南相馬ボランティア27回目28回目 訓練放送に驚かされて…

2016.09.26.14:54



2016/9/24~25
自家用車利用

南相馬ボランティア27回目、28回目を終えましたので、その記録です。

ーーーーーーーーーーーーーーー

長雨が続いている中、福島県の天気予報を日々チェック…。

今年特有なのか、毎年そうなのか分かりませんが、福島の天気予報はコロコロとよく変わりまして、特に週間予報は全くあてにならず、ひどい時には朝の発表と夜の発表では全く違うということもしばしば…。

水・木曜あたりから週末の予報を注視しているのですが、土日に晴れマークがでてきたことで、これはいいとターゲットロックオン。

フルに2日間参加も考えたのですが、重作業で2日車中泊はチト自信が無かったので、土曜日の朝出発で昼から半日参加+日曜日1日参加するかと、9/24午前6時にしゅっぱーつ。

ーーーーーーーーーーーーーーー

いつもは混んでいる場所もガラガラで走りやすく、お昼前にはボラセンにとーちゃーく。

受付で翌日曜の参加申し込みと、午後から参加したいと申し入れしますと、ちょうど午後から派遣先の組み換えをするところだったらしく、ウエルカム状態で迎え入れてもらいましたョ。😊

午後参加のマッチングは個人宅の雑草刈りと庭木の剪定ということで男性2人のグループ分け。

リーダー役は以前にも何度かご一緒している、ちょ~ベテラン。またご一緒させてもらいますと挨拶して現場にGo!

現場に向かい現地を確認しますと、個人宅とはいえ別荘で使用していたらしく震災以降使っている様子はなく、半ばジャングル化しているような有様…。

建物デザインもおしゃれ、庭に池まであるなど、おそらく建てた当時はかなりのお金がかかっただろうなという印象…。

2人しかいないのでとりあえず蔓性植物(ヤブマメ・フジマメ)を除去しつつ、草刈り中心に精をだしました。

しかーし、いかんせん2人しかいないので、作業効率が上がらずとりあえず蔓性植物を全部剥ぎ取って見栄えを良くしまして午後4時に現場撤収、センターに帰ることに。

当然、継続案件として報告しますとセンター長が「◯◯さん(私)は明日もいるから、引き続き頼むよ。」と言われまして、あちゃ~こりゃリーダー役付きだなと思いましたが「おまかせあれ。」とにっこり答えて初日の活動を終了しました。😅


ーーーーーーーーーーーーーーー


南相馬泊まりで翌日までの時間はたっぷりあるので、センター長やボランティア参加していた数人にマッサージし、近くのビジネスホテルの日帰り入浴とコインランドリーで作業衣を洗濯、レストランで夕食をとりまして売上に貢献して、夜は道の駅でしゅーしーん。😪zzz…

夜中だいぶ冷え込み(17℃くらい)、目が覚めましたが、東北の車中泊にはそろそろ寝袋が必要かもしれないですな…。😅

持ってきた服やバスタオルを身体にかけて寒さをしのぎ、何とか起床時間を迎えてボラセンにGo!


ーーーーーーーーーーーーーーー


7時ちょい過ぎにボラセンの駐車場に到着しますと、何やら防災無線の放送が聞こえてきましてこんな時間から何だ?と思って耳を澄ましますと…
「東北沖で大きな地震が発生しました。住民の方は避難の準備を始めて下さい。繰り返します。◯時◯◯分ころ、東北沖で〜。」
なに〜!避難準備ってまた津波がくるんかーい!ってことで、慌ててカーラジオや携帯の地震速報などをチェックしたのですが、全く普通の番組が延々と…。

地震速報も流れないので、誤報だったのか?とボラセンに向かいますと、スタッフもまったりしていまして「今、避難とかの放送なかった?」と訊ねますと「ああ、避難訓練だそうです。事前に文書でお知らせがありました。」とのことで、なんだよ、脅かすなよ〜と笑い話で一件落着。

しかし、避難先も分からない出先で、しかも被災地で聞く放送としてはビビり度MAXの内容でして…せめて最初と最後に「これは訓練放送です」くらい言ってくれよなと思いましたョ。😒


ーーーーーーーーーーーーーーー


受付を済ませて、希望する方がいたので朝のマッサージをしながら、マッチング待機。

朝礼後に受けたマッチングは予想通り、昨日と同一現場でリーダー役付き、男性3人のグループ分け。

しかも、メンバーはいつもリーダー役をやられるようなベテランの方ばかりで、この中で一番後輩にリーダー役をやれとは…そりゃないぜよセンター長…ってな感じでしたな。😓

現場に向かい、昨日の作業内容などを説明して、依頼者さんの意向も伝えてそれぞれ活動開始。

下草を刈り、伸びていた枝などを剪定するなどして、刈ったものはトン袋(フレコンバック)に入れながら活動。

午前午後と汗を流しましたが、いかんせん3人という少人数だったので半分残しで時間切れ…。

P9250532.jpg

P9250543.jpg

P9250535.jpg

実は、最初に現場に来た時に見た時はジャングルのようだったので、個人的には十分きれいになったと思ったのですが、ベテラン組にとっては納得行かない結果のようで「こんなんじゃダメだ。継続案件でしょ。」と言われ…にわかリーダー役には「はい。」というしかありませんでした。

会社組織のように役職がある訳ではないので、リーダー役は一番のベテランを指定してくれたほうがあつれきがなくていいと思うんですけどね。😓

現場を撤収してセンターに帰りまして、作業内容を報告して27回目、28回目の南相馬ボランティアを終了としました。

ーーーーーーーーーーーーーー

帰りの道路も渋滞がなくスムーズに走れまして、日が変わる前に帰宅。いつものようにかぐわしい洗濯物をやっつけて、室内干しして布団にバタリ…朝まで爆睡と相成りました。

土曜半日+日曜1日…土曜の夜に余裕があるので、じっくりマッサージできるのでなかなか魅力的な参加方法でしたよ。😊


それではまた。(⌒▽⌒)ノ


theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

南相馬ボランティア26回目 いつにも増して…

2016.09.18.15:19



2016/9/17
自家用車利用

南相馬ボランティア26回目を終えましたので、その記録です。

ーーーーーーーーーーーーーーー

今年も来ましたシルバーウィ〜ク!

シルバーウィークと言いますと、昨年の鬼怒川決壊で常総市が水没、そこでボランティアデビューをし、それ以来旅人生活から週末ボランティアにジョブチェンジしたことを思い出します。

常総市の水害では、関東でもこんな被害が起こるんだとボランティアに参加しながらも他人事のように思っていましたが、今年は大きな水害事案が各地で発生していまして、いまや、日本全国どこで何が起きても不思議ではないんだと思っています。


来るべき非常事態に向けての訓練の一環と、今週の週末ボランティアも南相馬にGo!することに。

思い切って3日間とも参加するかとスケジュール調整していたところ、福島県内の天気予報がイマイチ…。

土曜は大丈夫そうですが、日曜、月曜は雨降りだなということで、とりあえず土曜日の参加申し込みだけしまして、日・月は現地の天気予報をみて決めることにけってーい。

前日の金曜日9/16午後5時過ぎに資材や着替えなどを積み込んでGo!

ーーーーーーーーーーーーーーー

いつもながら金曜日は渋滞で走りづらいなと思いつつハンドルを握っていましたが、いつもはそろそろ渋滞がなくなる地域に来ても渋滞解消の気配がない…。😓

途中事故が数箇所で発生していて、うち1箇所では保冷車が全焼していてなんだなんだ?というところも…。

渋滞がないと片道280Kmで所要時間7時間くらいで着くのですが、3時間以上走行してもまだ残り距離が200Km以上の表示ですでに疲労困憊…。

下手すると、仮眠とれずでボランティア活動する羽目になりそうだったので、思い切って高速道路を使って一路福島へ。

なんとか南相馬に到着できたのが午前1時半。

走行中の最低気温は19℃、道の駅では21℃表示。

すぐにシートを車中泊モードにセットして仮眠ターイム。😪zzz…

疲れている割には少し早めに目が覚めまして、シートを乗車モードに戻してボラセンにGo!

ーーーーーーーーーーーーーーー

受付を済ませてマッチング待機していますと、3連休初日というのに朝礼開始5分前まで待機所には数人のみ…これは3連休でボランティアが各地に散らばっちゃったのかなと思っていたところ、団体バスが到着するとあっという間に待機所は満席に。

朝礼後に受けたマッチングは、午前中は自宅敷地内の草むしり作業で早めに片付けて後段の任務に転進してほしいという内容の男性3名、女性1名の計4名というグループ分け。

現場に向かい現地を確認しますと、珍しく家人が戻ってきているお宅で、家の前で我々の到着を待っていてくれました。

挨拶をすませて、作業希望場所を確認しますと自宅とは離れた方向に案内され、ここの草刈りをお願いしますと…。

P9170517.jpg

P9170516.jpg


聞いていたのは自宅周囲の草むしりだったのですが、どう見てもこれは人が入ってはいけないところではないかというくらいにジャングル化していて、しかも広さは50m✕30mはあろうかという広さ…。😓聞いてないよぉ〜

申し込み時に場所を説明しましたか?と依頼者さんに確認しますと「しました。」と。

う〜ん、持ってきた資材も人員も足りないなという状況でしたが、センター長に確認し「聞いてないけど、依頼者さんの希望ならそうしてあげてくれ。応援を行かせられたら行かせるから。」とのことで、作業エリアの分担を確認して作業開始。

草丈は大したことは無かったのですが、とにかく蔓性の植物が密生していて、タチが悪いことこの上ない雑草地で刈払機が止まることもしばしば。

午後から1名応援が来てくれ、計5人で草刈りに精をだし午後4時まで行った結果がこちら↓

P9170520.jpg

P9170519.jpg

草の刈り取りは終了しましたが刈った草の処理までは手が回らず、片付けのみを継続案件として報告することになりました。😞無念なり…

依頼者さんは所用でいなくなっていたので資材を撤収してセンターに戻り活動終了報告をし、センター長とボランティア参加者数人にマッサージを施して、26回目の南相馬ボランティア終了としました。

ーーーーーーーーーーーーーー

翌日以降の天気予報を確認しますと日曜、月曜は降水確率が80〜90%とのことでしたので、参加は見送って帰宅することに。

自宅に到着したのは日が変わった午前2時。眠気との闘いでようやく帰宅したのですぐにでも寝たかったのですが、着替えた作業衣やシャツを出しますといつにも増してきっつーいニオイがぷ〜んと…。😣

こりゃたまらんと午前3時まで真夜中の洗濯をしまして、洗濯物を乾燥室にした風呂場に干してから布団にバタリ…目が覚めたのは11時過ぎでしたョ。😅


今週はまたもや台風が来そうですが…被害など起きませんように。😌


それではまた。(⌒▽⌒)ノ

theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

南相馬ボランティア25回目 加齢臭じゃないんだ

2016.09.11.15:08



2016/9/10
自家用車利用

南相馬ボランティア25回目を終えましたので、その記録です。

ーーーーーーーーーーーーーーー

台風10号で岩手・北海道では大きな爪あとが残りましたが、その後は新たな被害などの発生はないことから今週の週末ボランティアも南相馬にGo!することに。

天気予報によると土曜日は晴れ、日曜日が雨とのことだったので土曜日にけってーい。

前日の金曜日9/9午後6時過ぎに資材や着替えなどを積み込んでGo!

ーーーーーーーーーーーーーーー

やっぱり金曜日出発は、帰宅時間とも重なる時間帯で一般道は所々の渋滞で走りづらい…。

ナビの渋滞情報を見ながら、必要最小限の高速道路を使って一路福島へ。

南相馬に到着したのは午前1時。

走行中の最低気温は20℃、道の駅では22℃表示。

シートを車中泊モードにセットして仮眠ターイム。😪zzz…

快適な気温で携帯のアラームに起こされるまで爆睡、シートを乗車モードに戻してボラセンにGo!

ーーーーーーーーーーーーーーー

受付を済ませてマッチング待機していますと、待機所の椅子は8割方埋まりまして、今日は人が多いのかなという印象。

朝礼後に受けたマッチングは、午前中は他団体の応援で草刈り作業、午後は仮設住宅からの引越し・清掃手伝いという内容で男性4名、女性1名の計5名というグループ分け。

現場に向かい現地を確認しますと、かつては水田だったのかな?という畑へのアプローチ農道周辺の草刈り現場でした。

P9100504.jpg

P9100503.jpg

先に到着していた団体さんと合流して黙祷の後、作業エリアの分担を確認して作業開始。

定期的に草刈りをしていたようで草丈は腰から胸元あたりでしたが、作業エリアが広いことと、斜面が多いことから思いのほか難作業となりました。😓

午前中いっぱい刈払い機をつかって雑草を刈り取った結果がこちら↓

P9100508.jpg

P9100511.jpg

結構きれいになったんじゃあーりませんか、これ。😊


午後からは別案件に転進するため、残る団体さんに後を託して一旦センターに戻って昼食ターイム。


ーーーーーーーーーーーーーーー


午後は室内の引っ越し案件なので、小綺麗な格好に着替えて依頼者宅にGo!

仮設住宅に向かいますと、6畳+Kのせまーい造りの長屋の一室のお宅でして、いつも思いますがよくぞ5年も堪えましたね…というところでした。😔

運び出す荷物は冷蔵庫やテレビなど限られたものですぐに積み込みが完了したのですが、大変だったのが明け渡す部屋の清掃でして、まあ一言で言えば、借りた時の状態に戻す必要があるとのこと。

賃貸ルームの契約終了ならばともかく、近々に解体することが分かっている仮設住宅をクリーニングするとは一体…?

津波被害や地震被害で住宅が倒壊してしまったのであればともかく、自宅はそのままの状態で、ただ放射能漏れのおそれがあるとのことで避難生活を強いられていたのに、退去するのにクリーニング、しかも綺麗になっているか点検があるとのことで…正直「ホントかよ」と思ってしまいましたョ。😠

行政側からは、次の方が入居するかもしれないので退去時にクリーニングをという説明らしいのですが、完全帰還に向けた手続きが行われている中で、次に入居なんかしないだろうと思われ…。

実際、周りの仮設住宅も歯抜け状態で空室が過半数になろうかとしているのに、室内のクリーニングが必要なんだろうか?と思ってしまいましたよ。

依頼者さんも「本音を言えば東電にやってもらいたいくらいだわ」と言っておられましたが、確かにそう感じるだろうなと思いましたよ。


キッチン、トイレ、バス、6畳間と手分けしてクリーニングし、元の自宅に荷物を搬送して任務完了。

家人のお見送りを受けてセンターに戻り、活動終了報告をし、センター長とボランティア参加者数人にマッサージを施して、25回目の南相馬ボランティア終了となりました。


ーーーーーーーーーーーーーー


7時間かけて自宅に戻りますと、昼間着替えた作業衣やシャツから猛烈なオイニー(臭い)が…。😣

これは汗臭菌なんだ、決して加齢臭じゃないんだと自分自身に言い聞かせながら、むなしい真夜中の洗濯…。

午前1時を過ぎてネムネム状態だったのですが、洗濯物を干してからバタンキュ~と相成りました。😅

次世代プリウスには、走行中に洗濯できるオプション機能が欲しいぞ…。


それではまた。(⌒▽⌒)ノ


theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

南相馬ボランティア24回目 発酵臭にクラクラ…

2016.09.05.14:07



2016/9/4
自家用車利用

南相馬ボランティア24回目を終えましたので、その記録です。

ーーーーーーーーーーーーーーー

岩手県と北海道に大きな被害をもたらした台風10号…。

岩手県では大勢の犠牲者もでておられるとのことで…お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたします。

以前訪れたことがある龍泉洞も水没…どころか入り口から水が吹き出しているとのことで、自然の猛威の前では人間の力などちっぽけだなと…思ってしまいました。😓

CrUMup9VIAAPlJZ.jpg出典:産経ニュースから

昨年5月に訪れた際の記録は→こちら

被害の大きかった地域では一般ボランティアの募集も始まっているようですが、受入れ初期の混乱状況もあり、さらにボランティアが各地に分散してしまうと思われたので、私めは南相馬へのボランティア継続としましたョ。😅

新たな台風12号が発生したとのこともあって、天気図、天気予報を見ながら検討した結果…日曜日にけってーい。

所用もあったので、前日の土曜日9/3午後3時に資材や着替えなどを積み込んでGo!

ーーーーーーーーーーーーーーー

いつもは国道6号で北上して行くルートですが、所用が国道4号沿いだったのでいつもと違うルートで北上…。

所用を済ませて南相馬に到着した時間は日が変わった午前0時過ぎ…運転時間は9時間で、おしりが痛い…。😓

山越えルートでは18℃くらいまで気温が下がりましたが南相馬の道の駅では22℃前後、小雨がシトシト…といった感じでした。

運転で疲れていたのと、快適な気温ですぐに眠りの世界にワープ…。😪zzz…

携帯のアラームに起こされるまで爆睡してしまい、若干寝過ごしたかと慌ててボラセンにGo!

ーーーーーーーーーーーーーーー

受付を済ませてマッチング待機していますと、やはりいつもの日曜日に比べて人数が少ないな…という印象。

あとで確認したところ、参加総数は60人を超えているとのことですが、大口の団体が入っていることで人数は多いものの、個人参加者はいつもより少ないとのこと。

朝礼後に受けたマッチングは、草刈り・竹刈りで、男性5名というグループ分け。

少人数のグループ分けでしたが、よく見るベテラン組の面々ばかりで心強いメンバーでしたョ。😃

現場に到着しますと、一見しますとほぼ草刈りは終わっていて、後は仕上げか?という印象がある現場でした。

IMG_0216.jpg

細かい雨が降っていましたが、合羽を着るほどではなく、それぞれ刈払い機を抱えて活動開始。

1時間ほどしますと、もう十分じゃないか?という仕上がりだったので、次の現場はどこだ~と一旦センターに帰還しますと、センター長が「もう終わったの?」と不思議そうな顔…。

川沿いのエリアも終わったのか?と言われて、リーダーが「川沿いは急斜面すぎて危険なので、上から刈り取れる範囲しかやっていません。」と答えますと、依頼者の意向はそこを刈り取って欲しいと言っているんだとのことで、再び現場にリターン。

活動希望場所を改めて確認しますと、人が入れないような鬱蒼とした雑草というか、竹林でしかも急斜面で…どうすんのこれ?という状況。😓

IMG_0220.jpg
写真右下方向に刈り取れと言うのですか!😨↑↓
IMG_0222.jpg

少しずつ刈り取って河川方向に降りて行きますと、急斜面は1m程度でその下は平坦か?という地形になっていて、これなら何とかなるかと刈払い機で刈り進みましたが、進むことは進めますが安全にという訳ではなく、足元が不安定でやりづらいことこの上なし…。😓

しかも刈った竹も細く、長さによっては長靴を突き破るような凶器に変貌してしまうので極めて厄介…。

午前・午後と竹刈りに没頭し、なんとか形にして任務かんりょ〜。最初見た時は絶対に終わらんだろうと思っていたので、あきらめずにやってみるもんですな。😌

IMG_0228.jpg

ただ、依頼者さんの希望では、離れたところにあるお墓周りの草刈りというものもあり、そちらは手付かずだったので継続案件での報告となりました。😓惜しい…

センターに戻り、活動報告の終礼をして解散後、センター長にマッサージを施し、24回目の南相馬ボランティア終了となりました。

ーーーーーーーーーーーーーー

午前・午後ともに汗びっしょり状態で、絞れば汗が滴り落ちるほど…、着替えた服はどんなに遅く帰宅してもすぐに洗濯機を回すのですが、家に着くころには我ながらクラクラする程の発酵臭が…。😖

とりあえず一度洗って干してからまだ臭いが残るものは二度洗いをするのですが、これだけはいつもボランティア参加を後悔してしまう点ですな。


台風12号は熱帯低気圧になりましたが、フィリピンの東付近に台風の卵のような雲の塊が成長中とのこと…。

次から次へと台風に襲われる日本列島ですが、何とか被害の出ないように過ぎ去って欲しいものです。


それではまた。(⌒▽⌒)ノ

theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

プロフィール

旅人macpapa

Author:旅人macpapa
50歳を機にアーリーリタイヤしました。
亡き妻との約束を果たすため「日本の自然と温泉を巡る旅」とボランティア旅に出ています。
以前のブログ「macpapaの日々是感謝
妻が書いていたブログ「ありがとう

主に一人旅人からの目線、感じたことを書いています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
旅人カウンター
旅人オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク