南相馬ボランティア14回目

2016.06.27.15:07



2016/6/26
自家用車利用

南相馬ボランティア14回目を終えましたので、その記録です。

ーーーーーーーーーーーーーーー

またまた「来週も待ってるよ~」との甘い言葉に誘われまして、3週連続で南相馬にGo!することに。

今度こそはと、いまだ本番で使用したことがないマイ・チェーンソーもオイル満タン、燃料は…危ないので携行缶に入れて車に積み込んで、午後5時にしゅっぱーつ。

途中休憩をはさみつつ、南相馬には日付が変わった午前0時過ぎにとーちゃーく。

受付時間まで、道の駅で後部座席をフルフラット状態にしてsleepingタイム。

朝方の冷え込みで目が覚めましたが、持ってきて良かった寝袋君をかぶって起床時間まで😪zzz…

起床後、後部座席を仮眠モードから乗車モードに切り替えてボラセンにGo!

到着後、センター長に挨拶し、あの~今日はどこの現場に行きそうですか?と訊ねますと「うん、今日も慣れてるところで引っ越し案件を頼む!」と言われまして、ちょっとテンションダウーン↘。😓最近はすっかり引越し屋さんだね

ーーーーーーーーーーーーーーー

朝礼後正式に受けたマッチング案件は、やはり仮設住宅から避難前の住宅への引っ越し作業というもので、派遣人員は男性5名というグループ分け。

アパート2階から荷物を運び出して一戸建て住宅に運び入れるという内容で、以前行った5階からの運び出しというハードなものではなさそうなのでホッと一息…。

現場に到着すると、一般のアパートを仮設住宅として運用されていたお部屋のようでして、お年を召した女性がひとりで暮らされているお宅でした。

高齢で一人では階段を昇るにも不自由だったんじゃないかというほどの、膝腰が悪そうなおばあちゃんで、周りにも知り合いがいなかっただろうし、しかもひとり暮らしで5年もと思いますと…どれほどの苦労があったのだろうと思わずにはいられませんでした。😢

室内は、ひとりから二人暮らし用の1Kサイズのお部屋で、荷物自体は少なく、運び出し自体はちゃっちゃと進みまして手際よく軽トラに積載、トラック結びもすでにお茶の子さいさいで転居先にGo!

転居先に着きますと、市街地の大きな一戸建てでして、この大きなお宅から1K住まいされていたのだと思いますと、ストレスも相当なものだったんじゃないかと改めて感じましたョ。😔

荷物の運び入れと冷蔵庫の入れ替えなど、今後の生活に不便にならないよう室内のレイアウト変更などを行いまして、お昼前にはすべての作業を終了し、おばあちゃんのお見送りを受けて現場を後に。


ーーーーーーーーーーーーーーー


センターに戻り、昼食休憩後に受けた後段任務は、被災住宅からの家財の運び出し、廃棄のための分別・トン袋入れという任務。

うーん、最近こればっかりだなと思いつつ、8人グループで活動現場に向かったのですが、この現場が少々残念な思いをすることに。😓

現場に着きますと、郊外のひろーい敷地の農家かな?というお宅だったのですが、家人なのか3人の高齢な男性が待っていまして「あ〜ごくろうさん。車は中に入れないで道路に止めて。」と、いきなりの先制パーンチ。

こんなに広い敷地なのに、いきなり車を入れるなとは…なんだか感じ悪いぞ。😒

皆で挨拶を済ませて活動内容を確認しますと、家を耐震工事するので室内の物を全て処分したいとのことでした。

見る限り緊急性は全くなく、単にお金を節約するためにボランティアを要請したのかなという印象。

作業を開始しますと、3人の男性は私達の活動が見える場所でお茶を飲みながらずっとおしゃべりと現場監督のような物言いが続きまして、廃棄物の分別をしているときにゴミが風に飛ばされたりしますと「おら、ゴミ飛んだど。」などと大声で言うなど、まるでボランティアは自由に使える持ち駒だ的な感情がアリアリと。

それに、どう見てもこれは避難生活とは関係ないでしょうという、何十年も前からごっちゃになっている物置内の整理もしてくれと言われまして「いやーこの際だからいらんもん全部処分しちゃおうと思ってよ〜。助かるな〜。」などと軽口を言われる始末で、久しぶりに心がザワつく残念なボランティア活動になりました。

まあ、ボランティアはさせていただくという気持ちでするのが大原則なので、努めて感情を押し殺して作業に当たったのですが、やはりこちらも人間でして、どうにもなにかにつけてボランティアなんだから働くのは当たり前、使わなきゃ損…という感情が感じられると、活動内容以上にがっかり感に苛まれます。😓

作業内容自体は、いつもの内容なので午後の3時間ほどで終了。

最後、作業完了確認をしてもらった際に、室内の拭き掃除はしてくれないのかとの申し出があったそうですが、センターに帰る時間になっていたこともあり、もし必要なら再度センターに申し込んでくださいとリーダーが説明して活動終了。



センターにもどり、センター長に活動報告&終礼をして、14回めの南相馬ボランティアを終えました。

残念ながら、またもや出番がなかったマイ・チェーンソー…次こそ次こそで、そろそろもったいないお化けが出てきそうなのですが…早く使わせてくれーい。😤ガルル…


来週は、先日産まれた2人目の孫の顔を見に、長男坊のところに行く予定です。


それではまた。(⌒▽⌒)ノ


関連記事

theme : 災害ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

comment

Secret

プロフィール

旅人macpapa

Author:旅人macpapa
50歳を機にアーリーリタイヤしました。
亡き妻との約束を果たすため「日本の自然と温泉を巡る旅」とボランティア旅に出ています。
以前のブログ「macpapaの日々是感謝
妻が書いていたブログ「ありがとう

主に一人旅人からの目線、感じたことを書いています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
旅人カウンター
旅人オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク