FC2ブログ

2020福島ボラ10回目~11回目を終了②

2020.06.30.19:41



【6/28編】


早い時間にチェックインしたため、ベッドにゴロゴロしていたところ、いつの間にか眠りの世界に…。

目覚めもばっちりで、無料でついていた朝食もいただき、集合場所にGoしましたョ。


この日の集合場所は、浪江町立野地区。

同じ地区には、以前何度か活動に入っていて、その繋がりから依頼が来たのかなと思いましたョ。


ナビに導かれて集合場所の住所に到着すると、以前に活動した場所の並びのお宅でした。

すでに建物は解体され、砕石が敷かれていましたが、建物があった周りの庭木類が残されている状態でした。

いつも思うんですけど、建物は公費で解体してくれますが、庭木類はやりませんという進め方はどうなのかなと…。

伐採はボランティアでできても、切った枝葉や幹類の処理は所有者の負担になってしまうので、どうせなら建物を解体した時に一緒に処理してあげればいいのにと思うんですけどね。


活動前に集合しますと、依頼者さんが来られていて活動前に挨拶があったのですが、なんでもこの浪江を終の棲家としようと家を建てて移り住み、その6年後に震災と原発事故で避難となり、今回解体して更地にすることになってしまったのだそう。

新築で6年しか住めず、解体せざるを得なくなったとは…かける言葉がありませんでしたよ。😔


すでに別の場所で生活していて、戻ってくる予定はないとのことで、庭木の全伐採をお願いしたいとのことでした。

なんの力にもなれませんが、せめて庭をきれいにしましょうと声を掛け合い、活動開始。


今回は、依頼者さんが産廃業者に事前に依頼してくれていて、庭に移動用のパレットが運び込まれていたため、切ったものはフレコンバック入れをする手間はなく、サクサク進むことができたのですが、ただ、天気が朝から雨模様…。

天気予報は昼過ぎにはやむとのことで、帰り道は良さそうでしたが、ボラ活動中は厳しい闘いになりそう…。

私めは草刈班として草刈り、その後は伐採後のパレットまでの搬送に従事。

お昼休みをはさみ、そろそろ終わりがみえてきたころ雨がやみまして、もう少し早くやんでくれたらなーと思いつつ、最後の仕上げと清掃して活動終了へ。


活動前とは見違えるように綺麗な状態に仕上げまして完パケ状態にすることができました。


そうボラ活動報告2020/6/28


今日も参加していたなすびさんがいい仕事をしてくれましたな。


終礼後解散し、一路帰宅の途に。


14時前に浪江をあとにできたので、21時前には自宅に帰り着きまして、2020福島ボラ10回目~11回目(本年累計21回目〜22回目)を無事終了しました。


次週は7月の予定が決まり次第参加希望を出したいと思っています。


それではまた。



theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

2020福島ボラ10回目~11回目を終了①

2020.06.29.14:56



2020/6/27~6/28


2020福島ボラ10回目~11回目を終了しましたので、その記録です。


ーーーーーーーーーーーーーーー


6月第4週は先週に引き続き、福島のホームチームのボランティア活動に参加。

事前の連絡メールでは土曜が大熊町、翌日曜は浪江町での活動予定とのことでした。


27日午前2時に福島に向けしゅっぱーつ。

梅雨時期で車中泊は厳しいかもと、今回も宿泊先を事前に確保しておきましたョ。


先週よりも若干通行量が多くなったか?という印象を持ちましたな。


途中で朝食を取りつつ、午前8時ころに集合場所のJR大野駅にとーちゃーく。

大野駅は3月に常磐線が開通した際に、駅前の一部エリアのみが通行可能となりましたが、まだまだ復興は道半ば…という雰囲気です。


集合時間までは時間があるので、コーヒーを淹れつつまったり…。


参加メンバーが揃ったところで、乗り合いでスクリーニング場に転進。

立ち入り制限区域への立ち入り手続きと線量計を借り、立ち入り制限区域にIN。


ーーーーーーーーーーーーーーー


【6/27編】


この日の活動場所は、以前活動したことがあるお宅の直近でしたが、前に活動したお宅は雑草だらけで再びジャングル一歩手前…という雰囲気になっていましたな。



この日もタレントの”なすびさん”が参加されてまして、福島県出身とはいえホントに頭が下がる思いです。

なすびさんとは、以前から複数回一緒にボランティア活動にあたっていますが、タレントのボランティア活動と言うと、なにか不祥事を起こした贖罪活動のようなイメージをもっていましたが、なすびさんは一切の手抜きなしで、むしろ百戦錬磨のボランティアメンバーも敵わないような動きをする方で、ホントにすごい方だなと思っています。

暑い中で、みな自己責任でマスクを外して活動しているなか、きっちりマスクをして活動していて、これは見習わなければと私めもマスクをしてみましたが、まぁ〜10分ともたずに息が上がってギブアップ…。😰

普段から山登りなどで鍛えているからかもしれませんが、掛け値無しで常人離れした体力の持ち主だと思います。


ーーーーーーーーーーーーーー


活動内容は、ジャングル化した庭の樹木や雑草の全撤去。


帰還困難区域の解除も当分ないだろうとことで、帰還は諦めていらっしゃるのかもしれませんな。

草刈機で雑草を除去し、チェーンソー部隊が庭木の伐採をし、切った物はフレコンバックへ入れるの繰り返し。

このフレコン詰めに手間がかかるので、なかなか作業効率が上がらず、しかも気温が高いため、熱中症一歩手前になるメンバーがチラホラ…。

私めは、以前熱中症にかかり痛い目に遭った経験から、熱中症予防のアメを常に大量に準備しているので、休憩時間に皆に配ってしのぎましたョ。


午前、午後と活動しまして、午後3時前に活動終了。伐採などは完了しましたが、持ってきたフレコンバックが足らなくなり、残念ながら継続案件となってしまいました。

そうボラ活動報告2020/6/27


スクリーニング場に戻って線量計のチェックと、靴底や車両のタイヤの線量をチェックしてもらっていたところ…メンバー一人の靴裏を計測していた検査員が慌てるような素振りが…。

複数の検査員が放射線計測器の値を見て「高いよね、これ。」と…。

今まで一度も検査で引っかかったことはなかったのですが、どうやら家周りの雨樋下付近で草刈りをしていたようで、異常値がでたのではと。

それでも、直ちに危険なレベル…というものではなく、水で洗い流せば大丈夫でしょうという程度でしたが、やはり原発に近い大熊町は危険と隣り合わせということなのでしょう。


スクリーニング検査を終え、朝の集合場所に戻り解散へ。

チェックインまでの時間があったので、先に入浴とコインランドリーで洗濯を済ませて、夕飯をとってからホテルにIN。


明日に備えて早々に就寝。


6/28編に続きます→


theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

2020福島ボラ8回目~9回目を終了②

2020.06.24.22:21



【6/21編】


梅雨時期なので、雨天の車中泊はきつそうと宿をとりましたが、クタクタに疲れていたため早々に眠りについてしまい、寝覚めはばっちり。

しっかり朝食もとって、集合場所にGoしましたョ。


この日の集合場所は、常磐自動車道富岡IC横の駐車場。ここで乗り合いして立ち入り制限区域に転進するということでした。

依頼者さんとも合流し、スクリーニング場で立ち入りの手続きをして現地へ。


現地に到着し、活動場所を下見しますと母屋は解体済みですが残ったイグネが数十本…しかも大径木がちらほら。😲


イグネ伐採は基本的に業者に依頼してくださいということでNGになっていたのですが、将来的にここに戻ってきて家を再建したいとの意向で、特例として行うことになったとのことでしたョ。

母屋は解体済みでしたが、イグネが国道沿いにあるため、万が一にも伐倒本が国道方向に倒れてはまずいとロープで引っ張りながらの活動に。

玉切り幹は敷地内に積み上げ、枝葉類はフレコンバック入れとのことで手間がかかる作業に…。

私めはチェーンソー班のヘルプと玉切り幹の移動と積み上げに従事しまして、ひたすら幹の移動に汗を流しましたョ。


お昼をはさみ午後2時半ころまで活動し、清掃して現場を後に。

おおむね半分ほどの本数を伐採しまして、残りは継続案件となりました。

そうボラ活動報告2020/6/21


それでも、ひと月に一回、1年かけて終わらせればいいとのことだったので、相当はかどりましたョ。


スクリーニング場に戻り、靴裏やタイヤの放射線量測定などを受け、朝の集合場所で解散へ。


富岡を出たのが午後4時前で、時間的に夕方の混雑に巻き込まれそうな時間帯でしたが、特に目立った混雑もなく、午後10時に無事帰宅。

事故無く、怪我なく、トラブルなく、2020福島ボラ8回目~9回目を終了しました。



次週も土日とも、ホームチームの活動に参加予定です。



それではまた。



theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

2020福島ボラ8回目~9回目を終了①

2020.06.23.22:35



2020/6/20~6/21


2020福島ボラ8回目~9回目を終了しましたので、その記録です。


ーーーーーーーーーーーーーーー


県を超える移動制限が解除された6月第3週、早速福島のホームチームのボランティアに参加してきました。

ホームチームの活動は1月末以来なので約5ヶ月ぶりの活動。


あまりに間隔があきすぎて、持っていくものや何時に家を出ればいいんだっけかとおろおろしながらも、とりあえず目につくものをカバンに詰め込み、午前2時にしゅっぱーつ。

5ヶ月ぶりとなると、季節も変わり、着るものからなにから違い過ぎていて、改めてその月日の長さが感じられます。


午前3時過ぎには空が白み始め、4時を過ぎるとヘッドライトも消していいかな…というほどの明るさに。

活動中は暑くなりそうだし、身体が慣れるまで大変そうです。


車の通行量自体はまだ少なく、スムーズな走行で1時間前には集合場所にとーちゃーく。


集合時間までコーヒーを淹れながらまったり…☕



ーーーーーーーーーーーーーーー


【6/20編】


この日の集合場所は浪江町役場の駐車場。ここで集合後現地に向かうとのことでしたョ。


徐々にメンバーが集ってきまして、「久しぶりー」などと挨拶しながら近況を報告し合いました。

しかし、県を超える移動ができるようになってはじめての週末にボランティアに集合とは…みなクレイジーですな。


タレントの”なすびさん”も久しぶりに参加してまして、このコロナ騒動でロケができないため今月はそうボラフル参加ですよと笑っていましたョ。😅


リーダーも到着し、挨拶後に現地へ転進。

当初、乗り合いで向かう予定だったとのことでしたが、現地で駐車場が確保できたとのことで、それぞれの車で向かうことに。

車で10分ほど離れた活動現場に着き、現地を確認しますと自宅の屋敷をぐるっと取り囲むイグネを伐採して欲しいとのことでしたョ。


本数は10本程度でしたが、それぞれがかなりの太さの大径木…。

しかも、伐採木は2mくらいで玉切りしてほしいとの希望で、移動もかなりの困難さが予想されそう…。😓


久しぶりの活動なので、ゆっくり確実にいきましょうと声を掛けながら活動開始。


イグネのため、屋敷に近く、家屋方向に倒れると大変なことになるため、チルホールでひっぱりながら家屋とは逆方向に倒れるように安全対策しながらの伐倒へ。

玉切りした幹などを指定された場所に運び、一歩一本作業しましたが、足元も悪く、おまけに水路が流れていてそれも活動の障害に…。

水路と言うと、数年前に水路に落下し骨折という”川内村の悪夢”が思い起こされ、いや~な予感しかありませんでしたな。

5ヶ月ぶりの復帰戦でしたが、超ハードな活動で、復帰戦がいきなり日本シリーズ…のような雰囲気でしたョ。(´-﹏-`;)


当初、復帰戦なので無理せずできるところまでと言っていたリーダーも、先が見えたので頑張りましょうとムチが入り、午後6時までかかって完パケに…。

そうボラ活動報告2020/6/20


最後に水路に落下した伐採木の引き上げに苦労しましたが、なんとか事故無く怪我なく活動を終えることができました。

天気も良かったので、熱中症寸前まで追い込まれましたが危ないところでしたョ。


終礼後、この日予約した宿に転進し、早々に就寝。😪


6/21編に続きます→



theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

2020風水害ボラ11回目を終了

2020.06.14.16:31



ほぼ日常生活を取り戻してきた感のある東京を含む首都圏…。

しかし、これだけ経済活動を制限しても新規感染者が発生するとは、この感染症のしつこさや感染終息への難しさが垣間見えますな。



自粛自粛と叫ばれているなか、驚くような出来事が…

水曜日あたりだと思いましたが、売れっ子芸人のアンジャッシュ渡部健氏が「番組出演を自粛すると発表」とのニュース速報に、なんだ?と思い調べると…「視聴者を不愉快にさせることをしてしまったので、すべての番組出演を自粛します」とのこと。

視聴者を不愉快にさせる…?

速報時にはそれ以上の詳しい情報がなかったので、何なんだろうかと思っていたところ、日ごとに詳しい情報が明らかになってきまして、その内容は…複数の女性と不倫していた、しかもその中には六本木ヒルズの多目的トイレに呼び出して行為のみを行い、金を握らして帰していたとのことでした。

ええっ?と、にわかには信じられないような鬼畜の所業の数々が…。

渡部氏というと、グルメに精通し、数々の番組に出演している超売れっ子芸人。

私生活でも、人が羨むような美人女優の奥さんを持ち、さらには子供も生まれと、まさに人生の勝ち組と言われるような人物。

それなのに、ファンなのかどうなのか分かりませんが、複数の女性と関係を持ち、食い散らかしていたとは…。😲

どんな高級魚であっても、釣った魚には興味が薄れる…といったところだったんでしょうかね。

アパ不倫の袴●吉彦氏、マイカーでの行為の原●龍二氏からの今回の多目的トイレでの逢瀬…段々と行為を行う場所のレベルが下がってきているような気がしますが、それにしてもやったことはこれまでの不倫行為とは比べものにならないような最悪レベルのことなので、もう復帰というのはありえないのではないかと…。

報道によれば、年収億超え、番組放映中止などの違約金も億単位ではないかとのことなので、家族を含めて今後どうなるんでしょうかね。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


2020/6/13

倒木処理ボランティアを実施しましたので、その記録です。


ーーーーーーーーーーーーーーー


緊急事態宣言は解除されたものの、完全な移動の自由までは認められていないため、近場で倒木処理のお手伝いをしてきました。


来週から本格的なボラ活動が再開されるので、その前に準備運動がてら倒木の移動や片付けをと…。


この話自体は6月の頭にもらっていたのですが、その時は数本の倒木を玉切りして片付けるとのことで、そのくらいならなまった身体の準備運動がてらにちょうどいいかと思っていたのですが…。

まず勝手に思い込んでいたのですが、平地の活動かと思っていたのが行ってみて、あらビックリ、かなりの急斜面の林の中の活動だったことと、最初2本くらいの倒木処理と聞いていたところ、その後、依頼者さんからあれもこれもと希望が増え、最終的に10本以上の倒木処理をとなっていたとのこと。

大々的な活動はできず、2人での活動だったため、とてもではないですがこれは間に合わない…。

とりあえず伐倒のみを行うことにし、玉切りは後日応援部隊を募ることにしようと、伐倒に専念。


活動前は小雨模様で、気温も25℃くらいで、雨合羽を着ると熱気で耐えられないくらいでしたが、徐々に気温が下がり、雨も本降りに…。


お昼過ぎには気温が20℃を切り、今度は寒いくらいに…。


午前中は暑くて着れなかった雨合羽を、午後は寒いので雨合羽を着るという羽目になりました。

とりあえず、目につくところの伐倒を8本ほど行い、最小限の片付けをし、土砂降りになってきたこともあって午後2時前に早上がりとして活動終了へ。

当初はなまった身体の準備運動…などと思っていましたが、雨の中で急斜面の活動と散々な目に遭いましたが、やはり、久しぶりのボラ活動は格別。


自粛生活で体内リズムが狂ってしまい、寝付きも睡眠も浅くなっていたのですが、この日は即入眠、目覚めもばっちりといい事ずくめでしたョ。


ーーーーーーーーーーーーーーー


来週からは、県をまたいだ移動制限もなくなるので、ホームチームの福島ボラに復帰する予定です。


コロナ騒動が拡大しませんように…。


それではまた。



theme : 災害ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

俺流コーヒー・その4 コスト編

2020.06.07.17:53



緊急事態宣言解除後、2度めの週末…。

日常生活については、ほぼ支障のない程度に回復しましたが、世間では歌舞伎町のホストクラブを起点にしたクラスターが発生しているとのこと…。

営業形態やルールに従わない店もあるんだろうなと予想はしていましたが、やはり…といった感じですね。


ホストという職業ではあっても、職業選択の自由もあるし、人権もあるのでその仕事がけしからんとは言いませんが、ただ感染者が広がってしまえば最終的には医療関係者にシワ寄せがいくことになるので痛し痒し…といったところでしょうかね。😓


しかし、アメリカやフランスなどでは、白人警官による黒人男性死亡事件で大規模なデモが連日行われていて、ものすごい人数が密集してデモ行進が行われていますが、いったん収まった感染が再び広がるのではと…。

デモばかりクローズアップされていて、感染者の増減についてはあまり報道されていないようで、とても心配しています。

騒ぎに乗じてのコロナストレスの発散…という側面も大きいようで、根深い問題ですな。


ーーーーーーーーーーーーーーー


コーヒーネタもだいぶ尽きてきましたが、今回はコーヒーのコストについて紹介…というか暴露に近いネタを書きたいと思います。

私めのコーヒー遍歴は、ありきたりですが店頭で販売されているコーヒーバックに入ったものから始まり、その後少しずつ道具を買い揃え、ペーパーフィルターで淹れるために豆の状態で購入、嗜んでいましたが、どうにも味が今ひとつ…。

この辺からコーヒー沼にズブズブと足を踏み入れてしまったのですが、段々と求める結果が高くなり、豆専門店から焙煎直後のものをお取り寄せなどをしていたところ、まぁ〜高い。😓

いい状態の豆を送ってくれるところで、少しでもお得なところを探した結果、まとめ買いにして2Kgで6,000円を切るくらいが下値かなと…。

グラムあたりに換算すると300円と、まあまあ納得できた値段でしたが、まとめ買いなのでどうしても後半分は取り寄せ後2〜3ヶ月経ってしまうので、せっかく焙煎直後の豆を取り寄せても意味がなくなってしまう…。

そんな中でたどり着いたのが、生豆を取り寄せて自分でローストすることでしたが、生豆ですと値段もグッと下がり、今取り寄せているところではキロ当たり600円前後…。

100グラムあたりでは60円、一杯淹れるのに10グラム弱くらいですので、原価は6円以下…。

税込み、送料込みで10キロ6000円くらいで仕入れたので。2キロの焙煎豆と同じ値段で5倍の豆を仕入れることができ、その原価を計算してみると、コーヒーってこんなに安いんだと…びっくり。😳

コンビニコーヒー1杯100円でお得…と思っている皆様、9割以上は儲けですから騙されてはいけません。

ホテルロビーでは、1杯1000円くらい取るところもありますから、まあ雰囲気も値段のうちとはいえボロ儲けですな。


俺流コーヒーでは、使い古しのフライパンと中途半端に残っているガス缶で焙煎しているので、手間を除けば豆代以外はかからないので、趣味で行うには十分ですし、知り合いにおすそ分けしても喜んでもらえています。

まあ、コロナ騒動でコロナ対応をしている大学病院に差し入れをしようとして断られたのは残念でしたケド…。😅


ーーーーーーーーーーーーーーー


福島のボランティアホームチームから、6月20日の週から活動を再開すると連絡がありまして、さっそくエントリーをすませました。

来週は個人的な繋がりで、近場で倒木処理をする予定があり、いよいよボラ活動が再開できそうです。


第二波襲来で再び非常事態宣言になりませんように…。😌


それではまた。



theme : 日記
genre : 日記

俺流コーヒー・その3 味のチューニング編

2020.06.02.13:32



緊急事態宣言も解除され、徐々に経済活動も再開され始めましたが、いかがお過ごしでしょうか。


我が家地方を含む首都圏も宣言が解除されたので、さあボランティアも再開かと意気込んでいたところ…蓋を開けると県をまたぐ移動はまだ自粛をとの見事な肩透かし…。

県境超えできなきゃボランティア活動先もなく、ぜんぜん意味がないじゃーん…としょんぼり。😓



諸外国と違い、ゆるーい外出自粛要請というなかで、急減させることに成功したコロナ感染者も、ちょっと制限を緩めると、どこかでクラスター…となってしまうようで、やはり油断ならないやっかいな感染症であることは間違いないようです。

特に北九州市では、連続23日間感染者ゼロだったのが、3人の陽性者の発見から、わずか10日間で100名超えの感染者という、第一波を上回る感染者が出ているとのこと。😲

気になりまして、北九州市のコロナ関連の公表データを見たところ、最初は孤発発症だったものが、家族やその周囲などに次々感染を拡大させていたようで、コロナ感染症のやっかいさを改めて感じました。

また、別のニュースでは、感染した方で入院後陰性判定で退院した方が、再度体調悪化で再検査したところ、再び陽性になっている方がかなりの数になっているとのこと。

退院後、再陽性になる期間を調べると、短い方で1〜2週間、長い方だと1ヶ月後に再陽性になった方もいるとのこと。

コロナ感染症の潜伏期間は2週間程度とと言われてきましたが、これをみると潜伏期間はもっと長い病気なのではないかと思えてきました。

となると、ながーい潜伏期間をもっている方がぽつりぽつりといた場合、いつまで経っても感染者はなくならない、今後もずっと続くということなのではと。😓ほんとに厄介な病気だね 


アメリカでは、デモが暴徒化して騒乱状態のチョ〜密集状態になっていまして、また感染者が爆発的に増えるのではないかと心配です…。😥っていうか馬鹿なんだろって想いますけどね


ーーーーーーーーーーーーーーー


くらーくなってしまうコロナのことはいったん置いておいて、前回まで2回に分けて俺流コーヒーをご紹介しましたが、今回はちょっとした小ネタをひとつご紹介したいと思います。



コーヒーをドリップする際に、豆の量と湯量は重要ですが、その時に湯を全量落としきってできあがりとしていませんでしょうか。

色々とコーヒーの勉強を続けていくうちに、コーヒーをドリップする際、出来上がりの半分程度でドリッパーを外し、残り半分は差し湯で調整するという淹れ方があると知りました。

最初は水っぽくなってしまうのでは?と思ったのですが、やってみると不思議なことに、ガツっとくるコーヒー感はないマイルドさですが、ポットなどに入れておくとかなり時間がたったものでも美味しく飲めるコーヒーになると感じました。(感じ方には個人差はあるでしょうが)

サーモスなどの保温ポットに入れれば、朝淹れたものが午後あたりまではぜんぜんいける…という感じで、むしろ淹れたてより飲みやすくなるなと個人的には感じています。

コーヒーの解説本によると、コーヒー豆は抽出始めの1投めから2投めあたりでほぼエキスの9割方が抽出されるので、以後の3投め以降は出がらし状態の抽出液が落ちることになり、それだけを飲むと、とてもまずくて飲めたものではない。
前半の濃い抽出液状態でドリッパーを外し、雑味のない湯で味を調整するのは理にかなった淹れ方なのだとのこと。


前回ご紹介した浸漬式ではなく、フィルターに豆をセットして透過式で湯を落とすやり方の場合は、蒸らし→1投め→2投めあたりでドリッパーを外し、残りの3投め、4投め分の湯は差し湯で調整するといい感じに仕上がるのではと思っています。

エスプレッソをブラックで飲むなどのコーヒー感どっしりがいいという方には物足りないでしょうけど、量を飲む、サラッとした味が好きという方にはこの淹れ方がおすすめです。


人に見られて、カサ増ししてんじゃんなどと言われたときには…「これが味のチューニングなのさ」とCOOLに言ってやりましょう。😉


お家カフェ…ぜひお試しを…。



早くボランティアネタに戻れますように…。😌


それではまた。


theme : 日記
genre : 日記

プロフィール

旅人macpapa

Author:旅人macpapa
50歳を機にアーリーリタイヤしました。
亡き妻との約束を果たすため「日本の自然と温泉を巡る旅」とボランティア旅に出ています。
以前のブログ「macpapaの日々是感謝
妻が書いていたブログ「ありがとう

主に一人旅人からの目線、感じたことを書いています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
旅人カウンター
旅人オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク