FC2ブログ

2019福島ボランティア 26回目を終了

2019.05.26.17:12


2019/5/25

福島ボランティア本年26回目を終えましたので、その記録です。


ーーーーーーーーーーーーーー


GWからしばらく間隔が空いてしまいました。

8連チャンボラでちょっと燃え尽き感があったことと、ボラ活動自体も予定がなかったので、しばらく地元の行事に没頭していました。

地元の行事というのは、今年加入したソフトボールチームの活動。


野球経験はあったものの、チーム活動などにはまったく知識なく加入したのですが、地域のリーグ戦が一年間に渡って行われているほどの盛り上がりがあって、ちょっと驚いています。

2〜3チームで親善試合でもやっているのかと思っていたので、春から秋にかけて10試合ほどあって、リーグ優勝チームを決めるとのことでした。

実は若い頃は結構な野球少年でして、社会人になってたまに社内でソフトボール大会などがあると、血湧き肉躍る思いで活躍していましたが…寄る年波には逆らえず、今では50肩でボールは投げられず、膝が痛くて走れない…。

無理しちゃいけないなと思い練習では抑えているものの、試合になると、昔のイメージで反応してしまい、身体がついてこれずで太もも肉離れを2試合連続で起こしてしまい、アウウ…。😰

特に2回めは、レフトオーバーのランニングHR級の当たりとなるも、1塁を回った地点でビシッと感じてそれ以上進めず、レフトオーバーのシングルヒットという珍記録を樹立…。

代走を出してもらって、以後見学という体たらくっぷりを発揮しましたョ。😓


というわけで、体調を整えつつ、5/25のみ福島ボラへ行くことに…。


ーーーーーーーーーー


ボラ内容は、GWにおじゃました菜の花迷路の撤収作業と、夏に行う花火大会への準備作業とのこと。

5/25午前2時過ぎに自宅をしゅっぱーつ。

世間ではトランプ大統領来日で大騒動でしたが、東北方向には全く影響ナッシング。

ただし、土曜日は復興工事が行われているため、国道6号の流れはイマイチ…。

大型ダンプが車列で走っている後ろについてしまうとストレスが…。😒

集合場所の南相馬市萱浜へは、なんとか集合時間の10分前に到着できまして長靴履いて準備完了。

天気予報もいい天気で高温注意!となっていましたが、海に近い浜通りは、カラッとした気持ちのいい天気でしたな。



午前中はGW中の迷路イベントで残しておいた、迷路の入り口看板、出口看板、その他、来場者を誘導する表示類を撤去。

すっかり花が落ち、種子が目立つ状態になった迷路に突撃しますと、種子の入ったさやがチクチクとして結構な痛みを感じましたョ。

午前中いっぱいで看板類を撤去しまして、午後になると夏に行う花火会場の整備作業へ。

一見するときれいに圃場整備(ほじょうせいび)されていますが、主に津波被害時に出た土砂を使っているとのことで、地中には細かい石やブロック類などがたくさん残っているとのことで、人の手で一つ一つ撤去しているのだそう。

バケツを持ち、瓦礫を取り除くトングを手にして会場予定地にIN。

確かによーっく地面を見ますと、石や岩類などが転がっていまして、一つ一つ拾い上げバケツに入れて土地の端まで行きますと、バケツが壊れるんじゃないかというくらいの量と重さになるほど…。

中にはバケツに入らないくらいの大きさのブロックなどが出てきまして、いずれ畑に転用するとのことなので、今のうちに撤去しておかないと、耕運機が壊れてしまう恐れがあるとのことでしたョ。

午後も2時間ほど活動しまして、軽トラ一杯分ほどの瓦礫を撤去し、この日の活動を終了となりました。

ただ、会場全体からすれば撤去できたエリアは数分のイチ程度の広さ…。

おそらくあと数週間は瓦礫撤去が必要ではないかと思いましたな。

翌日も瓦礫撤去作業は続くとのことでしたが、ソフトボールの試合があったので、私めは日帰りで帰宅することにしました。


来週以降は、ホームチームのボラ予定が入ればそちらに、なければまた花火大会準備のお手伝いなどに行こうかと思っています。


それではまた。


theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

2019福島ボランティア18〜25回目を終了

2019.05.07.18:59


2019/4/29~5/6

福島ボランティア本年18回目~25回目を終えましたので、その記録です。

ーーーーーーーーーーーーーー


初の10連休となるスーパーGW。

連休2日目に地元でソフトボールの試合があるほかは、特に予定が無かったので、3日目の4/29から福島県南相馬市萱浜地区の菜の花迷路イベントに行くことにしましたよ。

迷路作成作業には何度かお手伝いに行っていたものの、実際のイベントではどの程度の来場者があるのか、人の流れはどうなのかなども全くの未知数…。

代表の方からは、子供たちの付き添いにくるおじいちゃんやおばあちゃん、親御さんなどに向けたマッサージブースをお願いしますと言われていましたので、マッサージに使うためのタオルや寝て施術するための簡易ベット、広告用の看板などを準備し、福島へ向けGo!

帰りは特にいつまでとは決めず、親指に限界がくれば帰宅しようかと…。


ーーーーーーーーーー


【4/29編】


午前8時前に萱浜に着きますと、すでに地元スタッフが持ち場で準備中…。

急いで代表の方に挨拶しますと、ブースはこちらですと案内されますと…でっかいテントひとハリが私の専用ブースですと言われまして、な・なんですと~。😲

い・いや、椅子と簡易ベットが置けるスペースがあればそれで充分なのですが…と言いますと、今回はマッサージブースが一つの目玉なので、専用テントを準備しましたと。

期待は嬉しい反面、ただのマッサージ好きの俺流マッサージで、こんな専用ブースなんか準備されて大丈夫なんだろうかと…不安が。😓

ベッドをセットし、持ってきた看板などを掲げて準備完了。


IMG_0943.jpg


イベント3日目、私めの参加初日は天気が良く、イベント開始の9時半を過ぎますと、続々と来場者が駐車場へIN。

マッサージブースと迷路会場は数百メートル離れているのですが、会場方向のなの花畑方向を見ますと、アリンコのように人・人・人…。😳

これが全員ブース方向に来るの?と真っ青になりましたが、実際にはマッサージブースの横にあるゴールしたプレゼントがもらえるテントに来る方は多いものの、マッサージブースはみなチラッと横目で見るだけの素通り状態。

首や肩の形を見ると明らかに肩こり症だなと分かるのですが、こちらから人の流れに出向いて『マッサージできますけど、どうですか?』と声をかけても『結構です』と首を横に振って素通りされるとガクッと心が折れ…テントへすごすごと。

こりゃだめだなと作戦変更しまして、来場者向けは来たら応じようと、暇そうにしているスタッフを一人また一人と呼び入れまして、指慣らしとサクラを兼ねて施術。

その姿を見ていた来場者の中から、『やってもらっていいですか?』と声がかかるようになりまして、次第に順番待ちも…。😊

人が途切れるとスタッフを引き入れ、来場者へも当然ながら行って、気づくと20人ほどの施術人数になりまして、初日の活動を終了。

サクラ兼ねて行ったスタッフさんにも喜んでいただきまして良かったなと…。

料金ももちろん無料にしたのですが、無料では申し訳ないと本部の募金箱に募金をしてくれる方も多数いまして、初日の成果としては大成功だったなと。

夜は道の駅に転進して、おやすみなさい。😪zzz…


IMG_0951.jpg

IMG_0950.jpg

IMG_0945.jpg

IMG_0946.jpg

IMG_0949.jpg



ーーーーーーーーーーー


【4/30以降編】


参加2日目以降は、内容はほぼ同じなのでダイジェストでお送りします。

来場者数は、基本的に天気に比例し、天気がいいと迷路が渋滞するほどの大人数が訪れますが、雨が降ったりしているとほぼ0というもの。

ただ、午前中雨でも午後から雨が止むと、そこから来場者が増え始めるといった感じでした。


迷路自体は以前にも書いた通り、サッカーコート2面分にも及ぶ広大なもので、事前知識なく、うかつに迷路に入ると1時間経っても出口に行けず、途中でギブアップという大人が続出で、難易度はMAX。

コースを知って迷わず進めば15分くらいでゴールできますが、個人的には迷路づくりで散々迷った経験から、プライベートでは入りたくないような広大さです。


ただ一面のなの花と天気の良い日の青空の組み合わせは最高のコンビ。

子供のみならず来場者の笑顔とゴールした時の歓声には、何ものにも変えられないもの…。

運営ボランティアで参加していた方も、最高に楽しい幸せなボランティアだったと言っていましたョ。😊


マッサージブースも、来場者が少ないときはスタッフへ、来場した方から希望があればその方へ行いまして8日間連続で100名を超える方にマッサージを行いました。

夜は道の駅で7連泊して過ごしまして、5/6の16時で活動終了。

迷路自体への来場者は約11,000名とのことで、大盛況でしたョ。


この後は6月くらいまで放置し、種として収穫し、なたね油として活用するとのことでした。

当初は、親指が持つか心配でしたが、なんとか最後まで完走することができまして、ホッと一息つきました。


スーパーG.W.…スーパーゴールデンウィークならぬ、スーパーガンバルウィークになりましたが、また機会があればお手伝いに行きたいと思います。


それではまた。


theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

プロフィール

旅人macpapa

Author:旅人macpapa
50歳を機にアーリーリタイヤしました。
亡き妻との約束を果たすため「日本の自然と温泉を巡る旅」とボランティア旅に出ています。
以前のブログ「macpapaの日々是感謝
妻が書いていたブログ「ありがとう

主に一人旅人からの目線、感じたことを書いています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
旅人カウンター
旅人オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク