FC2ブログ

西日本豪雨災害ボラ・倉敷編第2弾①

2018.09.18.10:53


2018/9/15〜9/17

西日本豪雨災害ボランティア倉敷編第2弾を終えましたので、その記録です。


ーーーーーーーーーーーーーー


9/14(金)午後1時、倉敷へ向け自宅を出発。

渋滞情報を確認したところ、首都高速も大した渋滞がなさそうだったので、首都高速からINして一路倉敷へ。

途中の高速道路も目立った渋滞なく走行でき、日が変わる直前に岡山県の吉備SAにとーちゃーく。

走行距離は725Km、11時間の運転ですでにひと仕事終えたような気分…。シートを車中泊モードにセットししばし仮眠…。😪zzz…

セットしたアラームで目が覚め、ボラ活動用の服装に着替えてボラセンへGo!

駐車場に入り車を止めると、何やら見慣れた車と◯◯さんが視界に…。
あれ?ここは福島だっけ?と目をゴシゴシ…。🤔

◯◯さんも私に気づき、笑いながら話しかけてきまして、三連休だったのでボランティアに来たんですよとのことでした。

他にも、南相馬で何度もボランティアでご一緒した方も来ていて…改めてこの世界の狭さにびっくり…。


ーーーーーーーーーーーーーーーー


マッチングを受けた場所は、真備町服部地区。

ボラセンからすぐ近くで、決壊した(もしかしたら溢水かも)堤防が工事され、ブルーシートで補強されているのが肉眼で見える所でした。


ニーズをいただいたお宅は、一戸建ての新しめの造りの家。

室内の家財道具などは全て外に出されていて、ガラ〜ンと…。

こちらのお宅は水深でいうと約4m、最終的に二階床上1mあたりまで水没したとのこと。😳

当時、お一人で住んでいたお母様を、近くに住んでいた息子さんが早めに避難させようと車で連れ出し、その後、あっという間に水没、間一髪の救出劇だったとのことでした。٩( 'ω' )و息子ナイスプレー


依頼内容は、室内の石膏ボード剥がし。剥がした石膏ボードは土のう袋に入れ、集積所へというもの。

全て張替えするので、何も考えず引っ剥がして下さいとのことでしたョ。

何も考えなくていいのは良かったのですが、いかんせん1チームのみの5名で、部屋の数からすると人手が足りない…。

土のう袋も、すぐにいっぱいになってしまうため、効率が悪い…。

午前午後とひたすら石膏ボードを引っ剥がし、土のう袋に入れ搬送を繰り返しましたが、ふた部屋をやっつけるのが精一杯でタイムアップ。

全身石膏まみれで、おニューの濃紺そうボラTシャツも真っ白けになりましたが、無念の継続案件行きへ。😞


ーーーーーーーーーーーーーーー


出発前に気になっていた真備町の風景は、一カ月前とは見違えるように様変わり…。

前回までは、町中ところ構わず、空き地や道路の左右に積み上げられていた災害ゴミはほぼ解消。

前回来た時は、このゴミが片付く日はいつになるんだろうと思っていましたが、一見する限り、普通の町並み…という風景に戻っていました。

ただ、一戸一戸のお宅を見ると、室内はガラ〜ンとしていて生活感はなく、やはり全てが水没した町なのだなと…現実に引き戻されます。

発災から2カ月が過ぎましたが、復興にはまだまだ時間と人手が必要になりそうです…。(T_T)



2日目に続きます→




theme : 災害ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

プロフィール

旅人macpapa

Author:旅人macpapa
50歳を機にアーリーリタイヤしました。
亡き妻との約束を果たすため「日本の自然と温泉を巡る旅」とボランティア旅に出ています。
以前のブログ「macpapaの日々是感謝
妻が書いていたブログ「ありがとう

主に一人旅人からの目線、感じたことを書いています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
旅人カウンター
旅人オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク