FC2ブログ

大山阿夫利神社を参拝…遭難危機に見舞われる

2017.12.24.14:59



12月第4週の週末(12/23-24)は、いつも参加しているボランティア団体の本年中の活動が終了しているため、福島行きはなし。

除雪のボランティアを募集している所はないかといろいろ調べましたが、北海道や青森、秋田あたりではちらほらあるものの、いかんせん参加するには遠すぎまして断念…。

ボランティアに行かないと身体もなまってしまうので、登山しながら神社参拝ができる、神奈川県伊勢原市にある大山阿夫利(おおやまあふり)神社参拝を計画しましたョ。

大山阿夫利神社HPによりますと、創建は2200有余年前とされ、古くから関東総鎮護の霊山として信仰を集め、山野の幸を司る水の神・山の神として、更には海洋の守り神・大漁の神として信仰を集めている神社とのことです。

所在地とアクセス方法を調べますと、車よりも電車が便利そうだなと感じたので、今回は公共交通機関を使うことにけってーい。

午前8時、電車に乗って新宿に向けてGo!

都内に向かう電車に乗るのは2年ぶりくらいなので、妙に新鮮な気分…。😅

新宿で小田急線に乗り換え、次なる目的駅の伊勢崎駅へ。

1時間ほど電車に揺られて伊勢崎駅に到着し、路線バスに乗り換えて約30分ほどしますと大山ケーブル駅に到着。

IMG_0611.jpg

ここからケーブルカーに乗り換え、約6分で阿夫利神社駅にとーちゃーく。

IMG_0618.jpg

IMG_0619.jpg

自宅を出て約2時間半ほど…電車で参拝もけっこう大変ですな。😅

PC240763 (1)

参拝をすませ、御朱印をいただきましたが、ここは下社。本社はここから約2.2Km先の大山山頂にあるので、せっかくここまできたら本社もお参りしたい…。


時間は午前11時前で日没前まではたっぷり余裕もあるし、距離は2.2Kmとなっているので、大したことないのではと思いまして本社への道へGo!することに。→これが悪夢の始まりだったのデス…😓

下社から本社へのルートは、おもに、本坂と呼ばれる急坂だけど距離は短いルートと、眺めはいいけど距離は長い見晴台経由ルートの2つ。

IMG_0621.jpg

普通、参拝目的の方は本坂ルートを選択するそうですが、私めは龍神様を祀っている二重神社、二重滝を併せてお参りしたかったので、見晴台ルートを選択。→これもまた墓穴を深掘りする結果になるのでした…😓

IMG_0625.jpg

二重神社・二重滝までは比較的楽なコースであっという間にとーちゃーく。ただ、最近の少雨の影響からか滝の水量がほとんどなくチョロチョロ状態…。いささかがっかり感を感じながらも、見晴台を目指して山登り再開。

地図では見晴らし台へはたいした距離ではない…はずだったのですが、結構な急坂と足場も悪いため、すでに息も絶え絶え…。

見晴台に着いたのが約1時間半ほど経ったお昼12時半過ぎ。

IMG_0628.jpg

IMG_0627.jpg

景色はいいのですが、朝食を食べたきりで何も持たずに登山道に入ってしまい、すでにかなりの空腹感が…。

この状態で本社まで行けたとして、その後の下り道もあるのに大丈夫だろうか、ここで引き返した方がいいのではないかと激しく葛藤しましたが、ここまで来たのに本社に行かないという選択はないなと思い直して、再び本社方向に歩きはじめることに。

息も絶え絶えに雷ノ峰尾根、不動尻分岐を超え、途中、ハンガーノックのようになり、身体が動かなくなる寸前までなりましたが、ようやく山頂にたどり着いたのが午後2時過ぎ。

IMG_0631.jpg
↑よく見ると、後ろの雲の形が龍神様のようですな😊

IMG_0630.jpg

本社に参拝し、いま来た道を引き返すか、本坂と言われる急坂を下るかと考えていたところ、本坂方向に山頂茶屋があるとの看板をはっけーん。

なんだかほったて小屋のような作りの茶屋でしたが、背に腹は変えられずカップラーメンと焼きおにぎりを注文、地上で買えば200円もしないだろう、カップラーメンとレンジでチンする焼きおにぎりに700円支払い、貪り食いましたョ。

ただ、あまりに疲労困憊だったので、おにぎりの米が飲み込めないという症状となり、カップラーメンの残った汁におにぎりを入れてふやかして喉に流し込んで食べました。😅

とりあえず、これで空腹で倒れることはないだろうと、意を決して本坂を下るコースを選択して下山開始。


初めは、下りは楽だな〜と思いつつ下っていたのですが、思った以上の急坂と足場の悪さからペースが上がらずに悪戦苦闘…。

下りは下りで全体重が膝にきて厳しいな〜と思いつつ下っていたところ、足のふともも内側が攣った攣ったぁ〜と危うく坂を転げ落ちる騒ぎに…。😥

ふくらはぎの攣りは寝ている間にたまにありますが、ふとももの内側(内転筋)が攣るのは初めて…。しかもふくらはぎの攣りは伸ばせば治りますが、内転筋はどの方向に伸ばせばいいのか分からず悶絶…。

しばらく休んで、落ち着いたかと歩きだしても、10mも進まないうちにまた攣る、そのうち攣りが両足になるという無慈悲な展開…。

うーん、これは大山の神様に拒否られているのか…と本気で思ってしまいましたョ。😓

足の痛みを、だましだまし下山しまして、普通の倍以上の2時間以上かけて何とか下山。

両足が攣ってしまった時は、このまま日が暮れて山中で一泊しなきゃいけないカモ…下手すりゃ遭難騒ぎだなと思いましたが、何とか自力で下山することに成功…。

PC240764.jpg

下社に戻り、頂上本社参拝の御朱印をいただきまして、足を引きずりながらケーブルカーに乗り込み、行きと逆行のコースで帰宅、大山阿夫利神社参拝を終えました。


山頂の茶屋で軽食を食べられなければとか、下山途中両足が攣った時に何人かの方に声を掛けてもらって助けられたとか、思い返せば下準備の大切さや、日頃の鍛錬の必要性など、改めて意識させられた参拝となりました。


帰宅後、携帯の歩数計をチェックしたところ…
PC230762.jpg
上った階数175階分(1階分が3m計算だそうです)…って、スカイツリーを階段で上ったかのような数字で改めてビックリでしたョ。😅


今日は、氏神様に一年間のお礼参りに行こうかと考えていたのですが、足の筋肉痛がひどく、出歩けませんでした。←鍛錬不足デス😓



2017年も残すところあと一週間…。拙いブログにお付き合い下さいまして、ありがとうございました。


2018年もボランティア中心の内容になるかと思いますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。


ご家族揃ってよい年をお迎え下さいますように…。


それではまた来年!


theme : 日記
genre : 日記

福島ボランティア第26回目、27回目

2017.12.18.14:56


2017/12/16-12/17

福島ボランティア本年26回目、27回目を終えましたので、その記録です。

ーーーーーーーーーーーーーー

2017年も残すところあと半月…。

いつも参加するボランティア団体の年内活動も12月第三週で最後とのことなので、有終の美を飾ろうと土日2日間の参加申し込みをして福島へGo!することにしましたョ。


前日12/15(金)午後6時に装備品や着替えなどを車に積み込んでしゅぱーつ。

午後6時出発となると、到着予定時刻は日が変わった午前2時過ぎ…今日も厳しい闘いになりそうですな。

途中、夕食休憩やトイレ休憩をはさみ、南相馬へは午前2時ちょっと前に到着。

燃料ゲージが半分以下になっていたので相馬方向に約20Kmほど更に北上して、24時間営業のGSでガスを満タンにしてから再度道の駅「南相馬」に戻ったのが午前2時半。←以前ガス欠で痛い目にあったので、給油は余裕を持って行っているのです

すぐにシートを車中泊モード切り替えてSleepingターイム。😪zzz…


ーーーーーーーーーーーーーーー


集合時間にギリギリ間に合う時間まで仮眠をとりまして車外に出ると、空気がみょ〜に生暖かい…。外気温表示を見ると気温は7℃となっていて、冬の東北とは思えないほどの気温でしたな。

洗面・着替え・昼食の買い出しをして集合場所にGo!


活動場所は、浪江町の郊外のお宅。建物はすでに解体されていて、敷地奥にイグネや杉などが3〜40本ほど残っている状態でした。


参加人員は男性のみ10名。華はありませんがイグネ類の全伐採となると、力仕事が主なのでこれはこれで良かったかも…。


倒木グループと搬送・片付けグループで手分けして作業にあたりまして、私めはひたすら伐採した枝や玉切りした幹などを運びまして、約20本ほど処理した時点でタイムアップ。


残りは次回持越しということで継続案件となりました。


現場を後にして、日帰り入浴+洗濯+夕食を済ませた後、ボランティア有志の忘年会に顔を出し、その後、車中泊でしゅーしーん。😪zzz…


ーーーーーーーーーーーーーーー


携帯アラームで目を覚まし車外に出ると、昨日とはうって変わって刺すような冷え込んだ空気感でびっくり。外気温を見ると気温は1℃…。😲昨日と変わりすぎ…

うぉ〜さみぃ〜とダウンジャンバーを着込み、洗面・朝食・昼食の買い出しをして集合場所へGo!

2日目の集合場所は、同じ浪江町の郊外のお宅。建物は残されていましたが、敷地奥に鬱蒼と、竹とイグネ類が密生しているような状態でした。

今年最後の活動ということもあり、参加人員は多く、男女併せて20名。ひと現場に20名というのは、ちょっと圧巻の眺めでしたョ。


20名いるので、木や竹の伐採班と刈払機の草刈り班、搬送班に分かれることに。

私めは、手首の状態もほぼ回復したので、とりあえず刈払機でお試し作業ということで草刈り班にIn。

久しぶりの機械担当で新鮮な気持ちで作業に従事していたのですが、なにせ気温が低く、強風吹き付ける悪天候が最悪…。


作業中、白いモノが視界に入ってきまして、チェーンソーの切りカスが飛んできたのか?と思って回りを見回すと、切りカスではなく雪…。それも結構な勢いで吹きつけて来まして、作業中はうっすらと汗をかきますが休憩すると震え上がるという最悪の作業環境…。😓


昼食後しばらくすると、以前伐倒木の下敷きになり、救急搬送された女性が差し入れを持って顔をだしてくれました。

コルセットをしているとのことでしたが、一人で歩けて、一人で運転して来たとのことで、想像以上に早い回復具合で一安心しました。

おまけに重い物は運べないけど掃除はできますと、切った枝葉のかき集めなどを最後まで手伝ってくれまして、凄まじいボランティア精神だなと感服しましたョ。😅


活動エリアが広いので、午後3時にタイムアップ。残りは継続案件行きとなって、今年最後のボランティア活動終了となりました。


参加しているボランティア団体の活動が無いため、今年のボランティア参加回数は27回参加で打ち止め…の予定です。もしかしたら、除雪ボランティア募集などの緊急案件があれば、そちらに行くかもしれませんが、とりあえずはボランティアネタでの更新は、今回で最後ということになりそうです。(神社巡りなどあれば更新します)


年も押し迫ってきました。良い年をお迎えくださいますように。


それではまた。

神社巡りと福島ボランティア本年25回目②

2017.12.12.16:36



鹿島神宮の参拝を済ませると、日は完全に暮れた午後5時過ぎ…。改めて道の駅「南相馬」にナビをセットしますと、距離にして約200Km、到着予定時刻は午後10時…。😓長い闘いになりそうですな…

途中何度か休憩をはさみ、南相馬へは、予定時刻と変わらずの午後10時過ぎにとーちゃーく。

神社巡りと合わせると400Km弱の走行となったので、チト疲れましたな。

すぐにシートを車中泊モード切り替えてSleepingターイム。😪zzz…


ーーーーーーーーーーーーーーー


集合時間にギリギリ間に合う時間まで仮眠をとり、洗面・着替え・昼食の買い出しをして集合場所にGo!


集合場所は、浪江町の市街地のお宅。建物はいまだ解体されず残っていて、枯れた雑草が生い茂っている状態でした。


参加人員は7名。依頼内容は庭に生えている木蓮の伐採ということでしたが、庭全体の状態が悪いのでリーダー判断で、雑草の除去も行うということになりました。


とはいえ、敷地自体はこじんまりとしたお宅だったので、雑草除去まで含めて1時間足らずで任務完了。


休憩後、次の現場にてんしーん。



後段の現場は郊外の大きな敷地のお宅。敷地外周にぐるりといぐねなどが取り囲んでいる状態でした。

依頼内容は、敷地外周のイグネ類の全伐採。ただし、本数が多いため、何回かに分けて作業に入る予定とのことでした。

細かい草木などはないため、フレコンバッグ入れはなく、伐採したものを山積みにするのみで、作業自体は捗りますが、いかんせん本数が本数のため、約10本ほどのイグネ類を伐採、処理した段階でタイムアップ。

残りは次回以降に継続となりました。


来週参加されない方と一足早い、年末の挨拶を交わしまして現場を後に。


帰りの道中、いつもの日帰り入浴施設(湯楽の里ひたち店)で汗を流し、着替えを済ませて午後11時過ぎに無事帰宅。
本年25回目のボランティア活動を終了しました。


何とか、最低限の25回参加はクリアできたので、今週末の天気を見て、本年最後のボランティア参加としたいと思います。



それではまた。

妻の命日+神社巡り+福島ボランティア25回目①

2017.12.11.20:34


今年も亡妻の命日を迎えました。

生前、好きだったガーベラの花束を墓前に供えまして、子供たちや孫2人の近況、私めの近況も併せて報告してきましたョ。

今年でちょうど10年が経過…。もう10年なのか、まだ10年なのか分かりませんが、まだ私めのお迎えは来そうにないので…全力で人様のお力になれることをしようと思っています。


ーーーーーーーーーーーーーー


2017/12/9-10


神社巡り+福島ボランティア本年25回目を終えましたので、その記録です。


ーーーーーーーーーーーーーー


東京の富岡八幡宮での事件…報道速報で知った際には、神社の直近で通り魔事件?と訝しんでいたところ、宮司職を巡る姉弟の血で血を洗う争いだと分かり絶句…。😰

富岡八幡宮自体は参拝したことはないのですが、それにしても目に見えない世界を知っている立場の神職が、人間臭いお金とポストに目がくらんでの尊属殺人を起こすとは…神様もさぞやお嘆きのことではと思います。

個人的には神社巡りが大好きで、最近は御朱印を集めるということにもハマり始めているので、なんだかな~と思いましたが、いや、こんな時こそ神社で祈りを捧げるべきと思いまして、土曜日を神社巡りをしながら北上、翌日曜日をボランティアにあたろうと計画しましたョ。

神社ガイドブックで検討したところ、千葉県野田市にある櫻木神社から茨城県に向かって東国三社と言われる香取神社・鹿島神宮・息栖神社をお参りして、その後福島へ向かうコースを選定。

ボランティアの参加準備をし、プラス神社巡りの準備をして12/9午前10時にしゅっぱーつ。


道も空いていまして1時間ほどで櫻木神社にとーちゃーく。

IMG_0583.jpg

名前の通り、至る所に桜のマークが使われている可愛らしい神社でした。

IMG_0586.jpg

トイレなども綺麗に整備されていて、とても気持ちのよい神社でしたョ。

IMG_0604.jpg

御朱印もいただきまして、次なる目的地香取神宮にてんしーん。



香取神宮へは40Kmほどあり、途中ちょっとした渋滞もあったことから到着したのが午後2時過ぎ…。あと3社回るのに大丈夫か?俺。😓

IMG_0590.jpg

こちらは歴史感漂う重厚な雰囲気の神社でした。

IMG_0595.jpg

IMG_0605.jpg

お参りと御朱印をいただき、次の目的地息栖神社にGo!



息栖神社に到着したのが日がだいぶ傾いた午後3時半。

ガイドブックでは社務所のオープン時間が午後4時までとなっていたので、間に合った〜と参道を進みますと、すでに参拝者はゼロ…。

本殿への参拝は可能でしたが、社務所はすでに真っ暗…。むむ…午後4時までオープンしているはずなのだがと見渡すと、張り紙があり「参拝者の状況で早期に閉める場合があります」との注意書きが…。

ここまで来たのに…とがっかりしましたが、あくまでメインは参拝だと思い直しまして、しっかりお参りしてきましたョ。



このままだと鹿島神宮も閉まってしまうかもと、急いで向かいまして午後4時15分に駐車場に到着、係員に確認しますと社務所は4時半に閉まりますとのことで参道をまっしぐら…。

IMG_0603.jpg


IMG_0602.jpg

本来ならば参拝してから御朱印をいただくのが順番なのですが、背に腹は代えられないと、先に御朱印の申込をしまして出来上がりの間に本殿への参拝をさせていただきました。

IMG_0606.jpg

御朱印も無事ゲット。

なんとか目標のお参りツアーをこなしまして、改めて福島県に向けてGo!



ボランティア編に続きます→

福島ボランティア本年23回目・24回目

2017.12.04.19:33


2017/12/2-3

福島ボランティア本年23回目・24回目を終えましたので、その記録です。

ーーーーーーーーーーーーーー

12月のボランティア活動予定が送られてきまして、それによると、今年の活動も残すところ、第一週・第二週・第三週の各土日の6回のみ。

今年は年の途中で負傷退場してしまった期間があり、年間目標の50回参加には遠く及ばずとなりそうですが、せめて目標の半分(25回参加)は超えたいと、土日の2日間のフル参加で申込をすませて福島へGo!することに。


着替えや装備品を準備、現地は冷え込んでいるとの情報からいつもより1枚毛布を多く積み込み、前日12/1金曜日の午後6時にしゅっぱーつ。


土曜日朝からのボラ参加はハードスケジュールですが、このさい贅沢などは言っていられません。


道路は比較的空いていて、午前0時半過ぎにとーちゃーく。7時間かからなかったのは久しぶりカモ…。


すぐにシートを車中泊モードに切り替えてSleepingターイム。😪zzz…


ーーーーーーーーーーーーーーー


集合時間にギリギリ間に合う時間まで仮眠をとり、洗面・着替え・昼食の買い出しをして集合場所にGo!


活動場所は、浪江町の郊外のお宅。すでに建物は解体済みで砕石が敷き詰められている状態でしたが、外周との境に草や篠竹などが鬱蒼と伸び盛っていました。


参加人員はいつもより少ない6名(後から1名合流)。依頼内容は篠竹、草刈り、残っている庭木は一部を残し伐採という希望。


当初気づかなかったのですが、土地の奥行きがべらぼーに広く、しかもジャングルのようになっていてこれは難敵…。

刈払機で草や篠竹を切り、その切った物はフレコンバックに入れるというもの。風で飛びそうにない庭木類は山にしておけばいいのですが、風で飛んでしまうものは従来通りフレコンバックに入れなければならないのです。😥これが手間なんですわ


午前午後とひたすらフレコンバック入れに詰め込み、午後3時半にすべて片付け終えまして任務完了。

継続案件にならず良かったねとリーダーもニッコリしてましたョ。


早い時間に現場を後にできたため、そのまま日帰り入浴施設へてんしーん。
午後4時前に入館できたので、先客は1名のみ。綺麗なお湯の状態で入浴することができましたョ。

基本的に、除染作業員などの肉体労働者が多く使う施設なので、混んでいる時間帯に行くと、湯に細かいゴミや垢などが浮いている時がある…と感じる時もあるのです。😓

入浴を終えて着替えていますと、団体が到着したようで、あっという間に更衣室は満員。早く来て大正解!という結果でしたな。

入浴後、洗濯・夕食をとって、早めにSleepingTIME。😪zzz…



ーーーーーーーーーーーーーーー


夜はグッと冷え込みまして、余計に持ってきた毛布が大活躍。

昼間の疲れもあって、アラームで目が覚めるまで爆睡…。

起床後、洗面・朝食・昼食の買い出しをすませて、2日目の集合場所にGo!



2日目の集合場所も、前日の活動場所に近い浪江町の郊外のお宅でした。

これまたひろーい土地の個人宅ですが、家は解体されて敷地の一部にイグネなどが10本ほど残っている状態でした。

参加人員は10名くらい、依頼内容はイグネ全伐採、笹竹のカットなどでしたが、現場を見た時点では、この本数ならば結構早く終わるか?とも思えたのですが、作業を始めるとイグネや樫の木などが思った以上の成長をとげていて、なかなかすすまなーい。

玉切りした幹一つでも、一人では持ち上がらないほどの重さで…二人で一輪車になんとか乗せて、そこから集積所に積み上げるという、苦行のような活動となり、息も絶え絶えでの情けない姿を晒してしまいましたョ。😩

途中で2名ほど応援が入り、午前・午後と活動に従事しまして、日が落ちる寸前の午後4時に全ての依頼内容をこなして活動終了。初日に続き完了案件とすることができました。

リーダーも2日間ともに完了案件でよかった〜としみじみ…。

私めも、微力ながら貢献できたのかなと充実感に包まれての帰宅となりましたョ。



いつも立ち寄る、日帰り入浴施設(湯楽の里ひたち店)で汗を流し、着替えを済ませ、日が変わった午前0時前に自宅に無事とーちゃーく。本年23回目、24回目のボランティア活動を終了しました。


残り2週で最低1回は参加して、25回参加をクリアしたいと思います。


それではまた。

プロフィール

旅人macpapa

Author:旅人macpapa
50歳を機にアーリーリタイヤしました。
亡き妻との約束を果たすため「日本の自然と温泉を巡る旅」とボランティア旅に出ています。
以前のブログ「macpapaの日々是感謝
妻が書いていたブログ「ありがとう

主に一人旅人からの目線、感じたことを書いています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
旅人カウンター
旅人オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク