南相馬ボランティア47回目48回目 今年最後の活動でした

2016.12.26.19:19



2016/12/24~12/25
自家用車利用

南相馬ボランティア47回目48回目を終えましたので、その記録です。

ーーーーーーーーーーーーーー

クリスマスウィークの週末は3連休…2泊3日でフルにボランティア参加も考えたのですが、さすがに自分の家のこともやらねばと、天皇誕生日の12/23は、午前中に自宅の大掃除をしまして午後から出発、土曜・日曜の2日間の参加として南相馬に向けてGo!

覚悟していたとはいえ、出発が遅くなればなるほど国道6号線の通行量は多くなり、ところどころ渋滞も…。

南相馬への到着は午後9時過ぎで、今日も疲れた~と道の駅に駐車場所を確保し、車中泊モードに切り替えてのんびり…。

ゲオで借りてきた、去年のガキ使「絶対に笑ってはいけない大脱走24時」に大笑いしながら、午後11時には、寝袋にもぐりこんでスリーピングターイム😪zzz…


ーーーーーーーーーーーーーーー

そこそこ冷え込んだものの、道の駅の利用車自体少なく、静かで快適な一夜で、セットしたアラームが鳴るまでぐっすり…。

洗面と着替え、朝食を済ませてボラセンにGo!



朝礼後に受けたマッチングは男性4名女性2名の6名のグループ分けで、室内外の清掃という内容…。

室内清掃とは、避難されていて帰還するためなのかなと思いつつ、現場に向かうと、庭なども綺麗に整備された大きな個人宅…。

依頼者さんも戻られていて挨拶しますと、高齢のおじいさんの一人暮らしとのことで、清掃箇所の確認をするため室内に入りますと、どの部屋も片付いていてとても綺麗な状態…。

これは我が家とは比較にならないほど片付いていますが、どこを清掃するんだろうと依頼者さんの意向を確認しますと、床の掃除機かけと家具類のホコリ落としをしてほしいとのこと…。

災害ボランティアというより、介護ヘルパーの延長依頼のようだなとも感じましたが、センターとして正式に請けた依頼なので、掃除機をかけ、ホコリ落とし、依頼外でしたがトイレなど水回りの清掃をしまして約1時間で任務完了。


ーーーーーーーーーーーーーー


依頼者さんも納得していただいてセンターに帰所、後段任務は、家屋に後づけした仮設部屋の解体・撤去との内容で、同じメンツで現場にGo!


現場に到着しますと、平屋の小ぶりな一戸建て市営住宅。敷地の奥に後から増築した部分がありまして、市営住宅を返すにあたって増築した部分を撤去したいとの依頼。

雑木の奥、トタン壁の増設部分を撤去します↓
PC240650.jpg

後づけのひさしも撤去↓
PC250651.jpg

建物自体は古く、また、とても住める状態ではないため、いずれは解体となると思われるので、その時に一緒に壊してしまえばいいのでは?と思うのですが、お役所仕事で現状復帰を求められたのだろうと推察。

午前中の清掃も含め、災害ボランティア…というより便利屋さん的な活動だなと感じましたな。😓難しいね

解体作業自体は、何も考えずの全撤去だったので、トタン屋根をはがし、天井・壁をぶち抜き、柱を切断してフレコンバックに詰めるの繰り返し。

午後4時過ぎまで解体・撤去作業を行いましたが、3分の1を残して時間切れでセンターに帰所。継続案件として報告し、初日(47回目)のボランティアを終了。

終礼後いつものルーティーンワーク(入浴・洗濯・食事)のため、道の駅近くのビジネスホテルに転進、洗濯物の乾燥が終わり、午後8時過ぎに道の駅にIN。

前夜の続きで、ガキ使DVDでまったり過ごし、眠くなったところで2夜目のスリーピングターイム。😪zzz…


ーーーーーーーーーーーーーーー


朝、目が覚めますと空気感が今までとは違っていましてキーンとした冷えっ冷えの感覚が…。

寝袋にくるまっていますと感じなかったのですが、車外に出ますと手がかじかみ、耳まで痛い…。

車体屋根部分が凍りついてマス↓
IMG_0311.jpg

うお~寒みぃ~と、ふるえながら後部ハッチバックドアを開けた状態で寝袋などを片付けていますと、数分のうちに結露していた水分が凍りついてガラス全体が凍結するという驚きの現象が発生…。😨

車内側のガラスが凍ると、その後暖房で氷が溶けた際に車内に水滴が落ちまくるという悲惨な状況になるので、曇り取りのスイッチを入れて溶けるとウエスで拭き取るという、地味ながら面倒な作業がプラス。次回からは、まず最初に窓ガラスの結露処理からだなと思いましたョ。😅

余計な作業がプラスしたことで、いつもより出発が遅れてボラセンにてんしーん。


ーーーーーーーーーーーーーーー


朝礼後に受けたマッチングは、前日後段の家屋解体の続きということで、前日からのメンバー+入れ替わりのメンバーで、男性5名、女性1名の計6名のグループ分け。

勝手知ったる場所と活動内容なので、チャチャッと作業をこなしまして、午前中で任務完了。資材撤収と清掃をしてボラセンに帰所。

増築部分を撤去完了↓
PC250657.jpg

ひさし部分も撤去完了↓
PC250655.jpg

昼食をとりながら後段任務待ちしていますと、やがて指示された内容は、ガ~ンなセンター整備作業…。被災者さんからの依頼が無いなら、いっそ帰してくれーい…と思ってしまいましたョ。😓遠いし…

6名でそれぞれ手分けをしまして、大火となった新潟県糸魚川社協への支援品(マスク1万枚)を箱詰めして発送、不用品廃棄、仮設トイレの目隠し壁の設置準備などを行い、午後4時で活動終了に。

クリスマスも関係なく参加した今年最後のボランティア活動でしたが、ちょっと不完全燃焼気味な内容に終わってしまい残念な結果でした。


ーーーーーーーーーーーーーーー


ボラセンの活動自体は、年内まだ2日間ほどあるのですが、週末ではないため今年のボランティア参加については今回で最後。

今年の活動回数については
 福島県南相馬(東日本大震災関連) 48回
 茨城県常総市(鬼怒川決壊関連)   2回
 宮城県気仙沼市(行方不明者捜索) 1回
の計51回でした。

回数が多ければいいという訳ではないですが、50回を超える参加ができたのは良かったなと思っています。

心残りといえば、熊本地震には参加できなかったことで、それだけは残念だったのですが…。



糸魚川の大火では、たった1軒からの出火で140軒もの延焼になるなど、自然災害のみならず、いつ何時、平穏な日常が一瞬で奪われてしまうかも分からないんだと思い知らされました。


平穏な日常を送れる幸せに感謝しつつ、来年も微力ながら、人様の手助けができますよう頑張りたいと思います。



今年1年間、ブログを御覧になってくださった皆さま、さらにコメントを頂戴した皆さま…大変ありがとうございました。

拍手の数に喜び、コメントが入ると勇気をいただくことができ、今年1年頑張ることができたと思っています。この場をお借りして、改めて御礼申し上げます。



よい年をお迎えくださいませ。(⌒▽⌒)ノ

theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

南相馬ボランティア46回目 外向きの仕事をしたーい

2016.12.19.19:11



2016/12/18
自家用車利用

南相馬ボランティア46回目を終えましたので、その記録です。

ーーーーーーーーーーーーーー

46回目のボランティアは、土曜日に所用ができたことで参加できるのは日曜日のみ…。所用を済ませてから、前日の12/17お昼過ぎにしゅっぱーつ。

福島まで行く手間と時間を考えれば、本当は土日と連続参加したいところでしたが、致し方なし…。

何時に着いても構わないので、ゆったりとした気持ちでハンドルを握りましたョ。


南相馬には午後8時前にとーちゃーく。道の駅のお気に入りの場所に駐車場所を確保し、車中泊モードに切り替えてまったりターイム…。

ゲオで借りたDVDを見ながら時間をつぶしまして、午後11時には、寝袋にもぐりこんでスリーピングターイム😪zzz…


ーーーーーーーーーーーーーーー


寝る時点ではそうでもなかったのですが、朝アラームで目が覚めますと、車体が霜に覆われ、外気温は氷点下1℃…。

隣の車などをみますと、蓑虫のように着込んで仮眠をとっているようでしたが、私が今シーズンから使っている寝袋は全く寒さを感じることなく、問題ナッシング…。

さすが冬山完全対応のジャパンクオリティ。念のためと車に積んでいる毛布も、次回からは下ろして荷物を減らそうと思っています。😊いい買い物でした

洗面をすませ、ボランティアの正装「ツナギ」に着替えてボラセンにGo!


ーーーーーーーーーーーーーーー


朝礼後に受けたマッチングは、室内からの廃家財の搬出・庭の雑木伐採という内容で男性5人のグループ分け。

場所も近場で、あっという間に廃家財の搬出完了。雑木も手ノコで切れる細さのもの1本のみで、30分もかからず全ての任務完了…。


次はどこの現場かな〜とセンターに戻り、センター長から言われた後段任務は、まさかの仮設のボラセン整備作業…。聞いた瞬間に思わずがっくり…。😓マイッタね

少しでも被災された方の役に立ちたいと、7時間も8時間もかけて福島県まで出向いているのに、内向きの仕事をやるとなると、正直なところがっかり感に苛まれます…。😔

草むしりでも瓦礫拾いでも何でもいいですけど、外向きの仕事がしたいぞ…。


ーーーーーーーーーーーーーーー


やった作業は、鉄管と透明な波板に覆われた壁にドアを取り付けるという内容でして、ドアから何から全部自分たちで作れとの無茶っぷり…。

人が通れるサイズに壁を切断し、その切断したものを扉にして蝶番で固定するという、まったくの未経験の作業内容で、あーでもない・こーでもないと試行錯誤の末に不格好ながら、何とか扉らしきものを取り付けて任務完了に。

一応柱に固定できましたが、素人作業なので、いつ壊れるかハラハラしてます。😰


センター長いわく、こういう知識も持っておかないと、震災が起こった時に仮設のボラセンなどを立ち上げる時に困るんだとのこと…。

なるほどとは思いましたが、やっぱり不完全燃焼の思いは拭いきれませんでしたな。



活動報告をし、センター長にマッサージを施して46回目の南相馬ボランティア活動を終了、帰宅の途につきました。


時折りラジオから流れてくる、レアル・マドリードと鹿島アントラーズの途中経過に一喜一憂しながらハンドルを握りまして、日が変わる直前に無事自宅到着。


ーーーーーーーーーーーーーーー


今週末は世間ではクリスマスウィーク…。テレビなどは、クリスマス特番やクリスマスソングなどが頻繁に聞こえてくる時期になりました。

家族全員で過ごしていた頃は、次男坊のクリスマスケーキ落下事件などが思い出されますが、今年は福島で過ごすクリスマス…になりそうです。


皆さまにとって、よいクリスマスになりますように…。



それではまた。(⌒▽⌒)ノ



theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

南相馬ボランティア45回目と亡妻命日

2016.12.11.22:20



2016/12/10
自家用車利用

南相馬ボランティア45回目の記録と、亡妻の命日に関する記録です。

ーーーーーーーーーーーーーー

今週のボランティアは日曜日(11日)が亡妻の命日で墓参りを計画していたので、参加できるのは土曜日のみ…。

天気を調べますと冷え込む予想ながら雨の心配はなさそうと、土曜日一日参加で申込みをすませ、12/9午後7時過ぎにしゅっぱーつ。

久しぶりの金曜日の夜出発、土曜日深夜帰宅の弾丸ボランティアツアーで、厳しい日程かもと思いつつハンドルを握りましたョ。

日が落ちてヘッドライト頼りの運転でしたが、車の流れ自体はスムーズで、6時間かからず午前1時前には南相馬にとーちゃーく。

受付時間まで寝袋にくるまってお休みなさい。😪zzz…


ーーーーーーーーーーーーーーー

予報より冷え込みもなく、快適な睡眠ターイム。携帯のアラームで起床し、洗面・朝食をすませてボラセンにGo!

朝礼後に受けたマッチングは先週の43回目ボラで派遣された同一現場でして、残った雑木、竹などを伐採し仕上げをせよとの内容。

先週苦労した崖地の立木伐採はなく、敷地周囲の雑木や竹の伐採、片付けで、作業内容自体は楽といえば楽なのですが、2本ほど伐採した立木が難敵だったのです。

最初の伐採木が10mもない高さの樹木で、半分腐っているのか?という表面だったので、このくらいならすぐに切れそうと安易に手を出したところ、後で分かったのですがこれが樫の木と判明…。

今までは杉や松などで比較的楽に切れたのですが、樫の木は木刀などにも使われるなど、木質の堅さ・密度が半端ない…。

ヘタにチェーンソーを入れてもなかなか刃が入っていかず、アクセルを全開にしても刃が噛み込んでストップしたり、玉切りの際に刃がはじかれることも…。

切り倒しまでは何とか上手くいったのですが、玉切りが強敵で、力を込めて切っていたところ、勢い余って地面までこすってしまいあっという間にソーチェーンが切れなくなってしまいました。


ーーーーーーーーーーーーーーー


予備のソーチェーンに交換し1時間ほどかけて何とか玉切り搬送を終えますと、依頼者さんが「この木蓮も切ってほしいのですが…」との新たな依頼が…。

依頼者さんが指差す方向を見ますと、高さ15mくらいの立派な木蓮がそびえ立っていまして、蕾もたくさんつき花が咲けば見事ではという状態でしたが、駐車場にする場所なので伐採してほしいと…。

周りを確認しても倒木で被害がでるようなものは無かったので、では切りましょうと切り始めたのですが、これがまた樫の木ほどではなかったものの、密度がみっちりしていてかったーい木質だと判明…。

白っぽい木の色で、見た目からは柔らかそうだなと思いましたが、切ってみないと分からないものですな。😅勉強になります

残りの時間は、竹の伐採、搬送、片付けなどを行って活動を終了。任務完了案件として報告することができました。

PC100643.jpg

PC100645.jpg

PC100642.jpg


センターに戻り、センター長ともうお一人にマッサージを施して45回目の南相馬ボランティア活動を終了、帰宅の途に。


帰りの道中は、渋滞もなくスムーズだったのですが、やはりハードスケジュールだったのか、猛烈な眠気に襲われまして、途中、2時間ほどシートで仮眠をとりながら、午前2時過ぎに自宅到着となりました。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


翌12/11は、亡妻の命日。亡くなってから丸9年が経過、10回忌を迎えました。

生前、好きだったビールと好きな花を供えてお墓参りに…。

子供たちは仕事などで都合がつかず、私一人でのお墓参り…。その分、時間をかけてこの1年間の子供たちの近況などをじっくりと話してきましたョ。


せめて子供たちが成人するまでは自分の目で見守りたいと、辛い治療にも耐えていましたが、まだ手のかかる年ごろの子供3人を残して、一人旅立つ妻の気持ち、無念さはいかばかりだったかと…。

今際の際に「子供たちのことを頼みます」と振り絞るようにして、私に託して旅立っていきましたが、その思いに応えられたのかどうか、日々反省してます…。

あの世というものがあるならば、また逢いたいと今でも思っているのですが、その時に笑顔で迎えてくれるのか、悲しい顔をされるのか、あるいは呆れて会いにも来てもくれないかもなと思ってしまうことも…。

来年の命日には、もっと胸を張っていい報告ができますよう頑張ります。



それではまた。(⌒▽⌒)ノ


theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

南相馬ボランティア43回目44回目 サスケ会場…?

2016.12.05.19:42



2016/12/3-12/4
自家用車利用

南相馬ボランティア43回目44回目を終えましたので、その記録です。

ーーーーーーーーーーーーーー

11/22に発生した福島県沖地震の影響を考えて、先週はボランティア参加を自重。

毎週末恒例となっている福島県行きを取りやめますと、どうにも週末のリズムが狂ってしまい、落ち着かない週末を過ごすことに。

それにボランティアにでも行かないと、誰とも会話せず独り言をブツブツ言いそうになるので、12月第1週は絶対に行くぞ行くぞと決めていたのです。

気になるお天気を調べますと、土日とも問題なさそうなので土曜日半日+日曜日一日参加で申込みをすませ、12/3午前6時半にしゅっぱーつ。

ーーーーーーーーーーーーーー

午前6時前に出発できれば楽なところだったのですが…チト失敗。😥

途中、コンビニおにぎりをかじりながら南相馬に向けてひたすら走りますと、1時間遅れの午後1時過ぎに南相馬へとーちゃーく。

急いでボラセンに飛び込みますと、現場調査に出る直前のセンター長に会うことができまして、立木伐採現場に応援に入るよう指示を受けてすぐに現場にてんしーん。

ーーーーーーーーーーーーーーー

現場に到着後、すでに午前中から作業に当たっている方たちに挨拶し、作業内容を聞きますと、伐採した立木の玉切りや枝切りだとのこと。

すでに数本の木が倒されていたので、チェーンソーを使って玉切り枝切りに汗を流しましたョ。

最近ではチェーンソーの使い方にも慣れてきまして、目立ても(一応)できるようになり、諸先輩方からも「良く切れるチェーンソーだね。目立てが上手いんだね。」とお褒めの言葉をいただけるようになったのですヨン。😊

3時間ほど現場で汗を流しまして、30m級の杉の木2本分を玉切りして枝を集めて活動終了。継続案件となりました。

センターに戻って、センター長にマッサージを施して初日の活動を終了。

今夜の宿泊先の道の駅に戻りながら、日帰り入浴、洗濯、夕食を済ませてシートを車中泊モードにチェ~ンジ。

新しく購入した羽毛の寝袋にくるまってお休みた〜いむ😪zzz…


ーーーーーーーーーーーーーーー


寝る前の気温は10℃。このくらいの気温の車中泊ですと、購入した羽毛シュラフはオーバースペック。
ジッパー全閉ですと、あっつい~とチャックを半開にして寝ていましたが、朝方の冷え込み時(3℃〜4℃くらい)には、チャックを全閉で快適…という感じでした。一応毛布も積んでいったのですが、全く必要はなかったですな。


道の駅の利用者も少なく静かな夜で、翌朝はセットしたアラームで起床。洗面、朝食を済ませてボラセンにGo!


ーーーーーーーーーーーーーーー


朝礼時に受けたマッチング内容は、私有地内の竹の伐採と枝葉のチッパーがけという内容。

現場に行きますと、以前、草刈りで来たことのあるところで、今回は敷地境の竹の伐採…。震災復興というより、単なる便利屋のような依頼内容になっているのでは?と感じがありましたな。😒

以前の活動写真(2016/8/29)
P8280495.jpg

それにしてもひっろーい敷地でして、伐採場所に行くのにもロープを伝って崖地を降りていくような場所も…。こりゃ大変だ😨

見渡す限りすべて作業エリア↓
IMG_0301 (1)

この枝をチッパー掛けせよとのこと↓
IMG_0298 (1)

しかも、伐採した竹は、高台の母屋横まで20m以上引き上げるという、東北版サスケ会場ですかといった雰囲気でしたョ。

午前午後と伐採・引上げ・チッパーがけ・清掃と汗を流しまして、最後はツナギや帽子のツバから汗が滴り落ちるほどの運動量となりまして、ヘロヘロになって作業終了。

作業エリアが広すぎ、継続案件となりましたが、ここを終わらせるのは相当な人数と期間が必要となりそうですな。


ボラセンに帰り、終礼をして43回目44回目のボランティア活動を終了、帰宅の途に。


帰りの道中は、渋滞もなくスムーズに帰り着きまして、日が変わる前の自宅到着となりました。


来週は、日曜日が亡妻の命日なので、ボランティアに行くとすれば土曜日のみになりそうです。


ーーーーーーーーーーーーーーー


横浜と新潟で、福島から避難し、転校していた児童が「放射能」「原発がクラスに来た」「菌が感染る」「保証金をもらっているだろう」などといって、クラスでいじめられていたとのニュースがあり、本当にひどいことが起こっているんだなと…。

まあ、私自身の小学生時代のことを思い出しても、いじめが無かったとは言いませんし、下手にとめれば自分がいじめられる対象になるかも…という気持ちになるのも分かります。分かりますが、福島の現実を見れば、なんてひどいことをするんだと…暗澹たる気持ちになります。

一度でも福島でボランティアに参加すれば、自宅が無事でも避難生活を送らざるをえなかった悲劇や、避難先住宅の狭さ、過酷さを感じることができたでしょうし、その福島から避難してきたと分かれば、優しくしかできないと思うんですけどね…。


相手の気持ちを思いやれる優しい社会になりますように…。😌


それではまた。(⌒▽⌒)ノ

theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

プロフィール

旅人macpapa

Author:旅人macpapa
50歳を機にアーリーリタイヤしました。
亡き妻との約束を果たすため「日本の自然と温泉を巡る旅」とボランティア旅に出ています。
以前のブログ「macpapaの日々是感謝
妻が書いていたブログ「ありがとう

主に一人旅人からの目線、感じたことを書いています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
旅人カウンター
旅人オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク