FC2ブログ

南相馬ボランティア21回目 危機一髪!

2016.08.14.15:50



2016/8/13
自家用車利用

南相馬ボランティア21回目を終えましたので、その記録です。

ーーーーーーーーーーーーーーー

世間はお盆休みシーズンに突入…。海外旅行や帰省などで民族大移動中ですが、私めは妻と両親のお墓参りを早々に済ませまして、21回目の南相馬へGo!することに。


8/15には、義父の墓参りが決まっていたのでボランティアに参加できる日程は8/13のみ。

出発準備を済ませて、前日8/12午後6時にしゅっぱーつ。

お盆休みに入っていますが、一応平日の金曜ということで車の通行量も多く、走りづらい…。

所々で高速を使いつつ、南相馬に到着した時間は日が変わった午前1時前。

先週は26~27℃で寝苦しい気温でしたが、当日の気温は20℃。

山越え時は18℃くらいまで下がりまして、肌寒いくらい。

仮眠時には換気のためにちょっと窓を開けて寝るのですが、寒くて途中で窓を閉めましたョ。😣…

5時間ほどの仮眠をとり、ボラセンにGo!

ーーーーーーーーーーーーーーー

センター長に挨拶し、以前、重症な肩コリ症の方に使ってもらったところ、劇的に効果があった「ピップ・マグネループ」という磁気ネックレスを贈呈してマッチング待機。

磁気ネックレス

単なる気休めかとお思いでしょうが、前に鉄板が入っているようにガッチガチだった肩コリ症の方が相当解消されたのを確認しているので、肩コリでお困りの方にはおすすめです。(ドラッグストアで2,000円前後)


朝礼後に受けたマッチングは、木の伐採作業で男性5名というグループ分け。

待望の木の伐採作業だったのですが、後ほど九死に一生を得るヤバイ事態に遭遇することになるのですが、それは後ほど…。


現場に行きますと、狭い敷地ながら杉の木が密生している現場でして、伐採の印が付けられた杉の木は20〜30本ほど。

P8130463.jpg

P8130462.jpg

伐採した木は玉切りと枝払いして、後ほど所有者が薪にするとのことで敷地境に山積みするという内容。

切り倒しは簡単ですが、全部枝払いして玉切り処理となると、かなりの重労働になりそうな予感が…。

いい天気でしたが気温は27℃くらいでしたので、みなでチェーンソー片手に作業開始。

伐採作業はベテランにお任せして、私めは切り倒された樹木の枝切り・玉切りに専従することに。

狭い敷地だったので切り倒した木が重なって足場が悪く、不安定な状態で作業をせざるを得なかったのですが、片手で枝切りをしていた際にチェーンソーが弾かれて(キックバック)、その際に回転するチェーンソーが左手人差し指付近にパシッと…。

アッと思った時には手袋が裂けていまして、人差し指から鮮血が…。😖

P8140474.jpg

P8140475.jpg

ヤバイっと思いまして手袋を外しますと、皮膚はえぐられて血は出ていますが骨にまでは達しておらず、人差し指の動きも問題なさそう。

とりあえず現場から離れて血を洗い流すと、長さは1センチくらい、深さは1〜2ミリ程度の切創かなという感じでして、ただ、チェーンソーの刃の形からか、2列にギザギザの傷が残っている…という感じでした。

当たる角度や強さがちょっとでも違っていたら、恐らく人差し指が吹き飛んでいたのではないかと思われまして、軽傷で済んだのはホントに奇跡…というか、又してもが助けてくれたんだなと…。

持っていた血止めと化膿止めの薬が効きまして、絆創膏を貼って新しい皮手袋に交換して作業を続けることができましたが…油断は大敵だなと大反省デス。😓


ーーーーーーーーーーーーーーー


作業中に現場付近を何度も見に来る初老の男性がおられまして、最初、依頼者さんなのかと思い声をかけますと「違います、近所の者です。」との返事が。

もしかしたら、伐採した木が倒れてこないか心配して見に来ているのかな?と思いつつ作業を続けていたところ、休憩中に声をかけられまして「どちらから(ボランティアに)来られたのですか?」と。

私が「埼玉から来たんですよ。」と答えますと「そんなに遠くからですか。近所の方で埼玉で避難生活していた方がいましたけど、遠いですよね。」としみじみ…。

「(震災から)何年も経ったというのに、わしらのことを忘れんでくれて(ボランティアに来てくださる方には)本当にありがたいと思ってるんです。」と頭を下げながら言ってくださって…かえってこちらが恐縮してしまいました。

福島でのボランティアは、依頼者さんが避難生活をしていて活動現場には居ないことも多く、ボランティアと依頼者さんが直接顔を合わせずに活動が終わってしまうこともしばしば…。

任務完了となっても依頼者さん自体が居ないため、これが依頼者さんが考えていた100%の結果になっているんだろうか、お礼の言葉などもかけられることなく、正直なところ被災者の方にはどう思われているのだろうと考えていた時期もあったので、びっくりしてしまいました。

その後の休憩時間には、自分で育てたというトマトを差し入れしてくださって「今年作ったもんだから、放射能は大丈夫だと思うけど、気にならなかったら食べて下さい。」と。

もちろん、ありがたく頂戴しまして添えられていた塩をかけてガブリ!汗だくで塩分を欲していたので、とても嬉しい差し入れでしたョ。😊


ーーーーーーーーーーーーーー


午前・午後と伐採・玉切り・片付けに精を出しましたが、4本ほど伐採木を残して継続案件に。

P8130470.jpg

P8130467.jpg

センターに戻って活動報告の終礼をして解散後、センター長と数人の方にマッサージを施して南相馬を後にして、21回目の南相馬ボランティア終了となりました。


無事これ名馬ではありませんが、これからも息の長いボランティア人生を送るために、事故の無いように気をつけねばと肝に銘じたボランティア活動となりました。


それではまた。(⌒▽⌒)ノ

関連記事

theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

comment

Secret

プロフィール

旅人macpapa

Author:旅人macpapa
50歳を機にアーリーリタイヤしました。
亡き妻との約束を果たすため「日本の自然と温泉を巡る旅」とボランティア旅に出ています。
以前のブログ「macpapaの日々是感謝
妻が書いていたブログ「ありがとう

主に一人旅人からの目線、感じたことを書いています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
旅人カウンター
旅人オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク