番外編 再会

2015.03.29.06:00


結婚して独立している長男坊が家を建て、お披露目したいと招待をしてくれたので…お祝いを兼ねて訪ねました。

家を建てたといっても、もともと嫁さんの実家の土地に二世代住宅として上物だけを建て替えたものでして、いわばサザエさんでいう、マスオさんが波平父さんと共同で家を建て、2階にフグ田家として新居を持った…という感じなのです。

P3280011.jpg
思った以上に、立派な住宅でしたョ。

二世代住宅は色々と大変なこともあるかと思うのですが、長男坊自身もよく考えて決めたというので、その意思を尊重して、頑張れョと激励してきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

以前、我が家がまだ家族揃って住んでいた頃に犬を飼っていまして、初代がゴールデンレトリーバーの『マック』2代目が動物愛護センターから貰い受けた雑種犬『千代』と呼んでいました。

※リンク先をクリックしますと、当時のページがでます↑↓

初代『マック』は病気で8歳で死んでしまったのですが、その後、我が家にやってきた千代は、ビビリな性格ながらも我が家のアイドルとしてスクスクと成長してくれました。

ちょうど4年前の2011年3月に諸事情から転居することになり、家族がバラバラに生活するようになったのですが、その際に千代は、当時長男坊の彼女だった実家で引き取っていただくことになってしまって、寂しい思いをしていたのですが、今回、千代の新居もできたということで、再会を楽しみにしていたのです。

あら〜久しぶりじゃない〜
P3280014.jpg

P3280025.jpg

そこそこ、気持ちいいわ〜
P3280036.jpg

10歳の♀、人間でいうと50歳半ば…でしょうかね。
P3280043.jpg

P3280055.jpg

散歩にでも行きましょうよ
P3280117.jpg

P3280120.jpg
表情といい、体つきといい、大切に育ててもらっているなぁと感じまして…改めて感謝デス。

簡単な動画ですが、一番面倒を見ていてくれた次男坊とのふれあい動画です↓
[広告] VPS
撫でるのをやめると、もっと撫でてという表情をしていましたね

雑種で、ビビリな性格なのですが、不思議と皆さんに愛されるワンコでして…いつまでも元気でいて欲しいなと思いましたョ。

また逢いに行きたいっ


theme : 今日の出来事
genre : 日記

31旅目 福島県・木賊温泉 会津東山温泉くつろぎ宿・千代滝

2015.03.20.15:58

2015/03/18〜03/19
二人旅(息子と)
自家用車利用

31旅目は、療養を兼ねた温泉巡り「福島県・木賊温泉アーンド会津東山温泉くつろぎ宿・千代滝プラスα」の旅です。

何とか体調が良くなったころ息子の次男坊から連絡があり、療養を兼ねて温泉旅行に行こうという話になりまして、運転も息子に任せることができるようになったしな〜と、見たい行きたい入浴したいリスト入りしている「福島県の木賊温泉(とくさおんせん)」に入浴、「会津東山温泉くつろぎ宿・千代滝」に宿泊、時間があればどこかに立ち寄り湯…というプランをたてました。

さっそくナビに木賊温泉の所在地を入力してGo!

途中次男坊をピックアップ、運転できるよ!と目をキラキラさせているので、どーぞどーぞと交代し、東北自動車道で一路福島県に向け北上しました。

お昼過ぎに木賊温泉にとーちゃーく。

《木賊(とくさ)温泉メモ》
所在地:福島県南会津郡南会津町宮里字湯坂
入浴料:200円以上の寄付金 
入浴時間:24時間 
定休日:なし ただし、河川氾濫時は入浴不可
駐車場:5台くらい(無料)
約1000年前の平安時代に発見された「武士の隠れ湯」と伝えられる西根川沿いにある名湯。
公衆露天風呂は岩をくり抜いた湯船、源泉が浴槽の底から湧き出していることで有名。
名前の由来は、植物の木賊(とくさ)が群生していたことから名付けられたという。

木賊100

普段の入り口はこちらですが、積雪で使用不可。約100メートル先の民宿入口から入ります。
木賊101

木賊102

ここから先は除雪されていません
木賊103

踏み固められて階段が出来ています
木賊104

約50メートルほど下って行くと、温泉小屋が見えてきました
木賊105

木賊106

すれ違いに先客が帰って行かれたので、中には誰もいませんでした
木賊107

中は浴槽が2つに分かれ、手前が低温槽、奥が高温槽となっています
木賊108
手前低温槽

温度は41.8℃
木賊109

高温槽
木賊110

ちょうどこのあたりで、あぶくが上がり源泉が湧き出しています
木賊111

温度は43.9℃
木賊112

お湯は無色透明で、わずかに湯の花がユラユラしている程度。匂いは僅かに硫化水素臭があるが、口に含むんでも特に刺激感はなし。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1時間ほど岩風呂を堪能し、本日のお宿にGo!

2時間半ほど走りますと、本日のお宿「会津東山温泉くつろぎ宿・千代滝」にとーちゃーく。
木賊200

入口
木賊201

木賊202

フロント
木賊203

木賊204

木賊205

お土産処
木賊206

木賊207

日本酒処
木賊208

木賊209

カラー浴衣コーナー
木賊210

チェックインをすませて館内へ
木賊211

本日のお部屋
木賊300
10畳プラス広縁付き

木賊301

木賊302

木賊303

テレビは26インチ
木賊304

木賊305

冷蔵庫は空の状態
木賊306

洗面台
木賊307

バスは独立型
木賊308

トイレはウォシュレット付き
木賊309

押入れの中もキチッと
木賊310

窓からの眺め
木賊311

建物自体はかなり年季が入っていますが、きちんと補修され、リニューアルされているので、古臭さは感じられませんでした。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

夕食前のお風呂ちぇーっく!
木賊400
脱衣場

貴重品ボックス(ちと頼りない作りデシタ)
木賊401

洗い場
木賊402

内湯
木賊403

木賊404

露天風呂
木賊405

木賊406

露天風呂からの眺め
木賊407

大浴場は、ホテル最上階の10階にあり、露天風呂からの眺めは最高。
しかしながら、浴室に入るとプンと匂う消毒臭など、温泉好きとしては残念感がありました。
いくら探しても温泉成分表すら見当たらず、ホームページでは東山温泉の源泉を使っていると謳っていますが…正直?マークですな。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

夕食は時間指定制で、空いていた18:30を予約しました
木賊499
夕・朝ともに食事処での提供です

本日の献立『野遊び膳』
木賊500

木賊501

造里 生トロ湯葉刺し
木賊502

陶板 国産牛の陶板焼き
木賊503

前菜 八寸七点盛り
木賊504

先付 季節の先付
木賊505

彩菜 旬の野菜(豆富のディップ添え)
木賊506

蒸物 粒蕎麦(左奥) 平碗 こづゆ(右手前)
木賊507

香の物
木賊508

甘味 季節のデザート
木賊509

料理充実プランで予約したので、品数も多く、繊細な味付けで大満足でした〜。

夕食後、もう一度入浴して本日は就寝zzz

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

翌朝食も同じ食事処での提供です
木賊600

木賊601

木賊602

木賊603

食事処利用客数に比べ、品数が多く、席もゆったりとしているので、贅沢なひと時を過ごせましたよ。

チェックアウト時の清算は、1泊2食付きで21,900円。1人あたりにすると10,950円となりました。
温泉に若干のマイナス点はあるものの、素晴らしいコスパだと感じました。

【極私的感想・まとめ】
会津東山温泉郷にたつ大型宿泊施設。
建物そのものは歴史を感じさせるが、随時リニュールされており、古臭さは感じられない。
従業員の対応、教育も行き届いている。
温泉は東山温泉の共同源泉を引き湯しているとなっているが、消毒臭が強く感じられるなど残念感がある。
食事は繊細な味付け、盛り付けが徹底されており満足感が高い。
宿泊料金は細かく設定されており、自分の目的とする内容のプランを選択することができる。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

直接帰宅するのはもったいないと、那須の立ち寄り湯を利用して帰ることにしました。
目的地は、栃木県塩原温泉郷元湯温泉にある『元泉館(げんせんかん)』。
以前一度訪れた際、強烈な温泉が印象に残っており、次男坊にも教えようと思いましてね。
ナビに宿の住所をセットしGo!

2時間ほど走るとお宿にとーちゃーく。
木賊650

受付で料金を確かめると1人800円…ちと高い…ということなので、200円プラスして『お・も・て・那須手形』を購入して、その無料入浴分で入ることにしました。
9:11 500

浴室(左画像)          露天風呂(右画像)
木賊651 木賊652

駐車場に車を止めたところから匂ってくる硫化水素臭が、浴室に入るとさらにプーンと鼻に飛び込んできます。
お湯は白濁系で、身体を沈めるとまったく見えなくなるほど。
年齢の割には、結構温泉を経験している次男坊も「すごいお湯だ」と驚いていましたョ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

入浴後、せっかく那須にきているので軍鶏らーめんでも食べるかということで、らーめん美幸にGo!
P8220242.jpg

歯ごたえプリプリ 焼きシャモ
木賊700

白湯ラーメン
木賊701

正油ラーメン
木賊702

どれもおいしゅうございました〜。ごちそうさまでした。

1泊2日の短い旅でしたが、結構中身の濃い旅となりました。
次男坊も、いつの間にやら運転が上手くなっていて、変わろうかと声をかけても「大丈夫、運転したい」と言ってずっと運転してくれましたョ。
この次も頼むぜ〜。

ではまた。

theme : 国内旅行記
genre : 旅行

番外編 高橋まゆみ人形館ストーリー

2015.03.06.17:47

3月も第1週が終わろうとしていますが…なんだか先月の大物旅行2つが強烈だったので、今月はどうも腰が重たくなっています。(^^;;

花見には早いし、雪見は散々してきたので…いいお湯を目当てにどこか探すかと、現在思案中です。

更新ネタがないから…というわけではありませんが、28旅目-2で紹介しました「高橋まゆみ人形館」、その存在を知ったテレビ東京放映の『タカトシの涙が溢れナイト』がYouTubeにアップされていることを見つけまして、映像アップ元も著作権者の同局で問題なさそうなので…ここに改めてご紹介したいと思います。



何気なく借りて見ていたDVD…このエピソードを見た時は…まあ〜号泣でした。
そして、この人形を自分の目で見たい!といてもたってもいられず…すぐに場所を調べ、近場の温泉地を調べ…たしか二日後くらいにはハンドルを握っていたと記憶しています。

背景とか病名とかは違いますが…やっぱり妻を亡くすという内容だと…どーしても感情移入してしまうんですよね。

もう8年も前の出来事なのに…いつまでメソメソしてるの!と に怒られそうですけどね。

寂しいけど、また逢える日まで…頑張るよ。


theme : 国内旅行記
genre : 旅行

プロフィール

旅人macpapa

Author:旅人macpapa
50歳を機にアーリーリタイヤしました。
亡き妻との約束を果たすため「日本の自然と温泉を巡る旅」とボランティア旅に出ています。
以前のブログ「macpapaの日々是感謝
妻が書いていたブログ「ありがとう

主に一人旅人からの目線、感じたことを書いています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
旅人カウンター
旅人オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク