FC2ブログ

2019福島ボランティア12〜13回目を終了②

2019.03.19.16:58



《3/17編》

気候も春めいてきたので、車中泊も楽かなと思っていたのですがさすがに東北…。

夜は0℃近くまで気温が下がりまして、念の為と持ってきた毛布にくるまって朝を迎えましたよ。😅

アラームで目を覚まし、洗面・着替え・コーヒーを入れて集合時間にあわせてGo!


ーーーーーーーーーーーーーーー


この日の集合場所は浪江町中心街からちょっと離れた住宅地。

ナビに導かれて到着しますと、更地の広がっているエリアとその隣に草ぼうぼうのジャングルになっている元美容院の建物が…。

うわ~、この美容院だと大変だぞ~と眺めていましたら、依頼場所は隣の更地…。

ホッとはしたものの、多少枯れ草が残る程度の更地に、わざわざボランティア依頼します?とはてなマークが飛び交う現場でしたな。

土地の利用方法でも決まったのかな?と思いましたがそれもないとのことなので、まるで狐につままれたような印象でしたョ。


まあ、被災された方それぞれ考えはあるのでしょうから、リーダーが受けた依頼内容は粛々とこなすのみと活動開始。

自分の家でもここまで丁寧にやらないぞというくらい、きれいに草刈りして掃き清めて、小一時間で完パケに…。


そうぼら活動報告2019/3/17①


一休みし、次なる現場にてんしーん。




ーーーーーーーーーー


転進先は、同じく浪江町郊外のお宅。

依頼者さん宅のお宅に行きますと、まあ~立派な日本建築のお宅が…。

庭もキレイに整備されていて、いったいここの何をするんでしょうか?というくらいのお宅。

リーダーが、依頼者さんに電話で確認すると、依頼場所は道路をはさんだ別の場所とのことで、そりゃそうだねと再び転進。

道路に面した道路に面した法面がその依頼者さんの所有する土地だそうで、隣地から越境してきた竹が侵食してきて困っているとのことでした。

けっこうな長さの法面で土地は傾斜、生えている竹の本数も、おいおい何本あるの?というくらいのもの。

幸い参加人員は豊富だったため、草刈り班と竹の伐採班、伐採後の搬送班、長さを短くする班と分かれて活動開始。

当初、こりゃ終わらないかもと思っていた本数の竹でしたが、チームワーク良く活動を続けまして、昼食をはさみ午後2時で完パケにして活動終了へ。


そうぼら活動報告2019/3/17②


ーーーーーーーーーー

2現場終わったし、今日はここで終わりかなと思っていましたら、リーダーが昨日やり残した現場に転進しますと…。

どひゃ~、久しぶりに鬼モードになったリーダーに従いまして、昨日の現場にてんしーん。

午前中、別団体がヘルプで伐採してくれていて、残りはあと2本の伐採を残すのみになっていまして、お、これはすぐ終わりそうだとラストスパート。

伐採後の玉切り幹や枝葉を積み上げまして午後3時に完パケにして活動終了。


そうぼら活動報告2019/3/17③


ヘルプに入ってくれた団体が小さな現場一箇所を完パケにしていてくれたので、2日間で合計5現場を完パケにするという結果を残すことができました。

依頼者さんもそれぞれ、自分ではどうにもならなかったけどと…喜んでいただけまして、頑張った甲斐がありましたな。😁


午後3時半に浪江町を後にして帰宅の途に。

途中、疲れで眠気に襲われましたが、休憩をこまめにとりながら運転を続け、午後11時に無事帰宅。本年12~13回目の福島ボラを終了しました。

今週末の活動が予想以上に進んだので、来週末と再来週末はニーズがないとのこと。

案件が入ればお知らせしますとのことですので、来週以降のボラ予定は未定となっています。

それではまた。


theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

2019福島ボランティア12〜13回目を終了①

2019.03.18.19:00


2019/3/16~3/17

福島ボランティア本年12~13回目を終えましたので、その記録です。


ーーーーーーーーーーーーーー


3月第3週のボランティア活動は、土日の2連チャン。

前週は所要のためお休みしたため、2週間ぶりのボラ。

天気予報で前日の土曜日に雨マークがあったものの、日曜日があるので何とかなるだろ〜とサクッと申込み完了。



3/16午前2時に福島へ向けしゅぱーつ。

交通量も少なく快適なドライブ。心配した天候もずっと月がでているほどのいい天気…。

そのまま朝日を拝みつつ、福島にとーちゃーく。

集合場所近くのコンビニで時間調整でまったり…。☕


ーーーーーーーーー


《3/16編》

初日の集合場所は、浪江町の市街地近くの権現堂地区のもと個人宅。

見通し距離で約50m離れた地点にある、同じ依頼者さんの2軒分の更地に残っている庭木の処理をお願いしたいという依頼内容でした。

参加者が2グループに分かれて同時に活動開始。

敷地面積も小ぶりで、立木数も2現場併せて10本もないくらいでしたのでサクッと処理して完パケに。

そうぼら活動報告2019/3/16①

そうぼら活動報告2019/3/16②

資機材を資材車に戻して第三の現場にてんしーん。


ーーーーーーーー


第三現場は、浪江町郊外の、去年何度も活動に入った日本家屋と東屋のある庭の個人宅の裏の畑地。

東屋のあるお宅の活動では、隣接地にゆずの木が多数生えていて、これを切るのか~と思っていたところ、ここは土地の所有者が違うということで伐採せずにすみ、ホッとしていたのですが、その活動を知ったその土地所有者からの依頼がきたということで、あちゃ〜と…。😓

まあ、でもこちらのお宅はやって、こちらはやらないというわけにはいきませんので、がんばりましょうと気合を入れ直して活動開始。


しかし、あらためてゆずの木と対峙しますと、その凶暴なトゲが難敵…。

業者に頼んでもゆずの木はやらないとか、特別料金になるとのことですが、うなずけますな。

つなぎ程度の活動服ですと、簡単にトゲが貫通しますし、革手をしてもまともに握るとトゲはグサリ…。

長靴で踏むと、簡単に穴が開いてしまいますし、車もたぶんパンクします。

ゆず湯は最高ですが、その木を伐採する方はたまったもんではありません。

その時は夢中でやっていても、トゲが刺さるとあとから腫れ上がることになり、本当に大変なのです。😨



立木伐採後の搬送、ゆずの木の処理と汗を流しまして午後3時過ぎにタイムアップ。

残りあと半日くらいの作業量を残し継続案件行きとなりました。

そうぼら活動報告2019/3/16③


終礼後、日帰りの入浴施設+コインランドリーで洗濯し、道の駅へ。

夜は居酒屋でボラ仲間と親交を深め、おやすみなさい…😪zzz


3/17編に続きます→


theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

3.11

2019.03.11.16:59



今日は東日本大震災発生から8年目の「3.11」。


いまだに多くの住民が、故郷に帰ることが許されない現実があるなか、時間だけは誰にも等しく刻々と過ぎていきます。


普段、多くの国民にとっては、すでに過去の出来事と忘れ去られていますが、この3.11が近づくと、数字が取れるからか…マスコミが大挙して押し寄せ、特番が作られるという現実…。


それでも忘れられるよりはマシと、被災された方々も取材に応じていらっしゃるようですが、普段、被災された方とお話する機会がある分…いたたまれない気持ちになります。😔


先週末は所要で福島ボラへ行くことができませんでしたが、これからも、震災でお亡くなりになった多くの犠牲者、いまだに帰還できない被災者の方々に心を寄せ、私めができることをしていきたいと思っております。


                    2019.3.11 macpapa 拝

theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

2019福島ボランティア10〜11回目を終了②

2019.03.05.13:52



【3/3編】

前日の日中は2桁の気温でしたが、夜は東北らしく1℃まで低下…。

念の為と一枚多く持ってきた毛布がいい仕事をしてくれまして朝までぐっすり…。

アラームで目が覚め、洗面・着替えをして集合場所へGo!

ニュースでは東京は朝から雨で東京マラソンも雨の中で大変そうでしたが、浜通りはいい天気でしたョ。



2日目の集合場所は、浪江町西台川原地区。

建物はすでに解体され更地になっていましたが、震災前は有名なパン屋さんがあったそうで、グーグルマップで検索するとログハウスのおしゃれな建物が未だに映されるのが物悲しい…。😥


活動場所を下見しますと、敷地端の川沿いに10数本の立木が残されていまして、その全伐採をしてほしいとのこと。

樹高は大したことないものの、いつもの杉や檜ではなく常緑樹だねこれは…。

針葉樹のかる~い木質とは違い、木の幹を叩いてもみっちりと詰まった感がありまして、いかにも重そうな感触…。

こりゃ切るのも、運ぶのも大変そうだな。😥


参加人員は8名。伐採班と搬送班に分かれて活動開始。

敷地自体は更地なので、伐倒方向が違っても建物などを壊す心配はありませんが、川側に偏心しているため、川側に倒すとその引き上げが大変…。

一本一本、事前に木にロープをかけ、車で引き倒しながらの伐採へ。

倒してみると、事前の予想通り木質がみっちりと詰まり、杉などとは違って桁違いに重い…。

しかも、集積場所が敷地の反対側で30〜40mほど運ばねばならず、次第に地獄の様相…。

あまりに重いため、幹部分はアルミ台車(一輪車)に乗せて運んでいましたが、数往復したところで台車が前に進まなくなりまして、おかしいなと車輪を見るとタイヤの根本が完全に破断…。😳

2〜3ヶ月前に交換したばかりの新しいノーパンクタイヤだったのですが、まさかのハプニング…。

台車が壊れたので、それ以後は担いで運ぶことになり、更に地獄の深掘り…。😣

気温は低かったのですが、搬送で汗だく状態…。

これはヤツが来るやつだと…熱中症対策の雨を口に放り込んで活動をしましたよ。



お昼休みを挟み、ひたすら伐採木の搬送にあたりまして、午後2時に完パケにして活動終了。


そうぼら活動報告2019/3/3


ちょっと早い終了時間でしたが、ここから別現場に転進して資機材を下ろしてとなると、ほとんど活動する時間がないとのことで、リーダーの判断でここで終了しますということに。

それでも、2日間で3現場の完パケということで、上上吉の結果とリーダーも嬉しそうでしたョ。😊



午後2時半に浪江町を後にして帰宅の途に。

途中、睡魔に襲われて1時間ほどコンビニ駐車場で仮眠をとり、安全運転に徹しまして午後11時に無事帰宅。

2019年福島ボラ10〜11回目を終了しました。



来週は所要のため、福島行きは一週お休みの予定です。


それではまた。


theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

2019福島ボランティア10〜11回目を終了①

2019.03.04.20:51


2019/3/2~3/3

福島ボランティア本年10~11回目を終えましたので、その記録です。

ーーーーーーーーーーーーーー


3月第1週のボランティア活動は、久しぶりに土日の2連チャン。

2週に渡って日帰りボラが続き、やや消化不良気味だったため、もちろん行きますとも~と申込み完了。


3/2午前2時に福島へ向けしゅぱーつ。

交通量も少なく快適なドライブでしたョ。



初日の活動予定場所は、富岡町夜の森地区。

桜並木で有名ですが、福島第一原発から約6kmの距離にあり、いまだに多くのエリアが帰還困難区域に指定され、立ち入りは厳しく制限中。

このエリアに立ち入るには事前に立ち入り申請をし、当日はゲート前で立ち入る車両や乗車人員、名簿の提出、放射線計測の線量計を身に着けてから入ることになります。

ボランティアとはいえ、いつものように一人ひとりのマイカーで活動場所まで行くことはできないため、常磐富岡インターチェンジ横の駐車場に集合、ワゴン車に乗り換えて立ち入るスタイル。

9時にインター横駐車場に集合、最低限の荷物をもってワゴン車に乗り換えて、手続きを終えて立ち入り制限区域にIN。

以前は、立ち入りは回数制限や滞在時間制限などの規制がありましたが、現在では除染作業もすすみ、制限が緩和されているとのこと。(4年後に帰還困難区域全面解除を目指しているとのこと)


ーーーーーーーーーーーーーーー


この日の活動依頼内容は、ビニールハウス内のゴミ搬出。

なんでも、個人宅地内に除染作業+解体作業が入るため、不用品を撤去しないといけないのだとか。

しかし、いまさら不用品以外の物があるわけがないので、全部撤去してあげればいいのにと思うのですがね。


活動するビニールハウスを下見しますと、なんじゃこりゃというくらいの植木鉢がずら〜り…。

植木鉢といっても平面に置かれているものではなく、針金で吊るされ上から下から数えれば数百個からもしかして千超え…。

ビニールハウスから全て搬出し、分別してほしいとのことでクラクラっとしましたな。😥

参加人員は6名。ビニールハウス内から搬出する担当と分別して集積場所に運ぶ担当に分かれて活動開始。

除染前ということでどの程度汚染されているか分からず、若干の不安がありましたが、身につけた線量計の警報が鳴らないことを祈りつつ黙々と活動を。

しかーし、針金でできた吊り下げが邪魔でなかなか分別が進まない…。

手作りの吊り下げ金具だそうですが、よくこれだけ作ったね…というのが正直な感想でしたョ。😅


植木鉢に嵌っている吊り下げの針金を外し、中の土を出し、集積場所へ搬送の繰り返し。

最初はクラクラしそうな量の植木鉢の数でしたが、徐々に片付いていきまして2箇所のビニールハウス内をクリーンアップ。

当初、一日がかりでは?と思えましたが、後半スピードアップしまして2時間ほどの活動で完パケに。


そうぼら活動報告2019/3/2①


気になっていた線量計も0.002μSv/hと全く問題のないレベルでした。

スクリーニング上で、靴裏などの放射線量も測定してもらいましたが、計器は無反応でしたからもう立ち入り制限は解除してもいいんじゃないかなと…思いましたョ。


帰還困難区域を出てから昼食休憩をとり、次なる現場にてんしーん。


ーーーーーーーーーーーーーーー


後段の現場は、昨年数回入った浪江町田尻地区のお宅。

全部完パケにしたと思っていましたが、一本残した桜の木と敷地端に残っていた潰れた小屋の撤去をしてほしいと、おかわり依頼が入ったとのこと。

大した作業内容でもなかったため、ちゃっちゃと片付けまして約1時間で全て完パケに。


そうぼら活動報告2019/3/2②


2箇所完パケにして、午後3時前には任務解除で解散へ。


帰りしなに浪江町の日帰り入浴施設に立ち寄り、さっぱりとしてから道の駅南相馬に転進し、無事着陸。


夜はボラ仲間と一緒に居酒屋で親交を深めて、おやすみなさい…😪zzz



3/3編に続きます→


theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

プロフィール

旅人macpapa

Author:旅人macpapa
50歳を機にアーリーリタイヤしました。
亡き妻との約束を果たすため「日本の自然と温泉を巡る旅」とボランティア旅に出ています。
以前のブログ「macpapaの日々是感謝
妻が書いていたブログ「ありがとう

主に一人旅人からの目線、感じたことを書いています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
旅人カウンター
旅人オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク