南相馬ボランティア23回目 雨に降られました

2016.08.29.15:16



2016/8/28
自家用車利用

南相馬ボランティア23回目を終えましたので、その記録です。

ーーーーーーーーーーーーーーー

気象界の常識を無視したかのように迷走、勢力を蓄えてUターンして日本列島に上陸しようとしている台風10号…。

台風の進路予想から何とか週末までは大丈夫かと、天気予報を見ながら検討した結果…日曜日にけってーい。

済ませたい用事もあったので、前日の8/27午後1時に資材や着替えなどを積み込んでGo!

ーーーーーーーーーーーーーーー

いつものことながら、土曜日の日中は車の通行量も多く、走りづらい…。

所要を済ませて南相馬に到着した時間は午後11時。

道の駅での気温は21℃前後、山越えでは18〜19℃、小雨も降っていたので肌寒かったのですが、車中泊にはちょうどいい気温となって、快適なsleepingたーいむ。

家より寝れたんじゃないかというくらい熟睡、すっきりした気分で昼食を買い込んでボラセンにGo!

ーーーーーーーーーーーーーーー

センター長に挨拶し、夕方マッサージしますからと声をかけてマッチング待機。

朝礼後に受けたマッチングは、草刈りの仕上げということで、男性5名というグループ分け。

ベテラン組のそうそうたる面々で、任せて安心、雑用はおまかせあれの一般参加者枠でした。😅

現場に到着しますと、広っ!てぇくらいの山林を切り開いた現場でした。

P8280485.jpg

見る限りだいたい草は刈ってあるようですが、刈り取りにムラがあるので、刈り揃えて、刈った草などをまとめるという活動内容で、午前中でなんとか終わらせてほしいとの下命を受け、それぞれ刈払い機を抱えて活動開始。

天候は小雨模様が続いていまして、雨合羽を着ないと雨で濡れるし、着ると汗で蒸れてびしょ濡れになるといういただけない展開でした。

P8280488.jpg

P8280486.jpg

何とか下命通り午前中で片をつけまして任務完了、センターに戻って、着替えてから昼食たーいむ。🍙

ーーーーーーーーーーーーーーー

午後の案件は、個人宅の草刈りということで、資材もそのままで現場にGo!

個人宅ではありましたが、いまだ仮住まいから戻っていないようで、メモ紙に書かれた作業場所を確認して作業開始。

P8280490.jpg

面積は広いですが雑草そのものはクセの有りそうなものはなく、刈払い機で十分対応可能なものでした。

午前でお一人帰ったので、4人で刈払い機を駆使して刈り取りに専念。

P8280489.jpg

刈った草もそのままでOKとのことだったので、作業内容自体は楽な部類でしたな。

3時間弱の活動で、とりあえず刈り取り完了、任務完了かと思ってセンターに戻りましたが、後でセンター長が確認したところ、実はまだ作業希望場所が別なところにあったと判明、結局は継続案件になりました。😓残念

P8280495.jpg

雑草の中に咲くユリ(テッポウユリ?)を発見、刈らずに残しておきました😌
P8280498.jpg


ーーーーーーーーーーーーーー


センターに戻り、活動報告の終礼をして解散後、センター長にマッサージを施し、23回目の南相馬ボランティア終了となりました。

天気予報を検討して日曜日にしましたが、結局は丸一日小雨模様となってしまい、晴れ男も台風の影響までは回避できませんでしたョ。😅



台風10号は関東直撃かと戦々恐々としていましたが、どうやらやや北にそれ、東北地方に向けて進行中とのこと…。

それたのはいいですが、東北直撃となると福島ももちろん、イチエフ(福島第一原発)の汚染水が大丈夫かと心配です。

ましてや強風で何かプラントが壊れたりしなければいいなと思っています。

平穏無事に過ぎ去りますように…。



それではまた。(⌒▽⌒)ノ

theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

南相馬ボランティア22回目 晴れ男伝説は健在

2016.08.22.15:03



2016/8/21
自家用車利用

南相馬ボランティア22回目を終えましたので、その記録です。

ーーーーーーーーーーーーーーー

先週危うく吹き飛ばすところだった人差し指の怪我も、思いのほか治りが早かったのでどうやらボランティア参加には支障なし…問題は台風だなと天気図とにらめっこ。

台風の進路予測と天気予報からすれば行くなら日曜、それでも台風が近づくから多少は降られても仕方ないなと覚悟しつつ、前日の8/20午後3時にしゅっぱーつ。

しかし日本の直近に台風がほぼ同時に3つ、しかも、ひとつは(台風10号)東から西に進むという、気象界の常識を無視したかのような動きになりそうとのことで…これも異常気象のなせる技なんでしょうかね。😓

ーーーーーーーーーーーーーーー

土曜日でしたが、まだ早い時間だったせいか車の通行量も多く、走りづらい…。

所々で高速を使いつつ南相馬に到着した時間は午後11時過ぎ。

気温は24~25℃、小雨が降っていましたが、雨音でうるさいというほどではなく、耳栓をしてsleepingたーいむ。

湿度が高いので寝苦しく何度か目が覚めましたが、6時間ほど睡眠をとってボラセンにGo!

ーーーーーーーーーーーーーーー

センター長に挨拶し、先週つけてもらった磁気ネックレスの効果を確認したところ、鉄板状態だった肩も表面が動くようになっていて、本人も「調子がいいんだよ。」と喜んでくれまして、寄贈した甲斐がありましたな。😊

朝礼後に受けたマッチングは、仮設住宅から元の自宅への引っ越し手伝いということで男性5名、女性1名の計6名というグループ分けで、しかも、リーダー役のおまけつき。😓

グループメンバーと顔合わせし挨拶しますと、いつもリーダー役をしているベテランさんがちらほらと…。

リーダー役でも何でもやりますけど、グループ内にベテランがいるとやりづらいことこの上なしで…しかもそのベテランが仕切り屋的な性格を持つ方だとなおさらやりづらい…。

ボラセン情報通の方に言われたのですが、私めの参加率が高いのでどうやらフリーボランティア枠のリーダー役として(便利に)扱っていきたいと思われているとのことなので…定期的に参加するのも考えものですな。😥

仮設住宅に到着後、依頼主さんに挨拶しますと、運び出す荷物以外はほとんど片付けられていたので、ちゃっちゃっと軽トラに積載してロープで固定して搬送先にGo!

しかしいつも思いますが、仮設住宅は1DK(6畳)程度の広さで、とりあえず雨風は防げるのでしょうけど、この作りで何年も住めと言われてもキツイだろうなと…。😔

地震や津波で家自体が無くなってしまっているならともかく、家自体はそのままの状態で残っているわけですから、悔しさはいかばかりであっただろうかと思いますデス…。


搬送先の自宅は、小高の中心地にある一軒家のお宅で、搬送してきた荷物を下ろし、室内のレイアウト変更などにも対応して任務完了。

家人のお見送りを受けて一旦ボラセンに戻って昼食たーいむ。🍙

ーーーーーーーーーーーーーーー

午後の案件は、午前中から別団体が活動している草刈り現場への応援に行ってくれとの下命が。

刈払い機などを積み込んで現場に行きますと、ひろ~い敷地に雑草が生い茂っていまして、しかも大半がツル性植物でこれは手強そうだなという状況。

P8210477.jpg

これは一体なんデスカ?
P8210479.jpg

団体さんも苦労していたようで、平地は刈り取ってありましたが、崖地や斜面地は手付かずのままに。

我々も刈払い機を担いで応援に入ったのですが、やはりツル性植物が難敵でして刈払い機に絡まる絡まる。

センター長からは、今日一日で終わらせてくれと言われてきましたが、とても無理そうですなこれは。

団体さんは午後3時には完全に引き上げるとのことなので、我々がやるっきゃなーいということで、最後まで雑草と格闘しましたが、とても終わるわけがなく半分残しで継続案件となってしまいました。😓残念

P8210482.jpg

正解は電柱デシタ
P8210483.jpg

ーーーーーーーーーーーーーー

センターに戻り活動報告の終礼をして解散後、センター長にマッサージを施し22回目の南相馬ボランティア終了となりましたが、心配だった天候も一日を通して、ほぼ快晴状態でして全く問題ナッシング。

帰りも7時間かけて帰ってきまして、日付が変わった午前0時半ころ帰宅したのですが、着いて荷物を下ろしている最中にザーっと土砂降りに…。☔😳

晴れ男伝説は健在でしたが、あまりのタイミングの良さに笑ってしまいました。😅



日本選手のメダルラッシュに沸いたリオ・オリンピックも無事閉幕し、いよいよ次回オリンピックは東京です。

リオとは違い競技会場や選手村など、箱物の建築については心配ないと思いますが、テロの標的になったりと大変な4年間になるのではないかと心配です。

平穏無事に過ぎ去りますように…。


それではまた。(⌒▽⌒)ノ


theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

南相馬ボランティア21回目 危機一髪!

2016.08.14.15:50



2016/8/13
自家用車利用

南相馬ボランティア21回目を終えましたので、その記録です。

ーーーーーーーーーーーーーーー

世間はお盆休みシーズンに突入…。海外旅行や帰省などで民族大移動中ですが、私めは妻と両親のお墓参りを早々に済ませまして、21回目の南相馬へGo!することに。


8/15には、義父の墓参りが決まっていたのでボランティアに参加できる日程は8/13のみ。

出発準備を済ませて、前日8/12午後6時にしゅっぱーつ。

お盆休みに入っていますが、一応平日の金曜ということで車の通行量も多く、走りづらい…。

所々で高速を使いつつ、南相馬に到着した時間は日が変わった午前1時前。

先週は26~27℃で寝苦しい気温でしたが、当日の気温は20℃。

山越え時は18℃くらいまで下がりまして、肌寒いくらい。

仮眠時には換気のためにちょっと窓を開けて寝るのですが、寒くて途中で窓を閉めましたョ。😣…

5時間ほどの仮眠をとり、ボラセンにGo!

ーーーーーーーーーーーーーーー

センター長に挨拶し、以前、重症な肩コリ症の方に使ってもらったところ、劇的に効果があった「ピップ・マグネループ」という磁気ネックレスを贈呈してマッチング待機。

磁気ネックレス

単なる気休めかとお思いでしょうが、前に鉄板が入っているようにガッチガチだった肩コリ症の方が相当解消されたのを確認しているので、肩コリでお困りの方にはおすすめです。(ドラッグストアで2,000円前後)


朝礼後に受けたマッチングは、木の伐採作業で男性5名というグループ分け。

待望の木の伐採作業だったのですが、後ほど九死に一生を得るヤバイ事態に遭遇することになるのですが、それは後ほど…。


現場に行きますと、狭い敷地ながら杉の木が密生している現場でして、伐採の印が付けられた杉の木は20〜30本ほど。

P8130463.jpg

P8130462.jpg

伐採した木は玉切りと枝払いして、後ほど所有者が薪にするとのことで敷地境に山積みするという内容。

切り倒しは簡単ですが、全部枝払いして玉切り処理となると、かなりの重労働になりそうな予感が…。

いい天気でしたが気温は27℃くらいでしたので、みなでチェーンソー片手に作業開始。

伐採作業はベテランにお任せして、私めは切り倒された樹木の枝切り・玉切りに専従することに。

狭い敷地だったので切り倒した木が重なって足場が悪く、不安定な状態で作業をせざるを得なかったのですが、片手で枝切りをしていた際にチェーンソーが弾かれて(キックバック)、その際に回転するチェーンソーが左手人差し指付近にパシッと…。

アッと思った時には手袋が裂けていまして、人差し指から鮮血が…。😖

P8140474.jpg

P8140475.jpg

ヤバイっと思いまして手袋を外しますと、皮膚はえぐられて血は出ていますが骨にまでは達しておらず、人差し指の動きも問題なさそう。

とりあえず現場から離れて血を洗い流すと、長さは1センチくらい、深さは1〜2ミリ程度の切創かなという感じでして、ただ、チェーンソーの刃の形からか、2列にギザギザの傷が残っている…という感じでした。

当たる角度や強さがちょっとでも違っていたら、恐らく人差し指が吹き飛んでいたのではないかと思われまして、軽傷で済んだのはホントに奇跡…というか、又してもが助けてくれたんだなと…。

持っていた血止めと化膿止めの薬が効きまして、絆創膏を貼って新しい皮手袋に交換して作業を続けることができましたが…油断は大敵だなと大反省デス。😓


ーーーーーーーーーーーーーーー


作業中に現場付近を何度も見に来る初老の男性がおられまして、最初、依頼者さんなのかと思い声をかけますと「違います、近所の者です。」との返事が。

もしかしたら、伐採した木が倒れてこないか心配して見に来ているのかな?と思いつつ作業を続けていたところ、休憩中に声をかけられまして「どちらから(ボランティアに)来られたのですか?」と。

私が「埼玉から来たんですよ。」と答えますと「そんなに遠くからですか。近所の方で埼玉で避難生活していた方がいましたけど、遠いですよね。」としみじみ…。

「(震災から)何年も経ったというのに、わしらのことを忘れんでくれて(ボランティアに来てくださる方には)本当にありがたいと思ってるんです。」と頭を下げながら言ってくださって…かえってこちらが恐縮してしまいました。

福島でのボランティアは、依頼者さんが避難生活をしていて活動現場には居ないことも多く、ボランティアと依頼者さんが直接顔を合わせずに活動が終わってしまうこともしばしば…。

任務完了となっても依頼者さん自体が居ないため、これが依頼者さんが考えていた100%の結果になっているんだろうか、お礼の言葉などもかけられることなく、正直なところ被災者の方にはどう思われているのだろうと考えていた時期もあったので、びっくりしてしまいました。

その後の休憩時間には、自分で育てたというトマトを差し入れしてくださって「今年作ったもんだから、放射能は大丈夫だと思うけど、気にならなかったら食べて下さい。」と。

もちろん、ありがたく頂戴しまして添えられていた塩をかけてガブリ!汗だくで塩分を欲していたので、とても嬉しい差し入れでしたョ。😊


ーーーーーーーーーーーーーー


午前・午後と伐採・玉切り・片付けに精を出しましたが、4本ほど伐採木を残して継続案件に。

P8130470.jpg

P8130467.jpg

センターに戻って活動報告の終礼をして解散後、センター長と数人の方にマッサージを施して南相馬を後にして、21回目の南相馬ボランティア終了となりました。


無事これ名馬ではありませんが、これからも息の長いボランティア人生を送るために、事故の無いように気をつけねばと肝に銘じたボランティア活動となりました。


それではまた。(⌒▽⌒)ノ

theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

南相馬ボランティア20回目

2016.08.08.17:44


2016/8/7
自家用車利用

南相馬ボランティア20回目を終えましたので、その記録です。

ーーーーーーーーーーーーーーー

さて、今週のボランティア参加はいつにしようかね~と、台風の発生・接近、猛暑予報など色々検討した結果、土曜夜発、日曜日ボランティア参加後帰宅にけってーい。結局はいつもと一緒かーい。(╯°□°)╯︵ ┻━┻

出発準備ですでに汗だくになりつつも、8/6金曜午後6時にしゅっぱーつ。

普段の土曜日よりは混んでいまして、南相馬に到着した時間は午前1時前。

東北とはいえ、車の外気温表示は26~27℃…寝苦しい気温ながらもsleepingターイム。😪zzz…


途中何度か目が覚めましたが、5時間ほどの仮眠をとってボラセンにGo!

ーーーーーーーーーーーーーーー

センター長に挨拶し、先週がっつり行ったマッサージの揉みかえしは大丈夫でしたかと確認しますと「全然大丈夫、身体が軽かったよ。」とのことだったので、ではまた夕方にでも行いますと約束してマッチング待機。

待機所は団体が来ていたようで、見慣れないメンツが多数…。夏休み期間中で学生風の若者も多数いまして、中には携帯を見ながらウロウロとしていて「モンスターいねえな…。」とポツリ…。こんなトコまで来てポケモンGo…(#^ω^)ピクニック気分なのかいな


朝礼後に受けたマッチングは、午前中は墓地の草刈り、終わり次第継続案件の竹林伐採というもので、男性3名、女性1名の計4名というグループ分け。

3人とも、以前に何度か一緒に活動したことのある方達でして、うち一人で参加していた男性は、私めが一番最初に福島でボランティアに来た時に一緒になった方でした。


軽トラにハンマーナイフという草刈り機と刈払い機などを積み込んでYouTube仕込みのロープワークでササッと固定し、現場にGo!

最初の草刈り現場は作業エリア的には大したことがなく、午前中で任務完了して、一旦センターに戻って昼食休憩。


ーーーーーーーーーーーーーーー


後半戦は以前から何度も作業班が入り、継続案件となっている竹林の伐採・枝葉処理という現場にGo!

現場を見ますと、すでに前の班の格闘の痕跡が色濃く残っていまして、伐採後の竹の山と枝葉の山ができている状態でした。😓

P8070455.jpg

リーダーから私めは残った竹の伐採をしてくれと言われまして、お任せあれとマイチェーンソーを手にして竹を伐採・長さを合わせて玉切り作業に従事。

作業内容はともかく暑さとの闘いになりまして、カンカン照りのなかチェーンソーを使っていますと、汗が滝のように流れ、メガネやゴーグルが汗で視界不良となり、汗に濡れたシャツが身体にまとわりついて動きに支障がでる…となって苦行そのもの。

こまめに水分を補給するのですが、摂り過ぎるとまた汗になって出るという悪循環になるので、熱中症にならないギリギリのところで我慢して作業に当たりましたよ。


20本ほどの竹を伐採・玉切りし、伐採作業についてはすべて完了。

P8070458.jpg

P8070459.jpg

枝葉処理については全く先が見えない状況でしたが、センター長が現場確認に来まして、あとは除染作業の際に業者が処理するからこれでOKとなりまして任務完了に。

センターに戻り、活動報告の終礼をして解散。

解散後、センター長に小一時間ほどマッサージをして揉みほぐしまして20回目の南相馬ボランティア終了と相成りました。


ーーーーーーーーーーーーーーー


現場活動終了時、福島ボランティアデビュー時にご一緒した男性から「機械の操作や、ロープワークなど見違えるように上手になっていて驚きましたよ。誰かに習ったんですか?」との言葉が。

心の中ではヨシっとガッツポーズをしつつ、努めて冷静さを保ちながら「ほとんどがYouTube仕込みです。」と笑って答えますと「ほぉ〜なるほど、そういう使い方もあるんですね。自分ももっと勉強しなくちゃと反省しましたよ。」と言っていただきまして、またご一緒したいですねとお別れしました。

今年に入ってから福島にボランティアに参加するようになり、最初は全くボランティアスキルがなく、単なる足手まといでしかなかったのですが、徐々にスキルが上がり、お褒めの言葉や頼りにされるようになりまして、頑張ってきた甲斐があったなと嬉しい気持ちになって、帰宅の途につきました。

まだまだ頑張りますヨン。😊


ーーーーーーーーーーーーーーー


天皇陛下のお気持ち表明が行われました。
日本国の象徴という、凡人には想像もつかないような重責に日々耐えられてのお気持ち表明だったのでしょうが、80歳をゆうに超えるお方一人に、あまりにも国民全体が甘えすぎていたのではないかと思いました。
陛下が発言すること自体、憲法上問題があるなど言う者がいるようですが、個人的には、陛下のお気持ちに沿ったかたちに向かってほしいなと思います。


それではまた。(⌒▽⌒)ノ

theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

プロフィール

旅人macpapa

Author:旅人macpapa
50歳を機にアーリーリタイヤしました。
亡き妻との約束を果たすため「日本の自然と温泉を巡る旅」とボランティア旅に出ています。
以前のブログ「macpapaの日々是感謝
妻が書いていたブログ「ありがとう

主に一人旅人からの目線、感じたことを書いています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
旅人カウンター
旅人オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク