FC2ブログ

2019福島ボランティア12〜13回目を終了②

2019.03.19.16:58



《3/17編》

気候も春めいてきたので、車中泊も楽かなと思っていたのですがさすがに東北…。

夜は0℃近くまで気温が下がりまして、念の為と持ってきた毛布にくるまって朝を迎えましたよ。😅

アラームで目を覚まし、洗面・着替え・コーヒーを入れて集合時間にあわせてGo!


ーーーーーーーーーーーーーーー


この日の集合場所は浪江町中心街からちょっと離れた住宅地。

ナビに導かれて到着しますと、更地の広がっているエリアとその隣に草ぼうぼうのジャングルになっている元美容院の建物が…。

うわ~、この美容院だと大変だぞ~と眺めていましたら、依頼場所は隣の更地…。

ホッとはしたものの、多少枯れ草が残る程度の更地に、わざわざボランティア依頼します?とはてなマークが飛び交う現場でしたな。

土地の利用方法でも決まったのかな?と思いましたがそれもないとのことなので、まるで狐につままれたような印象でしたョ。


まあ、被災された方それぞれ考えはあるのでしょうから、リーダーが受けた依頼内容は粛々とこなすのみと活動開始。

自分の家でもここまで丁寧にやらないぞというくらい、きれいに草刈りして掃き清めて、小一時間で完パケに…。


そうぼら活動報告2019/3/17①


一休みし、次なる現場にてんしーん。




ーーーーーーーーーー


転進先は、同じく浪江町郊外のお宅。

依頼者さん宅のお宅に行きますと、まあ~立派な日本建築のお宅が…。

庭もキレイに整備されていて、いったいここの何をするんでしょうか?というくらいのお宅。

リーダーが、依頼者さんに電話で確認すると、依頼場所は道路をはさんだ別の場所とのことで、そりゃそうだねと再び転進。

道路に面した道路に面した法面がその依頼者さんの所有する土地だそうで、隣地から越境してきた竹が侵食してきて困っているとのことでした。

けっこうな長さの法面で土地は傾斜、生えている竹の本数も、おいおい何本あるの?というくらいのもの。

幸い参加人員は豊富だったため、草刈り班と竹の伐採班、伐採後の搬送班、長さを短くする班と分かれて活動開始。

当初、こりゃ終わらないかもと思っていた本数の竹でしたが、チームワーク良く活動を続けまして、昼食をはさみ午後2時で完パケにして活動終了へ。


そうぼら活動報告2019/3/17②


ーーーーーーーーーー

2現場終わったし、今日はここで終わりかなと思っていましたら、リーダーが昨日やり残した現場に転進しますと…。

どひゃ~、久しぶりに鬼モードになったリーダーに従いまして、昨日の現場にてんしーん。

午前中、別団体がヘルプで伐採してくれていて、残りはあと2本の伐採を残すのみになっていまして、お、これはすぐ終わりそうだとラストスパート。

伐採後の玉切り幹や枝葉を積み上げまして午後3時に完パケにして活動終了。


そうぼら活動報告2019/3/17③


ヘルプに入ってくれた団体が小さな現場一箇所を完パケにしていてくれたので、2日間で合計5現場を完パケにするという結果を残すことができました。

依頼者さんもそれぞれ、自分ではどうにもならなかったけどと…喜んでいただけまして、頑張った甲斐がありましたな。😁


午後3時半に浪江町を後にして帰宅の途に。

途中、疲れで眠気に襲われましたが、休憩をこまめにとりながら運転を続け、午後11時に無事帰宅。本年12~13回目の福島ボラを終了しました。

今週末の活動が予想以上に進んだので、来週末と再来週末はニーズがないとのこと。

案件が入ればお知らせしますとのことですので、来週以降のボラ予定は未定となっています。

それではまた。


theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

2019福島ボランティア12〜13回目を終了①

2019.03.18.19:00


2019/3/16~3/17

福島ボランティア本年12~13回目を終えましたので、その記録です。


ーーーーーーーーーーーーーー


3月第3週のボランティア活動は、土日の2連チャン。

前週は所要のためお休みしたため、2週間ぶりのボラ。

天気予報で前日の土曜日に雨マークがあったものの、日曜日があるので何とかなるだろ〜とサクッと申込み完了。



3/16午前2時に福島へ向けしゅぱーつ。

交通量も少なく快適なドライブ。心配した天候もずっと月がでているほどのいい天気…。

そのまま朝日を拝みつつ、福島にとーちゃーく。

集合場所近くのコンビニで時間調整でまったり…。☕


ーーーーーーーーー


《3/16編》

初日の集合場所は、浪江町の市街地近くの権現堂地区のもと個人宅。

見通し距離で約50m離れた地点にある、同じ依頼者さんの2軒分の更地に残っている庭木の処理をお願いしたいという依頼内容でした。

参加者が2グループに分かれて同時に活動開始。

敷地面積も小ぶりで、立木数も2現場併せて10本もないくらいでしたのでサクッと処理して完パケに。

そうぼら活動報告2019/3/16①

そうぼら活動報告2019/3/16②

資機材を資材車に戻して第三の現場にてんしーん。


ーーーーーーーー


第三現場は、浪江町郊外の、去年何度も活動に入った日本家屋と東屋のある庭の個人宅の裏の畑地。

東屋のあるお宅の活動では、隣接地にゆずの木が多数生えていて、これを切るのか~と思っていたところ、ここは土地の所有者が違うということで伐採せずにすみ、ホッとしていたのですが、その活動を知ったその土地所有者からの依頼がきたということで、あちゃ〜と…。😓

まあ、でもこちらのお宅はやって、こちらはやらないというわけにはいきませんので、がんばりましょうと気合を入れ直して活動開始。


しかし、あらためてゆずの木と対峙しますと、その凶暴なトゲが難敵…。

業者に頼んでもゆずの木はやらないとか、特別料金になるとのことですが、うなずけますな。

つなぎ程度の活動服ですと、簡単にトゲが貫通しますし、革手をしてもまともに握るとトゲはグサリ…。

長靴で踏むと、簡単に穴が開いてしまいますし、車もたぶんパンクします。

ゆず湯は最高ですが、その木を伐採する方はたまったもんではありません。

その時は夢中でやっていても、トゲが刺さるとあとから腫れ上がることになり、本当に大変なのです。😨



立木伐採後の搬送、ゆずの木の処理と汗を流しまして午後3時過ぎにタイムアップ。

残りあと半日くらいの作業量を残し継続案件行きとなりました。

そうぼら活動報告2019/3/16③


終礼後、日帰りの入浴施設+コインランドリーで洗濯し、道の駅へ。

夜は居酒屋でボラ仲間と親交を深め、おやすみなさい…😪zzz


3/17編に続きます→


theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

3.11

2019.03.11.16:59



今日は東日本大震災発生から8年目の「3.11」。


いまだに多くの住民が、故郷に帰ることが許されない現実があるなか、時間だけは誰にも等しく刻々と過ぎていきます。


普段、多くの国民にとっては、すでに過去の出来事と忘れ去られていますが、この3.11が近づくと、数字が取れるからか…マスコミが大挙して押し寄せ、特番が作られるという現実…。


それでも忘れられるよりはマシと、被災された方々も取材に応じていらっしゃるようですが、普段、被災された方とお話する機会がある分…いたたまれない気持ちになります。😔


先週末は所要で福島ボラへ行くことができませんでしたが、これからも、震災でお亡くなりになった多くの犠牲者、いまだに帰還できない被災者の方々に心を寄せ、私めができることをしていきたいと思っております。


                    2019.3.11 macpapa 拝

theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

2019福島ボランティア10〜11回目を終了②

2019.03.05.13:52



【3/3編】

前日の日中は2桁の気温でしたが、夜は東北らしく1℃まで低下…。

念の為と一枚多く持ってきた毛布がいい仕事をしてくれまして朝までぐっすり…。

アラームで目が覚め、洗面・着替えをして集合場所へGo!

ニュースでは東京は朝から雨で東京マラソンも雨の中で大変そうでしたが、浜通りはいい天気でしたョ。



2日目の集合場所は、浪江町西台川原地区。

建物はすでに解体され更地になっていましたが、震災前は有名なパン屋さんがあったそうで、グーグルマップで検索するとログハウスのおしゃれな建物が未だに映されるのが物悲しい…。😥


活動場所を下見しますと、敷地端の川沿いに10数本の立木が残されていまして、その全伐採をしてほしいとのこと。

樹高は大したことないものの、いつもの杉や檜ではなく常緑樹だねこれは…。

針葉樹のかる~い木質とは違い、木の幹を叩いてもみっちりと詰まった感がありまして、いかにも重そうな感触…。

こりゃ切るのも、運ぶのも大変そうだな。😥


参加人員は8名。伐採班と搬送班に分かれて活動開始。

敷地自体は更地なので、伐倒方向が違っても建物などを壊す心配はありませんが、川側に偏心しているため、川側に倒すとその引き上げが大変…。

一本一本、事前に木にロープをかけ、車で引き倒しながらの伐採へ。

倒してみると、事前の予想通り木質がみっちりと詰まり、杉などとは違って桁違いに重い…。

しかも、集積場所が敷地の反対側で30〜40mほど運ばねばならず、次第に地獄の様相…。

あまりに重いため、幹部分はアルミ台車(一輪車)に乗せて運んでいましたが、数往復したところで台車が前に進まなくなりまして、おかしいなと車輪を見るとタイヤの根本が完全に破断…。😳

2〜3ヶ月前に交換したばかりの新しいノーパンクタイヤだったのですが、まさかのハプニング…。

台車が壊れたので、それ以後は担いで運ぶことになり、更に地獄の深掘り…。😣

気温は低かったのですが、搬送で汗だく状態…。

これはヤツが来るやつだと…熱中症対策の雨を口に放り込んで活動をしましたよ。



お昼休みを挟み、ひたすら伐採木の搬送にあたりまして、午後2時に完パケにして活動終了。


そうぼら活動報告2019/3/3


ちょっと早い終了時間でしたが、ここから別現場に転進して資機材を下ろしてとなると、ほとんど活動する時間がないとのことで、リーダーの判断でここで終了しますということに。

それでも、2日間で3現場の完パケということで、上上吉の結果とリーダーも嬉しそうでしたョ。😊



午後2時半に浪江町を後にして帰宅の途に。

途中、睡魔に襲われて1時間ほどコンビニ駐車場で仮眠をとり、安全運転に徹しまして午後11時に無事帰宅。

2019年福島ボラ10〜11回目を終了しました。



来週は所要のため、福島行きは一週お休みの予定です。


それではまた。


theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

2019福島ボランティア10〜11回目を終了①

2019.03.04.20:51


2019/3/2~3/3

福島ボランティア本年10~11回目を終えましたので、その記録です。

ーーーーーーーーーーーーーー


3月第1週のボランティア活動は、久しぶりに土日の2連チャン。

2週に渡って日帰りボラが続き、やや消化不良気味だったため、もちろん行きますとも~と申込み完了。


3/2午前2時に福島へ向けしゅぱーつ。

交通量も少なく快適なドライブでしたョ。



初日の活動予定場所は、富岡町夜の森地区。

桜並木で有名ですが、福島第一原発から約6kmの距離にあり、いまだに多くのエリアが帰還困難区域に指定され、立ち入りは厳しく制限中。

このエリアに立ち入るには事前に立ち入り申請をし、当日はゲート前で立ち入る車両や乗車人員、名簿の提出、放射線計測の線量計を身に着けてから入ることになります。

ボランティアとはいえ、いつものように一人ひとりのマイカーで活動場所まで行くことはできないため、常磐富岡インターチェンジ横の駐車場に集合、ワゴン車に乗り換えて立ち入るスタイル。

9時にインター横駐車場に集合、最低限の荷物をもってワゴン車に乗り換えて、手続きを終えて立ち入り制限区域にIN。

以前は、立ち入りは回数制限や滞在時間制限などの規制がありましたが、現在では除染作業もすすみ、制限が緩和されているとのこと。(4年後に帰還困難区域全面解除を目指しているとのこと)


ーーーーーーーーーーーーーーー


この日の活動依頼内容は、ビニールハウス内のゴミ搬出。

なんでも、個人宅地内に除染作業+解体作業が入るため、不用品を撤去しないといけないのだとか。

しかし、いまさら不用品以外の物があるわけがないので、全部撤去してあげればいいのにと思うのですがね。


活動するビニールハウスを下見しますと、なんじゃこりゃというくらいの植木鉢がずら〜り…。

植木鉢といっても平面に置かれているものではなく、針金で吊るされ上から下から数えれば数百個からもしかして千超え…。

ビニールハウスから全て搬出し、分別してほしいとのことでクラクラっとしましたな。😥

参加人員は6名。ビニールハウス内から搬出する担当と分別して集積場所に運ぶ担当に分かれて活動開始。

除染前ということでどの程度汚染されているか分からず、若干の不安がありましたが、身につけた線量計の警報が鳴らないことを祈りつつ黙々と活動を。

しかーし、針金でできた吊り下げが邪魔でなかなか分別が進まない…。

手作りの吊り下げ金具だそうですが、よくこれだけ作ったね…というのが正直な感想でしたョ。😅


植木鉢に嵌っている吊り下げの針金を外し、中の土を出し、集積場所へ搬送の繰り返し。

最初はクラクラしそうな量の植木鉢の数でしたが、徐々に片付いていきまして2箇所のビニールハウス内をクリーンアップ。

当初、一日がかりでは?と思えましたが、後半スピードアップしまして2時間ほどの活動で完パケに。


そうぼら活動報告2019/3/2①


気になっていた線量計も0.002μSv/hと全く問題のないレベルでした。

スクリーニング上で、靴裏などの放射線量も測定してもらいましたが、計器は無反応でしたからもう立ち入り制限は解除してもいいんじゃないかなと…思いましたョ。


帰還困難区域を出てから昼食休憩をとり、次なる現場にてんしーん。


ーーーーーーーーーーーーーーー


後段の現場は、昨年数回入った浪江町田尻地区のお宅。

全部完パケにしたと思っていましたが、一本残した桜の木と敷地端に残っていた潰れた小屋の撤去をしてほしいと、おかわり依頼が入ったとのこと。

大した作業内容でもなかったため、ちゃっちゃと片付けまして約1時間で全て完パケに。


そうぼら活動報告2019/3/2②


2箇所完パケにして、午後3時前には任務解除で解散へ。


帰りしなに浪江町の日帰り入浴施設に立ち寄り、さっぱりとしてから道の駅南相馬に転進し、無事着陸。


夜はボラ仲間と一緒に居酒屋で親交を深めて、おやすみなさい…😪zzz



3/3編に続きます→


theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

2019福島ボランティア9回目を終了

2019.02.25.21:26


2019/2/23

福島ボランティア本年9回目を終えましたので、その記録です。

ーーーーーーーーーーーーーー


2月第4週のボランティア活動は、先週同様土曜日のみの活動予定が…。

日帰りボラは効率が悪いのですが、ボラ予定の有り無しはなんともしがたい…。細かいことをいうより行動あるのみだ~と申込み完了。


2/23午前2時に福島へ向けしゅぱーつ。

交通量も少なく快適なドライブ。午前7時半には集合場所近くのコンビニにとーちゃーく。

いつもの到着より早かったので、活動中に飲めるようにと、ゆっくりコーヒーをコポコポ…☕


集合時間にあわせ、集合場所へてんしーん。


ーーーーーーーーーーーーーーー


この日の集合場所は浪江町郊外、川添北地区の元個人宅の跡地。

家屋は解体済みで更地になっていましたが、敷地周囲の残っている立木類を全伐採してほしいとの依頼でした。

集合時の参加人員は13名。午後から5名グループが参加するとのことで久しぶりの大人数…。

最初の現場を早めに終えて、継続案件で残っている現場をやっつけたいとリーダーもやる気満々…。

私めも久しぶりに刈払機を抱えてとつげき~\((((( ‘ω’)/ウオオオアア----ッ!!!


立木の周囲にはびこっている葛の蔓や残っている雑草をぶった切りながら草刈り草刈り…。

草刈りが一通りすみますと、レーキで集めてフレコンバックにIn。

2時間ほど活動しますと、すっかりキレイになりまして、完パケにして任務かんりょ~。


そうぼら活動報告2019/2/23①


次の現場にてんしーん。


ーーーーーーーーーーーーーー


次の現場は、2/9に半分残しで継続案件になっていた、同じ浪江町川添地区のお宅。

前回残した半分の立木伐採、草刈りをやっつけたいとのことで急遽決まったようです。

前回の伐採した枝葉類の回収もまだ来ていないようで、回収業者さんも大変そうですな。

お昼休憩をはさんで、残っている立木や植栽類を刈り取りまして、午後3時過ぎに完パケ状態にしてタイムアップ。


そうぼら活動報告2019/2/23②


このほか、途中で別現場に転進していた別班が、そちらの案件も完パケにしたとのことで、この日は3件の案件を完了できたとリーダーも喜んでいましたョ。😅



ーーーーーーーーーーーーーーー


翌日曜日は活動がなく、特に予定もなかったので福島に泊まって、翌日帰っても良かったのですが、月曜に愛車が車検だったので、その準備もあるなと帰宅の途につくことに。


前週の帰りに寝不足であやうく事故る寸前だったので、休憩をとりながらハンドルを握りまして、午前3時に無事帰宅、2019年福島ボラ9回目を終了しました。


来週は土日の2連チャンボラが予定されているので、モチのロンで参加予定となっています。



それではまた。

theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

2019福島ボランティア8回目を終了

2019.02.18.20:09


2019/2/16

福島ボランティア本年8回目を終えましたので、その記録です。


ーーーーーーーーーーーーーー


2月第3週のボランティア活動は、土曜日のみの活動予定が…。

福島までの移動距離、時間を考えると日帰りボラは効率が悪い…。しかも土曜日ボラとなると、土曜日早朝出発→同日深夜帰宅という24時間強行日程にならざるをえずにより厳しい…。

もう、いっそのこと福島に移住するかな…。😌


まあ、これも自分が好きでやってることなので、やれることはやろうと今回も行きますよ〜と申込み完了。

2/16日午前2時に福島へ向けしゅぱーつ。

交通量も少なく、午前8時前には集合場所近くのコンビニにとーちゃーく。

トイレ休憩とコーヒーで一服…。集合場所へてんしーん。


ーーーーーーーーーーーーーーー


この日の集合場所は、富岡町郊外の元個人宅の跡地。

カーナビで導かれた場所には100本ほどの杉の木が縦にずらりと植林されており、かなりの成長度合いが…。(高さ20m〜30mくらい)

事前のメールでは活動内容が『伐採』となっていたため、まさかこれを全部ですか?というひぃぇぇ〜状態。😱

依頼者さんは、隣接住宅に帰還された住民の方だそうで、家の東側の杉の木が育ちすぎ、日光が遮られているので伐採してほしいとの依頼とのこと。

聞けば伐採本数が多いため、一応業者に見積ってもらったそうですが、その金額は全伐採でなんと200万円…。

さすがに高額すぎると、なんとかボランティアでお願いできないかと依頼してきたとのことですが、リーダーも当初あまりの本数の多さにボランティアの範疇を超えているので業者に依頼してくださいと断ったそうですが、知人を介して再度お願いされ断りきれず…と依頼を受けたとのこと。

ただ全伐採してしまうと、民業圧迫にもなりかねないと活動日数は1日のみ、日光と風通しが確保できる本数のみの伐採という条件で最終的にお受けしたとのことでした。


参加人員は9名で、伐採班と搬送班に分かれて活動開始。


伐採木の幹類は、建材へ加工するとのことで、長さを測って別置きに。

枝葉類はフレコンバッグ入れの必要はなく、一箇所に積み上げでOKとのことで作業効率は良好。

伐採・玉切り・搬送を繰り返し、昼食をはさんでひたすら動き回りまして午後3時にタイムアップ。

そうぼら活動報告2019/2/16

日当たりと風通しに支障があった約20本ほどの杉の木を伐採、間もなく花粉を撒き散らす寸前だった雄花をたっぷりとやっつけておきましたョ。😅



ーーーーーーーーーーーーーーー


活動終わりの時間によっては、無理せず福島で仮眠をとって帰宅するかと考えていましたが、道路も空いており、体調も大丈夫そうだったので、一路帰宅の途に。

途中、何度か休憩を入れまして、午後11時過ぎに無事帰宅、2019年福島ボラ8回目を終了しました。


来週も土曜日帰りボラになるため、天候などを考慮して参加・不参加を決めたいと思います。


それではまた。


theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

2019福島ボランティア6〜7回目を終了② 最後にヤバかった〜

2019.02.13.19:13



【2/10編】


セットしておいたアラームで目を覚ましますと、車内の空気はキーンと冷えっ冷え。

毛布をかぶって寝ていたため分かりませんでしたが、やはり外はかなりの低気温だったようです。

しかーし、車内から這い出して外に出ると、あれっ?というくらいの積雪のなさ。

駐車場の路面はほとんど積雪しておらず、昨夜の転進はなんだったーというほど。

ただ、路面は凍っており、アイスバーン状態。

転ばないようソロリソロリと歩きまして、洗面と着替えをすませ、シートを運転モードにして集合場所へGo!


昨夜のうちにリーダーから一斉送信メールが来ていまして、積雪のため当初予定の伐採は中止、別案件にするということで集合場所が富岡町内の中学校に変更されていました。


ハンドルを握りながら中学校に向かいますと、先々で除雪は必要ないんじゃないか程度の積雪しかなく、おそらく日中に溶けてしまう程度のもの…。


先着していたリーダーも、積雪状況を見て、これは除雪は必要ないねとしばし思案…。

あちこち連絡し、いつも手伝いに来てくれている南相馬で活動している『福興浜団』さんが菜の花畑の追肥撒き活動を行うということで、その手伝いに行くということになり昨日転進してきたばかりの南相馬に逆戻り。

ーーーーーーーーーーーーーーー

福興浜団は、萱浜にお住まいの上野敬幸(たかゆき)さんが代表を務めている団体。

2011年に発生した震災・原発事故で、地元の消防団リーダーとして住民の救助活動にあたっていた上野さんでしたが、ご自身の両親とお子さん2人も津波による行方不明になってしまっていたとのこと。

原発から20Kmほどの距離にあった萱浜地区には、警察・消防・自衛隊すらも捜索に入れず、上野さんを中心にした地元消防団が行方不明者の捜索を続けていたところ、やがて捜索のボランティアが加わるようになり、捜索ボランティア団体「福興浜団」が結成されたとのことです。

ーーーーーーーーーーーーーーー

上野さんとはそうぼらにお手伝いに来てくれた際に、何度かお目にかかっていましたが、福興浜団さんの活動にお手伝いに来たのは初めて。

ちょっぴり緊張しながら萱浜にある上野さんのご自宅兼福興浜団ボラセンに着きますと、この日のボラ参加者の車が庭を埋め尽くすようにいっぱい…。

到着時、まだ畑は真っ白な積雪状態だったため1時間ほど待機し、作物が見えるようになってから隣接している菜の花畑へ。


待機していた間は、ドラム缶の焚き火もあり、太陽も出ていて暖かかったのですが、畑に来ますと海に近く、吹きっさらし状態でひょえぇぇぇ〜寒い〜。😰

フードを被り、なるべく背中側で風を受けるようにして追肥肥料を撒き撒き…。

しかし、広い畑だねと、広さはどのくらいなんですか?と聞きますと、2町歩を超えるくらいかなとのこと…。😳

1町歩=1ha=10,000㎡なので、合計面積は20,000㎡以上…。

サッカー場の公式の大きさが105m✕68m、面積にして7,140㎡なので、サッカー場約3面分…。

参加人員が20名以上でしたが、途方もない広さで、前日の作業の継続とはいえ気が遠くなりそうに…。

休憩をとるにも遠くなりすぎるため、昼ごはん以外はひたすら肥料撒きに精を出しまして、午後3時には全エリアかんりょ〜。

最初は要領が分からず時間がかかりましたが、慣れるにつれ効率が上がり、無理かと思われたエリアの広さを克服できましたョ。


ーーーーーーーーーーーーーー


終礼後、まっすぐに帰宅の途につきましたが、帰宅途中にヒヤッとする出来事が…。

活動の疲労から、途中でウトウトっとしてしまいまして、ほっぺたを叩いたり、内ももをつねったりしていたのですが、片側2車線の走りやすいところに来て気が抜けてしまったのか、一瞬、寝落ちしてしまったらしく、中央分離帯の脇に溜まっていた砂利にタイヤが乗り、そのジャリジャリっとした振動でハッと目が覚め、迫りくる中央分離帯にあせって咄嗟にハンドルを左に切り、事なきを得ることに…。😨

かなりの速度も出ていたので、中央分離帯に接触して大事故…という可能性もあり、やばかった〜と冷や汗がど~。

思い返しても、なんでぶつからずに目が覚めたか、咄嗟にハンドルを切れたのか、まったく擦りもせず回避できたか分からず…、亡妻が助けてくれたとしか思えないような出来事でした。

ボラに行って、大事故を起こしては元も子もないと、大反省…。無理しちゃいけないなと、改めて肝に銘じましたョ。


その後、休憩を多くとりまして、午後11時過ぎに無事帰宅し、2019年福島ボラ6〜7回目を終了しました。


2月の第3週、第4週はともに活動が土曜日のみで、日帰りボラになるため、天候などを考慮して参加・不参加を決めたいと思います。


それではまた。


theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

2019福島ボランティア6〜7回目を終了①

2019.02.11.21:48



2019/2/9~2/10

福島ボランティア本年6回目~7回目を終えましたので、その記録です。

ーーーーーーーーーーーーーー


3連休となる2月第2週のボランティア活動は、前半2日間の2連チャン予定。

日曜を知人のマラソン大会の応援・ヘルプで行こうとしていたため、当初土曜日のみの参加で申し込んでいたところ、当の本人から「フルマラソンエントリーで長時間かかるし、ゴールできるかも怪しいから応援は遠慮したい」との連絡が…。

まあ、本人がそういうなら2日間ともボラに行きましょうと改めて申込みし直しまして、福島へGoすることにしましたョ。


ただ、土曜に降雪のおそれが大きいという天気予報になったため、うーんまた寒いのか~と若干ビビりつつ、土曜日午前2時に福島へ向けしゅっぱーつ。


天気予報では雪の降り出しはお昼くらいからとなっていましたが、茨城県北部を走行していた日の出前にすでに横なぐりの降雪状況に遭遇…。


気温も0℃前後しかなく、この時間から降り出しとなると、積雪でボラが中止になるんじゃないかとヒヤヒヤしながらハンドルを握りましたよ。

幸い、福島県に入るころには雪はやみ、午前8時前に集合場所に近い浪江町のコンビニにとーちゃーく。☕

集合時間を見計らって集合場所へてんしーん。


ーーーーーーーーーーーーーーー


【2/9編】


初日の集合場所は、浪江町の市街地にほど近い川添地区の個人宅跡地。

建物はすでに解体され更地になっていましたが、庭木類が残されており、残す目印のピンクリボンが付けられていない庭木を伐採してほしいとの要望でした。


活動前の下見では、庭木の植栽状況からすると、エリアはそれほど広くないかな…という面積でしたが、依頼者さんが来られて活動エリアを確認しますと、外周の道路際までと分かりまして、うーんこれはなかなかの広さだねと…。

集合時の参加人数は5名、後から1名増えて6名態勢となりましたが、面積に対して人数が足らない…。


開始時の天候は曇り空でしたが気温は3℃。ほぼ無風だったことが幸いでしたが、とにかく底冷えがしてじっとしているとこごえるような寒さ…。

会津の山々がくっきり見えていたので雪の方はしばらく大丈夫そうでしたが、昼過ぎからは降雪可能性が高まるため、とにかくできるところまでやりましょうと活動活動…。


私めは伐採した立木類の搬送と片付け班として従事。

ジッとしてるととにかく寒いので、午前・午後とひたすら搬送、積み上げを繰り返し、無理くり体温を上げまくり…。

休憩時間もあまりゆっくりせず、休憩を早々に切り上げて活動を続け、午後3時でタイムアップ。

そうぼら活動報告2019/2/9

心配した天候も、一時横なぐり状態の降雪となる場面がありましたが積雪までには至らず、地面がうっすら白くなる程度で持ちこたえてくれました。


残念ながら、人数が足らず依頼エリアの半分残しで継続案件となりましたが、あと1回入れば終わるのではないかと。


ーーーーーーーーーーーーーーー


終礼後、浪江町の日帰り入浴施設で汗を流し、コインランドリーで洗濯を済ませ、いつもの仮眠場所、道の駅「南相馬」にてんしーん。


いつもはこのまま朝まで休むところですが、夕方から降雪状況が本格化し1時間もしないうちに車が雪で埋もれてしまう状況に…。


何度か車から雪を降ろすなどしましたが雪は降り止まず、このまま降り続けば、明日車を出せなくなる可能性があるかもと、明日の集合場所に近い40Kmほど南下したところにある道の駅「楢葉」(道の駅自体は休業中)に転進し、ここで仮眠をとることに。


持ってきて良かった〜と毛布を頭からかぶっておやすみなさい…😪zzz



2/10編に続きます→


theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

2019福島ボランティア4〜5回目を終了②

2019.02.05.12:37



【2/3編】


出発前、関東の冷えこみに東北の車中泊は大丈夫だろうかと若干尻込みしていましたが、むしろ福島の方が冷え込みがないくらいでして、朝方の気温計表示は0℃。

福島浜通りは海に近い分、会津の山々から吹き下ろす風がないと意外と暖かいのです。

冬山対応寝袋と2枚重ね毛布で余裕の車中泊となりましたよ。

アラームで起床し、洗面と着替え、車内の曇り取りを行なっている間に車内のシートを走行モードに切り替え、朝のコーヒーをコポコポ…。☕

余談ですが、外で淹れるコーヒーもだいぶ板についてきまして、コーヒー豆専門店から取り寄せた豆を直前に挽き、ペーパーフィルターで淹れてボラ仲間に振る舞いますと、コンビニコーヒーとは比べものにならないくらい美味い!と好評なのです。(ま、半分はお世辞だと思いますケド)


時間を見計らい、2日目の集合場所にGo!



2日目の集合場所は、浪江町郊外のすでにおなじみ笹・竹・イグネでジャングル状態になっており、ずっと継続案件となっていたお宅。


初回活動時の状況2018/11/23


足元が不安定で膝を壊した曰く付きの場所ですが、いよいよ最後の伐採というところまできまして、今日で終わらすぞーと最後の一踏ん張りへ。

ただ、この日は参加者が4人といういまだかつてない少人数…。

電話線と建物解体用足場に枝が絡んでいて、高枝切りなどで枝を慎重に梳きながらの作業へ。

ロープをかけて道路側には倒さないよう慎重に作業を行いまして、少人数ながらも午前中で全ての伐採処理を完了。完パケ状態にしまして激闘の現場も大団円へ。


そうぼら活動報告2019/2/3


最初に来た時はびっしりと密生したジャングル状態で、中はどうなっている?状態でしたが、全伐採してみるとあ~スッキリという風景が広がりましたよ。

激闘の現場を眺めながら昼食をとり、第二の現場にてんしーん。




第二現場はすぐ近くの同じ浪江町郊外のお宅で、庭に放置されている伐採木を玉切りしてほしいという依頼でした。

直径60~70センチ、長さが3mくらいでしょうか、広葉樹の伐採木2本が庭の外れに保管されていまして、回収業者が持って行ってくれる大きさに切ってほしいとの依頼で、30分もかからずに完パケにして終了。



引き続き、第三の現場にてんしーん。


第三現場は昨日の草刈り現場。お手伝いの別団体が午前中に作業してくれていまして、そこに合流という形になりました。


仮払い機を抱えて蔓をぶった切り、フレコン詰めを繰り返し。昨日から同じことの繰り返しのため、なんだか飽きたぞ…と思いながらも約2時間活動し、午後3時過ぎにタイムアップ。


草刈りはほぼ終了し、後は立木類の伐採を残すのみという段階まできて継続案件となりました。

残りあと1回くらいで終わりそうな感じでしたよ。


終礼後、一路帰宅の途につき、午後10時前に帰宅。

事故なく、怪我なく本年4回目、5回目の福島ボランティアを終了しました。


次回は、3連休のうち、土日の2連チャンでいつもの団体の福島ボラが予定されているのですが、日曜にマラソン大会(いわきマラソン)のヘルプ(マッサージ隊)にきてくれないかと頼まれているので、土曜は福島ボラ、日曜はマラソンのヘルプに行く可能性大です。



それではまた。


theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

2019福島ボランティア4〜5回目を終了①

2019.02.04.23:46


2/2~2/3

2019福島ボランティア4~5回目を終了しましたのでその記録です。


ーーーーーーーーーーーーーー


2月第1週のボランティアは、先週福島まで行きながらボラ中止というドイヒーな展開だったことから、今週はやるぞーと早速のエントリーを。

1月は結局、3回しか参加できずという結果に終わりまして、年間目標の50回参加を確実にするには、一ヶ月あたり4回から5回は参加しておきたいと思っているところ…。行ける時には確実に回数をこなしておきたいところですな。


天気予報も問題なさそうだったので、土曜日の早朝午前2時に福島に向けてしゅぱーつ。

出発時の埼玉県南部の気温は、空気がピーンと冷えてる~と感じるマイナス2℃…。関東でマイナス2℃って福島は何度?と心配するくらいの冷えこみでしたョ。😖

通行量は閑散としていまして、快適なドライブ。

気温も茨城県内でマイナス3℃表示がありましたが、それ以下には下がらず、路面凍結もなく、午前8時には福島にとーちゃーく。

集合場所近くのコンビニで集合時間までまったり…☕️


ーーーーーーーーーーーーーーー


【2/2編】

初日の集合場所は、浪江町中心街からほど近い権現堂地区の住宅地。

平屋の一戸建て住宅が複数建っているエリアで、古い市営住宅なのかな?という感じの風景が広がっていました。

到着時には、依頼者さんがすでに来られていて、リーダーが依頼内容や作業エリアを確認していましたが、なんと作業依頼は住宅が建っている全てのエリアの草刈りと立木伐採が希望とのことで、え~って感じ…。😳

一棟一棟は小ぶりな建物ですが、庭もついていて土地面積は一棟あたり約40坪、それが7棟プラス建物のない敷地があり…。うーん、これは業者案件じゃね?というのが正直な感想でしたよ。😓

草葉は冬で枯れてはいるものの、地面には葛などの蔓がびっしり四方八方に伸びていて、これは一筋縄では行かない現場だと開始前から冷や汗が…。

まあ、できるところまでやりましょうとそれぞれ任務分担に従って活動開始。あ、珍しく私めは仮払い機ではなく、刈った草をフレコンバックに入れて片付け担当でしたよ。

刈り倒された草を集め、フレコンバックにひたすら詰め詰め…。

刈り払い機担当も大変でしたが、片付け担当も負けず劣らず大変…。

午前・午後とひたすら袋詰めと片付けを行いまして、午後3時にタイムアップ。全体の40%くらいの面積をやっつけましたが、完パケには程遠く、継続案件行きとなりました。


そうぼら活動報告2019/2/2-2/3


休憩時間に依頼者さんに聞きますと、一見すると市営住宅のような造りでしたが、土地も建物も、依頼者さんの個人持ちだそうで、貸家業を営んでいたそう。

震災後無人で建物は再利用は不可能な状態でしたので、取り壊す以外になさそうですが、取り壊した後はどうするんだろうか…というところでしたな。


終礼後、日帰り入浴施設とコインランドリーで洗濯しまして、道の駅に移動し、おやすみなさい…😪zzz


2/3編に続きます→

theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

そりゃないよ〜の巻

2019.01.28.17:02


2019/1/27


1月第4週は、日曜日のみ単発のボランティア活動の予定があり、前週はお休みしたため今週は行くぞ~と早々に参加申し込みを。

参加申込み時の福島浜通りの週間天気予報は「晴れ」でしたが、週末が近づいてくるにつれ、寒気が日本列島に流れ込み前日の土曜日(1/26)に降雪のおそれがあると変化…。

それでも浜通りは、ボランティアに参加しだしたここ4~5年で、スタッドレスタイヤが必要だった場面は記憶にないくらい…でしたので、今回も大したことはないだろうとタカをくくり楽観視。

リーダーからも、降雪予報があるので道中は気をつけてとの連絡はあったものの、活動自体は行いますとのことでしたので、出発準備を進めることに。

ーーーーーーーーーーーーーー


ただ、さすがに降雪予報があって車中泊はキツいかと宿を探しますと、ちょうど道中にできた、福島県広野町のビジネスホテルがオープン記念で格安で空室があったのでそこに予約を入れ、これで準備万端と前日1/26の午前10時に自宅をしゅっぱーつ。

いつもの車中泊ですと前日の夜出発でOKなのですが、今回は宿を予約、2食付きプランでしたので、夕食に間に合う午後6時着から逆算すると、渋滞も考慮して午前10時出発…ということにしたのですが、後々これが悲劇の原因になってしまうのでした。


出発前にTwitterなどで浜通りの情報を確認しますと、浪江町で10cmくらいの積雪があったとなっていましたが、我が家地方は晴れて気温も8℃くらいの全くの別世界…。


もちろん、メールチェックもしましたが特段変わった連絡はなかったので、一路福島へ向けハンドルを…。

ここ最近、昼間帯に福島行きをしていなかったため、茨城県内で渋滞にあい、若干イライラを感じつつも福島に着いたのは午後6時前。

心配した積雪状況も、日かげになっているところには残っているものの、路面はドライでノーマルタイヤでもノープロブレム状態でした。

ホテルにチェックインしまして、あー疲れたと荷物を降ろし、部屋でくつろぎながらメールチェックをすると「ボランティア中止のお知らせ」との見出しをはっけーん!😳

なにぃ~と、内容を確認しますと、活動場所の積雪が予想以上で作業依頼の草刈りができない状態、朝晩の路面凍結も予想されるので中止にしましたとのこと。

なんだよ~このメールいつ来た?と、送信時間のタイムスタンプを確認すると…午後1時30分。

ボラ当日の朝出発で間に合う方はこれでいいですけど、こちとら片道8時間ですから、この時間はもう茨城県内走ってましたョ…という時間のメール発出で、そりゃないよ~状態。😫

しかも、先払いの宿にチェックイン後ですから、踏んだりけったり…部屋で呆然としてしまいましたョ。😓

いつもの車中泊でしたら、当然、出発前のメールチェックで気付き、8時間もかけて福島には来なかったんでしょうが、まあ~不運が重なったというしかありません。

チェックイン直後で、ボラがなくなったので帰ろうかなとも思ったのですが、当日キャンセルも不泊扱いで100%請求されるとのことでしたので諦めて泊まっていくことに…。

夕飯をいただき、全豪オープンでの大坂なおみ選手の優勝を見届けましてベットで就寝…😪zzz

翌朝、セットの朝食をいただいたあとにチェックアウトして、そのまま国道6号を南下して自宅へ。

ただただ、移動の時間と必要のないお金を使ってしまったという徒労に終わった1月第4週でしたが、これに懲りず2月も頑張りたいと思いマス。😅


それではまた。


theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

ボラは一回お休み、神社巡りへ

2019.01.21.21:42



1月第3週と第4週は、いつも参加している福島ボラはともに単発での活動予定が…。

単発のボラとなると必然的に日帰り行程。

日帰りとなると、移動時間が往復で15時間、ガソリンや高速代など移動のコストは連チャン参加と変わらず必要なため、体にもお財布にも優しくない…。

ということで、土曜日に活動が入っていた第3週は一回お休みしまして、日曜日に活動がある第4週のみに参加することにしましたョ。


ーーーーーーーーーーーーーーー


ボラのない土日は手持ち無沙汰…。

特にやることもなかったため、今週は以前から気になっていた江島神社・走水神社へ新年のご挨拶を兼ね、お参りに行くことに。



午前7時に家を出まして一路江ノ島へ向けGo!。

2時間ほど車を走らせ、午前9時過ぎに江ノ島へとうちゃーく。

市営駐車場に車を止め、歩いて江島神社参道へ。



この神社は山の山頂付近にあるため、軽い登山をしながらの参拝になり、エスカーと呼ばれるエスカレーターシステムがあるのですがこれが有料…。(3区間で大人360円)

以前にこのエスカーを使ったことがあるのですが、大した距離でもなく歩きで十分だなと思っていたので、今日は自分の足で登って参拝をすることに。

IMG_0865.jpg
天気が今ひとつなのが残念😥


ーーーーーーーーーーーーーーー


IMG_0859.jpg


竜宮城を模した瑞心門をくぐりまして、20分ほど階段を登りますと最初に現れる社殿が「辺津宮」(へつみや)。


04.jpg
画像は公式HPより借用


ここの御祭神は田寸津比賣命(たぎつひめのみこと)。

位置的に一番最初の社殿で、神社のご祈祷などもここで行われるとのことで、お社は権現造りの立派なものでした。

手水舎でお清めした後、参拝しご挨拶を。

本殿横には、日本三大弁財天のひとつとして有名な妙音弁財天(みょうおんべんざいてん)が安置されている奉安殿、さらにその横に建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)が祀られている八坂神社があり、それぞれにご挨拶をして次なるお社へ。

09.jpg
画像は公式HPより借用


辺津宮から5分ほど歩くと朱色の社殿が特徴的な市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)を祀る中津宮(なかつみや)が現れます。

中津宮
写真はネットから借用

さらにここから約10分ほど歩くと、三姉妹の女神様の一番上の姉神さまとされる多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)が祀られている奥津宮(おくつみや)が。三姉妹の長女とされるお社ですが、こじんまりとした造り…。

奥津宮
写真はネットから借用

奥津宮の横には龍の宮(わだつみのみや)。御祭神は龍宮大神という龍神様とのこと。

龍の宮
写真はネットから借用


参拝を終えまして歩いてきた参道をUターン。辺津宮の社務所で御朱印をいただきまして江島神社の参拝を終了。

下山中のお土産屋の並ぶエリアは、歩くのも大変なくらいの大混雑。

大半は外国人観光客でしたが、参拝はしないでお土産屋だけに来ていたような感じでしたョ。


駐車場に戻りながら島内を歩きますと、いたるところに猫が…。

海に囲まれた小さな島なので、釣り客も多く、餌にありつけるのでしょうかね。

駐車場近くの公園にあった氏神様にも猫の集会が…
IMG_0858.jpg

ちょっとモフモフしながら、次なる目的地の横須賀にある走水神社へてんしーん。


ーーーーーーーーーーーーーーー


江ノ島から約1時間走り、走水神社のある馬堀海岸へ。

江島神社は観光客でいっぱいでしたが、走水神社はほとんど参拝者もいないしずかーな雰囲気でした。

ここはこじんまりとした神社なのですが、古事記や日本書紀にでてくる日本武尊(やまとたけるのみこと)を御祭神とする、知る人ぞ知るパワースポットとされる神社です。

有名な話としては、小泉純一郎元総理が信仰されていて、変人と呼ばれていた自民党若手時代にこの神社にお参りし、その後総理大臣まで駆け上がり、長期政権を築いたことで有名です。

後継者の小泉進次郎氏も参拝されていて、社務所内に色紙が飾ってありましたので、いずれ進次郎さんも総理になられるのではないでしょうかね。

IMG_0875.jpg


参拝者も少なかったため、じっくりと参拝させていただきまして御朱印もゲットし帰宅の途に。

IMG_0876.jpg
江島神社…御朱印代をとりながら日付以外はゴム印ですか😒



久しぶりに走る神奈川から都内を抜ける運転に緊張しましたが、事故無く帰宅、神社参拝ツアーを終了しました。



来週は日曜日のみの日帰りボラに参加予定です。



それではまた。

theme : 日記
genre : 日記

2019福島ボランティア1〜3回目を終了③

2019.01.17.19:42



【1/14編】


前夜も冷え込みは大したことなく、車体の凍結はなし。


しかし、日本海側や北海道は寒気の流れ込みなどで大雪になっているそうですが、この冬は暖冬とかって言っていませんでしたかね。


6時に起床、車内を整理し、洗面・着替えを済ませて最終日の集合場所にGo!



この日の集合場所は、浪江町酒田地区の個人宅。

解体作業待ちの母屋の周囲にイグネや竹などが生えている状態で、依頼が入った時点では、この日までには解体作業が終わっている予定だったそうですが、解体作業が遅れ、いまだ手付かず状態。

伐採木が家屋に覆いかぶさっている状態のため、解体前に家屋を壊すとマズイとのことで伐採はせず、伐採時の下処理として竹の伐採に変更し活動することになりましたョ。


この日も参加者は15名超えの大人数だったため、チェーンソー班と搬送班に分かれて活動開始。

私めは搬送班として従事、1時間ほど汗を流していたところで、次の現場に転進との指示でて、資機材を撤収、第二現場にてんしーん。

そうぼら活動報告2019/1/14①


ーーーーーーーーーーーーーーー


第二現場は、同じ地区にあり、広い庭に庭木が伸び放題になっている個人宅。


依頼者さんは、現在、いわき市に居住しているそうですが、電車が開通する頃には帰還したいと思っているとのことで、自分で手に負えない庭木の剪定をお願いしたいという依頼でした。

一部の庭木の伐採はあるものの、基本的に枝葉類の剪定のため、ひたすらジョキジョキジョキ…。

刈った枝葉も細かいものを除き、山積みでOKでしたのでサクサク進みまして午後1時には完パケにしてタイムアップ。


そうぼら活動報告2019/1/14②


活動開始時に比べ、見た目にもさっぱりとした庭になりまして、依頼者さんもとても喜んでくれましたョ。



ーーーーーーーーーーーーーーー


3連チャン活動だったため、この現場でいったん中締めに…。

ただ、応援に来ている別団体が、まだ活動を行っているとのことで、体力が残っている人は転進をして応援に行ってほしいとの依頼があり、私めは当然転進することに。


最後の転進場所は、3連休初日に活動した、竹・笹の密生していた現場…。

ただ、この日は道をはさんだ畑のにある梅や桜を伐採とのことで、足場も良く、活動自体はしやすい場所でしたョ。

電話線を超える位置まで枝が育っているため、はしごや高枝切りで慎重に切り進め、1時間半ほど活動したところで継続案件として全ての活動を終了することに。

そうぼら活動報告2019/1/14③


前回、あと1〜2回で完パケになるかもと思っていましたが、この立木類に手間がかかりそうなため、1〜2回では終わらないかも…という感じですな。


                                                                             
終礼後、まっすぐ帰宅の途につきましたが、3連チャン参加で疲れが溜まっていたようで、途中、どうにも眠気に勝てず、車が右へ左へと蛇行してしまい、危険な状態に。

たまらず、途中でコンビニ駐車場でシートを倒して、1時間ほど仮眠をとりまして、ヘロヘロになりながらも、午後10時過ぎに何とか帰宅。


ちょっと危ないシーンもありましたが、事故無く2019年のボランティア初めを終えることができました。


今年もまたボランティア話が中心になりそうですが、本年もよろしくお願いいたします。


それではまた。


theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

2019福島ボランティア1〜3回目を終了②

2019.01.16.18:03



【1/13編】


前夜の冷え込みは大したことはなく、朝になっても車体の凍結はなし。

車中泊モードから走行モードにシートを戻し、洗面と着替えをして2日目の集合場所へGo!



この日の集合場所は、富岡町夜の森地区の個人宅。

まだまだ新しい家屋+広い庭のあるお宅で庭木や枯れ草、奥に回ると笹や竹などが密生しているようで、結構な作業量だなという印象のお宅でした。


参加人員は15名を超える大人数で、やはり3連休初日は移動日、2日めからボラ参加という方が多かったようですな。

私めはすでにレギュラーとなった刈払機班としてとつげき~。\(((( ‘ω’)/ウオオオアア---ッ!!!

枯れ草はまだ良かったのですが、家の裏に回ると斜面の笹と竹の密生が難敵…。

気を抜くと斜面から転げ落ちそうになりながらも、なんとか踏ん張り、笹や竹を刈払いまして、刈ったものはフレコンバックへIN。


かなりの作業量でしたが、人数に物をいわせて午前中には完パケしてのタイムアップ。


そうぼら活動報告2019/1/13①


資材を撤収し、第二現場へてんしーん。


ーーーーーーーーーーーーーーー


第二現場は、昨年末からの継続案件になっていた同じ富岡町の伐採現場。

ここは伐採木自体は他人の土地にあるものですが、帰還され居住されている住民の方から、伐採しないと放射線量が下がらないとのことで、土地所有者の許可を得て伐採することになったというワケありの現場。

実際には、杉や檜の樹皮の放射線量を測ると、確かに関東などと比べると高い数値がでるものの、家の周囲だけを伐採してもその外周が森のようになっているため効果は気休め程度では?…とは思うんですけどね。


午前中から応援に来てくれていた別団体が活動していまして、そこと合流する形で午後から活動開始。

伐採木は合板の材料にするとのことでしたので、私めは切り揃える長さをチェックする定規とチョークを手にして現場にIN。


切り倒された幹にチョークを引き、玉切り後は搬送場所に引きずり転がし…あーしんど。(´-﹏-`;)

20本ほどの立木を伐採、処理して午後3時前に完パケにしてタイムアップ。


そうぼら活動報告2019/1/13②


依頼者さんも、見通しと日当たりが良くなったと喜んでくれましたョ。😊



終礼後、日帰り入浴施設で汗を流し、道の駅に戻っておやすみなさい。😪zzz…


1/14編に続きます→


theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

2019福島ボランティア1〜3回目を終了①

2019.01.15.18:39



2019/1/12~1/14

福島ボランティア本年1回目~3回目を終えましたので、その記録です。

ーーーーーーーーーーーーーー


今年のボランティア初めとなる1月第3週の活動は、土曜・日曜・月曜(祝)の3連チャンが予定されていまして、今年最初の活動ですからもちろん行きますとも~と、昨年のうちから参加申し込み済みで、福島へGo!することに。


今回は同乗要請もなかったので、気楽な一人行程。

12日土曜、午前2時半に福島に向けしゅぱーつ。

120円台に落ち着いてきたガソリン価格にホッとしつつ、順調に福島へ向け北上、午前8時半に集合場所直近のコンビニにとーちゃーく。

今回は出発時間が少し遅らせたため、集合時間まで余裕がなく、コンビニでは昼食を買い込むのみで集合場所へてんしーん。


ーーーーーーーーーーーーーーー


【1/12編】


初日の集合場所は、浪江町苅宿(かりやど)地区の個人宅跡地。

建物はすでに解体され更地でしたが、枯れ草がそこかしこに…。

敷地面積は福島郊外にしては狭いかな?という広さで、かつ、庭木はそのままで草刈りのみの依頼ということでしたので、作業量からすれば大したことはありませんでしたが、集合時の人数がえっ?これだけという5人と寂しいもの…。

3連休なので参加者は多いのかと思っていましたが、午前中は移動時間にして午後から参加という方も多かったようで、午前中は少数精鋭で勝負!という感じでしたな。(;^ω^)


刈払機班と袋詰班に分かれて活動開始。私めは当然…いつもの刈払機を抱えてとつげき~\(((( ‘ω’)/ウオオオアアア---ッ!!!


しかし、この日は冷え込みがきつっ!。活動開始時はおそらく2℃とか3℃くらいだったと思われ、フードを頭からかぶって風を防いでの活動となりましたョ。

始まる前はブルブル震えていましたが、動き始めるとすぐに汗が額に吹き出てきまして、休憩時間には身体を冷やさないようにしないとという感じでした。

人数は少なかったものの、勝手知ったるいつものメンバーでサクサク進み、昼前には完パケにして任務完了。

そうぼら活動報告2019/1/12①

資材を撤収して次の現場にてんしーん。


ーーーーーーーーーーーーーーー


転進した場所は昨年末最後に活動した場所。

例のできれば避けたいと思っていた立木&竹&笹トリプルコンボの現場でしたョ。(;´∀`)


ただ、前回の活動で竹と笹の伐採は終わらせたので、今回は道路側のイグネ伐採がメイン。午後から5名増えた計10名で後段の活動を開始。

イグネ自体は小径木ですが、上部の枝が電話線に絡んでいるため一筋縄ではいかない…。

高枝切りなどで電話線に引っかかりそうな枝を切り落とし、ロープをかけ、道路側に倒れないよう引っ張って伐採。

私めは、ずっと上を見ながら高枝切りをしていたため、首が痛っ!。😓

まるで真下から打上げ花火を見ているかのような態勢を強いられ、地味ですが厳しい活動でしたョ。



午後のみの活動だったため、10本ほどのイグネを伐採、玉切りしてこの日の活動を終了。

あと1〜2日活動すれば終われるかな…という進行具合で継続案件行きとなりました。

そうぼら活動報告2019/1/12②

終礼後、日帰り入浴施設で汗を流し、コインランドリーで洗濯、道の駅に転進しておやすみなさい。😪zzz…


1/13編に続きます→


theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

福島ボランティア61~63回目を終了③

2018.12.27.23:20



【12/24編】


昨夜は忘年会終わりで、一部のメンバーが宿泊先で大騒ぎ…。

2次会&大いびきの合奏で耳栓をしてもねむれなーい。

帰りのロングドライブを考えると、しっかり睡眠をとっておきたいのですが、ろくに寝られずに朝を迎えることになってしまいまして…マイッタね。😓

仕方ないとまだ薄暗いうちからゴソゴソと起き出し、着替えをし、同乗者用のスペースを確保して3日目の集合場所へGo!



最終日の集合場所は、浪江町の郊外にある、川添地区の元個人宅の跡地。

建物は解体済みで砕石が敷かれていましたが、外周に立木や雑草が生えている状態。

敷地は福島にしてはこじんまりした広さ、参加人員も20人弱いたので1時間もかからないのでは…という見立てで活動開始。

今日も刈払機班の指名を受けまして、刈払機を担いでとつげき~\((( ‘ω’)/ウオオアア---ッ!!!


結果、1時間もかからず、30分で完パケにし任務完了。


そうぼら活動報告2018/12/24①


資材を撤収、次なる現場にてんしーん。


ーーーーーーーーーーーーーーー


後段の活動場所は…11月23日から3日間連チャンで草刈り伐採にあたった浪江町郊外の個人宅。

立木&竹&笹の密生・トリプルコンボの現場で、できれば避けたかった〜というお宅。


むむむ…いつかはやっつけないといけない、避けては通れない場所だなとは思っていましたが、よりによって3連チャンの最後にぶつけてきましたか…リーダー。😓

前回の活動で、転んで膝をひねり、左膝に力が入りづらくなっているので、悪化させないようにしないとと気合を入れ直してとつげき〜\((( ‘ω’)/ウオオアア---ッ!!!


刈払機を振り回しながらひたすら草刈り草刈り、刈った後はレーキでかき集めてクリーンアップ。

前回までの活動では、敷地の向こう側が見通せませんでしたが、笹で生い茂ったブッシュを刈払いまして無事開通。

残りは道路側のイグネ伐採を残す状態となってこの日のタイムアップ。

残りあと1〜2回で終えられるかな…というくらいになりました。


そうぼら活動報告2018/12/24②


終礼後、リーダーから今年一年間のボラ参加へのねぎらいの言葉をかけていただきまして、2018年のボランティア活動を終了しました。


ーーーーーーーーーーーーーーーー


【2018年まとめ】

◯東日本大震災
福島県内相双地区での活動63回

◯西日本豪雨災害
岡山県総社市での活動3回
岡山県倉敷市真備町での活動6回

ボランティア参加合計72回となりました。

年初の参加目標回数は50回でしたので、目標をクリアできたのは良かったのですが、大きなケガは無かったものの細かなケガや捻挫などは複数回してしまったので、来年はこれをなくすことを新たな目標にしたいところです。




年内の更新は、本投稿にて終了とさせていただきます。

今年も1年間、拙いブログにお越しいただきましてありがとうございました。

良い年をお迎えくださいますように…。


それではまた来年お会いいたしましょう。(⌒▽⌒)


theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

福島ボランティア61~63回目を終了②

2018.12.26.21:29



【12/23編】


前夜の冷え込みは大したことはなく、むしろ着込んで寝たところ暑くて目が覚めたほど…。😅

ただ、ガラスの結露は如何ともし難く、曇り取りを全開でぶん回しながら視界がクリアになるまで車内整理や、湯を沸かしてコーヒーをコポコポ…。☕


同乗する方の乗車スペースと荷物を積むスペースを確保し、2日目の集合場所にGo!


この日の集合場所は、浪江町の郊外、立野地区のおそらく元農家の跡地。

母屋は解体され更地になっていましたが、前日同様、敷地の外周にイグネ、立木、雑草が生い茂っている状態。

しかし、ここのお宅も敷地が広い…広すぎる。

高齢の夫婦がお住まいだったそうですが、現在では施設に入っておられるそうで、管理ができないためボランティアを依頼したとのことでした。


この日は夜に忘年会があるため、参加人員が20人超えという大人数。

これだけの人数がいれば広い敷地も何とかなるかと、おなじみ刈払機班としてとつげき~。\(((( ‘ω’)/ウオオアア------ッ!!!


ひろ〜い敷地内の草刈り、立木の伐採、イグネの伐採、玉切り幹の搬送などにあたりまして、もうそろそろお終いかな〜という見通しになった午後3時…男性参加者のみリーダーから集合がかかりまして、約100m離れた第二現場に転進してもらうとの指令が…。😳

あちゃ〜まだあったのかぁ…とちょっとガクッときましたが、リーダーの指令は絶対なので、ハイハイと歩いててんしーん。


第二現場は、柿の木や栗の木などが5本ほど植えられている畑のようなところで、残っている樹木を全伐採してほしいとの依頼。

先の現場で、一旦緊張が途切れたところもあり、得てしてこういう時に事故やケガをすること多いので、もう一度気合を入れ直して伐採、搬送に従事。

結局、1時間半ほど残業した午後4時半過ぎに完パケにしてタイムアップ。


そうぼら活動報告2018/12/23


忘年会が控えていたため、急いで入浴施設で汗を流してから、忘年会にとつにゅ〜。


楽しいひと時を過ごした後、明日に備えておやすみなさい。😪zzz…


12/24編に続きます→

theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

福島ボランティア61~63回目を終了①

2018.12.25.23:15


2018/12/22〜12/24

福島ボランティア本年61回目~63回目(本年累計70回目~72回目)を終えましたので、その記録です。

ーーーーーーーーーーーーーー


12月第4週のボランティア活動は土曜・日曜・月曜(祝)の3連チャン。今年最後の活動&忘年会ありと盛りだくさんの内容で、もちろん行きますとも〜と、参加申し込みしまして福島へGoすることに。


今回は2日目から帰宅までの同乗も頼まれていてにぎやかな行程になりそう…。ただ、いつもより多くなる3連チャン用の荷物と人を乗せるスペースとの兼ね合いが悩ましいところですな。

22日土曜、午前1時半に福島に向けしゅぱーつ。


深夜営業のガソリンスタンドで入れた値段は、リッター132円。一時期の狂乱状態からはだいぶ値が下がってきましたが、原油価格の下げと比べると小売価格の値の下がりが遅い!と言いたいですな。


順調に福島へ向け北上し、午前8時に集合場所直近のコンビニにとーちゃーく。

集合時間までコンビニ駐車場でまったり…☕


ーーーーーーーーーーーーーーー


【12/22編】


初日の集合場所は、浪江町北幾世橋地区の個人宅跡地。

建物は解体され、更地となっていましたが…敷地が広っ!😳
まあ、福島にしては標準の広さかもしれませんが、ちょっとしたアパートや低層マンションくらいは建てられる敷地面積でしたな。


母屋のあったであろうエリアは砕石できれいになっていましたが、敷地の周囲にイグネ、その他の低木の立木類や雑草などが生い茂っていて、ちょっと厄介だねという現場でした。

参加人員は当初8名、後から数名合流するという予定で活動開始。


最近ではすっかり刈払機専従要員になっていますが、今日もまっさきに名前を呼ばれまして刈払機を担いでとつげき〜。ウオオオアアアアアアアア\( ‘ω’)/


この日の天気は快晴、風もほとんどなくたまに吹いてきても海風でなま暖かい…。っていうより、異常なくらいの暖かさじゃね?という気候でしたョ。😅

先週がマイナス7℃の川内村でしたので、雲泥の差。汗をカキカキ、ひたすら刈払機で草刈り草刈り…。



午後から増えた2名と合流し、午後は伐採班のヘルプに入りまして玉切り幹や枝葉の搬送に従事。

伐採と落ち葉類のかき集めも行いまして午後2時半には完パケにして活動を終了しました。


そうぼら活動報告2018/12/22


余談ですが、こちらの依頼者さんはとっても素晴らしい方でして、活動開始直後に差し入れを持って挨拶にきてくれただけでなく、その後もずっと現場に残り、時にホウキで掃除を手伝ってくれるなど…あとやっておきますからと言っても「人様にやっていただいているのに申し訳ないので…」と最後までずっと現場に残っておられました。

活動終わりには、私達一人ひとりにわざわざお礼の言葉をかけてくださいまして、かえってこちらが恐縮してしまうくらいの対応を…。

時に、ボランティアは無料の便利屋という感じの依頼者さんがいるなかで、ひときわ人間性が輝いている方でしたな。



しかし、暑かったなぁ…と思いながら車のエンジンをかけますと、外気温表示は18℃…冬の東北で18℃ってどうなの?という異常な温度でしたョ。😅


終礼後、日帰り入浴施設で汗を流し、コインランドリーで洗濯、道の駅に転進しておやすみなさい。😪zzz…


12/23編に続きます→


福島ボランティア59~60回目を終了②

2018.12.18.18:06



【12/16編】


昨夜の就寝準備中、すでに車体が凍りついていたので、寝袋+毛布をかけて寝たところ、あっつい!と目が覚め、毛布を剥がし寝袋のみにして二度寝。

荷物になった毛布でしたが、ドア付近から侵入してくる冷気を遮断するように使えたため車内はいつもよりかえって快適…毛布の持ち込みは大正解でした。

二度寝後、午前6時にアラームで目が覚め起き出しますと、ガラス面がびっしりと凍結…。車の温度計表示によると外気温は−3℃。

車外側のガラスでしたら、解氷剤スプレーなども積んであるのですが、車内側となるとエアコンの温風で溶かす以外には方法がない…。

また、溶け始めると車内に雫として垂れてきてダッシュボードなどが水でビシャビシャ…冬の車中泊は大変なのです。

凍りついた窓ガラスが溶けるまで、湯を沸かしてコーヒーを淹れながら30分ほどしますと、凍りついた窓ガラスも溶けて視界良好。濡れたダッシュボードも拭き上げ、2日目の集合場所にGo!



この日の集合場所は福島県川内村。

川内村といえば、一昨年ボラ中にハシゴから落下し、右手首を骨折した苦い思い出のある地。

しかも村そのものが高原にあり、すでに降雪もあったということで、参加者はスタッドレスタイヤ装着が条件となっていました。

私めは、12月に入ってすぐに冬タイヤに交換済みだったので参加条件はクリアしていましたが、事故や怪我は御免と慎重にハンドルを握りましたョ。

県道で川内村に入りますと、車の外気温表示は−5℃まで低下…。道路脇に設置されている気温表示は−7℃までありましたが、とにかくひえっひえ…。

自然環境は最高なところですが、人が生活していくには過酷な土地だなと感じましたな。



この日の集合場所は上川内地区の農家のお宅。すでに帰還されているお宅でしたが、どうやら戻っているのは年老いたおばあちゃん一人のよう…。雪深くなってしまうと大丈夫なのかなと、ちょっと心配でしたョ。


依頼内容は、母屋直近にそびえ立つ杉の巨木3本と小径木立木数本の伐採をしてほしいとの内容。

玉切りした幹類は薪にしたいとのことで、薪置き場前に山積みにしてほしいとのことでしたが、なにせ直径7~80センチ、高さ30m超えの巨木3本となると、薪置き場は玉切り幹で埋まってしまうんじゃないかと…。


母屋側に傾いているものはチルホールで引っ張りながら倒し、傾いていないものについてはクサビで倒して玉切りして搬送のくり返し。

心配していた通り、薪置き場前は玉切り幹で埋め尽くされてしまい、うーん、これ全部薪にするんですか?というくらいの量になってしまいました。


キャンプ地近くのホームセンターに行くと結構いい値段で薪が販売されていますが、福島で伐採ボラをしてますと、いくらでも薪はタダで入手できるんですけどね。😅

地域によっては、ダンボールの原料にすると言って業者が引き取りにきてくれますが、ダンボール原料が高騰しているとのことで、電話するとすぐに取りにくるんですけどね。


玉切り後の移動距離も近く、大径木とはいえ本数も限られていたため開始2時間ほどで完パケ状態に。


そうぼら活動報告2018/12/16


リーダーが午後から、地元の会合に出席するためこの日の活動はここで終了となりました。


時間が早かったので、川内村にあるいわなの郷「幻魚亭(げんぎょてい)」で食事、さらに近くにある「かわうちの湯」で温泉を堪能し、午後2時過ぎに川内村を後にして帰宅の途に。


出発時間が早かったため、茨城県内で夕方の渋滞に引っかかり、今ひとつスムーズな帰り道ではありませんでしたが、午後9時過ぎには帰り着きまして、福島ボランティア59~60回目(本年累計68~69回目)を無事故で終えることができました。


次回は土日月の3連休での活動予定があり。中日の日曜日には忘年会も予定されているとのことでちょっと楽しみ…。

今年の〆のボラとなるので、心おきなく活動してきたいと思っています。



それではまた。



theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

プロフィール

旅人macpapa

Author:旅人macpapa
50歳を機にアーリーリタイヤしました。
亡き妻との約束を果たすため「日本の自然と温泉を巡る旅」とボランティア旅に出ています。
以前のブログ「macpapaの日々是感謝
妻が書いていたブログ「ありがとう

主に一人旅人からの目線、感じたことを書いています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
旅人カウンター
旅人オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク