーーー

11/22に発生した福島県沖地震の影響を考えて、先週はボランティア参加を自重。

毎週末恒例となっている福島県行きを取りやめますと、どうにも週末のリズムが狂ってしまい、落ち着かない週末を過ごすことに。

それにボランティアにでも行かないと、誰とも会話せず独り言をブツブツ言いそうになるので、12月第1週は絶対に行くぞ行くぞと決めていたのです。

気になるお天気を調べますと、土日とも問題なさそうなので土曜日半日+日曜日一日参加で申込みをすませ、12/3午前6時半にしゅっぱーつ。

ーーーーーーーーーーーーーー

午前6時前に出発できれば楽なところだったのですが…チト失敗。😥

途中、コンビニおにぎりをかじりながら南相馬に向けてひたすら走りますと、1時間遅れの午後1時過ぎに南相馬へとーちゃーく。

急いでボラセンに飛び込みますと、現場調査に出る直前のセンター長に会うことができまして、立木伐採現場に応援に入るよう指示を受けてすぐに現場にてんしーん。

ーーーーーーーーーーーーーーー

現場に到着後、すでに午前中から作業に当たっている方たちに挨拶し、作業内容を聞きますと、伐採した立木の玉切りや枝切りだとのこと。

すでに数本の木が倒されていたので、チェーンソーを使って玉切り枝切りに汗を流しましたョ。

最近ではチェーンソーの使い方にも慣れてきまして、目立ても(一応)できるようになり、諸先輩方からも「良く切れるチェーンソーだね。目立てが上手いんだね。」とお褒めの言葉をいただけるようになったのですヨン。😊

3時間ほど現場で汗を流しまして、30m級の杉の木2本分を玉切りして枝を集めて活動終了。継続案件となりました。

センターに戻って、センター長にマッサージを施して初日の活動を終了。

今夜の宿泊先の道の駅に戻りながら、日帰り入浴、洗濯、夕食を済ませてシートを車中泊モードにチェ~ンジ。

新しく購入した羽毛の寝袋にくるまってお休みた〜いむ😪zzz…


ーーーーーーーーーーーーーーー


寝る前の気温は10℃。このくらいの気温の車中泊ですと、購入した羽毛シュラフはオーバースペック。
ジッパー全閉ですと、あっつい~とチャックを半開にして寝ていましたが、朝方の冷え込み時(3℃〜4℃くらい)には、チャックを全閉で快適…という感じでした。一応毛布も積んでいったのですが、全く必要はなかったですな。


道の駅の利用者も少なく静かな夜で、翌朝はセットしたアラームで起床。洗面、朝食を済ませてボラセンにGo!


ーーーーーーーーーーーーーーー


朝礼時に受けたマッチング内容は、私有地内の竹の伐採と枝葉のチッパーがけという内容。

現場に行きますと、以前、草刈りで来たことのあるところで、今回は敷地境の竹の伐採…。震災復興というより、単なる便利屋のような依頼内容になっているのでは?と感じがありましたな。😒

以前の活動写真(2016/8/29)
P8280495.jpg

それにしてもひっろーい敷地でして、伐採場所に行くのにもロープを伝って崖地を降りていくような場所も…。こりゃ大変だ😨

見渡す限りすべて作業エリア↓
IMG_0301 (1)

この枝をチッパー掛けせよとのこと↓
IMG_0298 (1)

しかも、伐採した竹は、高台の母屋横まで20m以上引き上げるという、東北版サスケ会場ですかといった雰囲気でしたョ。

午前午後と伐採・引上げ・チッパーがけ・清掃と汗を流しまして、最後はツナギや帽子のツバから汗が滴り落ちるほどの運動量となりまして、ヘロヘロになって作業終了。

作業エリアが広すぎ、継続案件となりましたが、ここを終わらせるのは相当な人数と期間が必要となりそうですな。


ボラセンに帰り、終礼をして43回目44回目のボランティア活動を終了、帰宅の途に。


帰りの道中は、渋滞もなくスムーズに帰り着きまして、日が変わる前の自宅到着となりました。


来週は、日曜日が亡妻の命日なので、ボランティアに行くとすれば土曜日のみになりそうです。


ーーーーーーーーーーーーーーー


横浜と新潟で、福島から避難し、転校していた児童が「放射能」「原発がクラスに来た」「菌が感染る」「保証金をもらっているだろう」などといって、クラスでいじめられていたとのニュースがあり、本当にひどいことが起こっているんだなと…。

まあ、私自身の小学生時代のことを思い出しても、いじめが無かったとは言いませんし、下手にとめれば自分がいじめられる対象になるかも…という気持ちになるのも分かります。分かりますが、福島の現実を見れば、なんてひどいことをするんだと…暗澹たる気持ちになります。

一度でも福島でボランティアに参加すれば、自宅が無事でも避難生活を送らざるをえなかった悲劇や、避難先住宅の狭さ、過酷さを感じることができたでしょうし、その福島から避難してきたと分かれば、優しくしかできないと思うんですけどね…。


相手の気持ちを思いやれる優しい社会になりますように…。😌


それではまた。(⌒▽⌒)ノ
関連記事

theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

comment

Secret

プロフィール

旅人macpapa

Author:旅人macpapa
50歳を機にアーリーリタイヤしました。
亡き妻との約束を果たすため「日本の自然と温泉を巡る旅」とボランティア旅に出ています。
以前のブログ「macpapaの日々是感謝
妻が書いていたブログ「ありがとう

主に一人旅人からの目線、感じたことを書いています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
旅人カウンター
旅人オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク