FC2ブログ

ボラは一回お休み、神社巡りへ

2019.01.21.21:42



1月第3週と第4週は、いつも参加している福島ボラはともに単発での活動予定が…。

単発のボラとなると必然的に日帰り行程。

日帰りとなると、移動時間が往復で15時間、ガソリンや高速代など移動のコストは連チャン参加と変わらず必要なため、体にもお財布にも優しくない…。

ということで、土曜日に活動が入っていた第3週は一回お休みしまして、日曜日に活動がある第4週のみに参加することにしましたョ。


ーーーーーーーーーーーーーーー


ボラのない土日は手持ち無沙汰…。

特にやることもなかったため、今週は以前から気になっていた神社へ新年のご挨拶を兼ね、お参りに行くことにしましたよ。



午前7時に家を出まして一路江ノ島へ。

2時間ほど車を走らせ、午前9時過ぎに江ノ島へとうちゃーく。

市営駐車場に車を止め、歩いて参道へ。



この神社は結構急な山を登って参拝するのですが、エスカーと呼ばれるエスカレーターシステムがあるのですが有料…。(3区間で大人360円)

以前にこのエスカーを使ったことがあるのですが、大した距離でもなく、歩きで十分だなと思っていたので、ここは自分の足で登って参拝をすることにしましたョ。

IMG_0865.jpg
天気が今ひとつなのが残念でした😥


ーーーーーーーーーーーーーーー


IMG_0859.jpg


竜宮城を模した瑞心門をくぐりまして、20分ほど階段を登りますと最初に現れる社殿が「辺津宮」(へつみや)。


04.jpg
画像は公式HPよりお借りしました


ここの御祭神は田寸津比賣命(たぎつひめのみこと)。

位置的に一番最初の社殿で、神社のご祈祷などもここで行われるとのことで、お社は権現造りの立派なものでした。

手水舎でお清めした後、参拝のご挨拶を。

本殿横には、日本三大弁財天のひとつとして有名な妙音弁財天(みょうおんべんざいてん)が安置されている奉安殿、さらにその横に建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)が祀られている八坂神社があり、それぞれにご挨拶をして次なるお社を。

09.jpg
画像は公式HPよりお借りしました


辺津宮から5分ほど歩くと朱色の社殿が特徴的な市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)を祀る中津宮(なかつみや)が。

中津宮
写真はネットからお借りしました

さらにここから約10分ほど歩くと、三姉妹の女神様の一番上の姉神さまとされる多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)が祀られている奥津宮(おくつみや)へ。長女のお社ですが、こじんまりとした造りでしたョ。

奥津宮
写真はネットからお借りしました

奥津宮の横には龍の宮(わだつみのみや)。御祭神は龍宮大神という龍神様とのことでした。

龍の宮
写真はネットからお借りしました


参拝を終えまして歩いてきた参道をUターン。辺津宮の社務所で御朱印をいただきまして江島神社の参拝を終了。

駐車場へ向かいますと、お土産屋の並ぶエリアが歩くのも大変なくらいの大混雑。大半は外国人観光客でしたが、参拝はしないでお土産屋だけに来ていたような感じでしたな。


駐車場に戻りながら気づきましたが、江ノ島全体的に猫がいたるところに…。海に囲まれた小さな島なので、餌にありつけるのでしょうかね。

駐車場近くの公園にあった氏神様にも猫が…
IMG_0858.jpg


次なる目的地の横須賀にある走水神社へてんしーん。


ーーーーーーーーーーーーーーー


江ノ島から約1時間走り、走水神社のある馬堀海岸へ。

江島神社は観光客でいっぱいでしたが、走水神社はほとんど参拝者もいないしずかーな雰囲気でした。

ここはこじんまりとした神社なのですが、古事記や日本書紀にでてくる日本武尊(やまとたけるのみこと)を御祭神とする、知る人ぞ知るパワースポットとされる神社です。

有名な話としては、小泉純一郎元総理が信仰されていて、変人と呼ばれていた自民党若手時代にこの神社にお参りし、その後総理大臣まで駆け上がり、長期政権を築いたことで有名です。

後継者の小泉進次郎氏も参拝されていて、社務所内に色紙が飾ってありましたので、いずれ進次郎さんも総理になられるのではないでしょうかね。

IMG_0875.jpg


参拝者も少なかったため、じっくりと参拝させていただきまして御朱印もゲットし帰宅の途に。

IMG_0876.jpg
しかし、江島神社さん…日付以外はゴム印ですか…😒



久しぶりに走る神奈川から都内を抜ける運転に緊張しましたが、事故無く帰宅、神社参拝ツアーを終了しました。



来週は日曜日のみの日帰りボラに行く予定です。



それではまた。

theme : 日記
genre : 日記

2019福島ボランティア1〜3回目を終了③

2019.01.17.19:42



【1/14編】


前夜も冷え込みは大したことなく、車体の凍結はなし。


しかし、日本海側や北海道は寒気の流れ込みなどで大雪になっているそうですが、この冬は暖冬とかって言っていませんでしたかね。


6時に起床、車内を整理し、洗面・着替えを済ませて最終日の集合場所にGo!



この日の集合場所は、浪江町酒田地区の個人宅。

解体作業待ちの母屋の周囲にイグネや竹などが生えている状態で、依頼が入った時点では、この日までには解体作業が終わっている予定だったそうですが、解体作業が遅れ、いまだ手付かず状態。

伐採木が家屋に覆いかぶさっている状態のため、解体前に家屋を壊すとマズイとのことで伐採はせず、伐採時の下処理として竹の伐採に変更し活動することになりましたョ。


この日も参加者は15名超えの大人数だったため、チェーンソー班と搬送班に分かれて活動開始。

私めは搬送班として従事、1時間ほど汗を流していたところで、次の現場に転進との指示でて、資機材を撤収、第二現場にてんしーん。

そうぼら活動報告2019/1/14①


ーーーーーーーーーーーーーーー


第二現場は、同じ地区にあり、広い庭に庭木が伸び放題になっている個人宅。


依頼者さんは、現在、いわき市に居住しているそうですが、電車が開通する頃には帰還したいと思っているとのことで、自分で手に負えない庭木の剪定をお願いしたいという依頼でした。

一部の庭木の伐採はあるものの、基本的に枝葉類の剪定のため、ひたすらジョキジョキジョキ…。

刈った枝葉も細かいものを除き、山積みでOKでしたのでサクサク進みまして午後1時には完パケにしてタイムアップ。


そうぼら活動報告2019/1/14②


活動開始時に比べ、見た目にもさっぱりとした庭になりまして、依頼者さんもとても喜んでくれましたョ。



ーーーーーーーーーーーーーーー


3連チャン活動だったため、この現場でいったん中締めに…。

ただ、応援に来ている別団体が、まだ活動を行っているとのことで、体力が残っている人は転進をして応援に行ってほしいとの依頼があり、私めは当然転進することに。


最後の転進場所は、3連休初日に活動した、竹・笹の密生していた現場…。

ただ、この日は道をはさんだ畑のにある梅や桜を伐採とのことで、足場も良く、活動自体はしやすい場所でしたョ。

電話線を超える位置まで枝が育っているため、はしごや高枝切りで慎重に切り進め、1時間半ほど活動したところで継続案件として全ての活動を終了することに。

そうぼら活動報告2019/1/14③


前回、あと1〜2回で完パケになるかもと思っていましたが、この立木類に手間がかかりそうなため、1〜2回では終わらないかも…という感じですな。


                                                                             
終礼後、まっすぐ帰宅の途につきましたが、3連チャン参加で疲れが溜まっていたようで、途中、どうにも眠気に勝てず、車が右へ左へと蛇行してしまい、危険な状態に。

たまらず、途中でコンビニ駐車場でシートを倒して、1時間ほど仮眠をとりまして、ヘロヘロになりながらも、午後10時過ぎに何とか帰宅。


ちょっと危ないシーンもありましたが、事故無く2019年のボランティア初めを終えることができました。


今年もまたボランティア話が中心になりそうですが、本年もよろしくお願いいたします。


それではまた。


theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

2019福島ボランティア1〜3回目を終了②

2019.01.16.18:03



【1/13編】


前夜の冷え込みは大したことはなく、朝になっても車体の凍結はなし。

車中泊モードから走行モードにシートを戻し、洗面と着替えをして2日目の集合場所へGo!



この日の集合場所は、富岡町夜の森地区の個人宅。

まだまだ新しい家屋+広い庭のあるお宅で庭木や枯れ草、奥に回ると笹や竹などが密生しているようで、結構な作業量だなという印象のお宅でした。


参加人員は15名を超える大人数で、やはり3連休初日は移動日、2日めからボラ参加という方が多かったようですな。

私めはすでにレギュラーとなった刈払機班としてとつげき~。\(((( ‘ω’)/ウオオオアア---ッ!!!

枯れ草はまだ良かったのですが、家の裏に回ると斜面の笹と竹の密生が難敵…。

気を抜くと斜面から転げ落ちそうになりながらも、なんとか踏ん張り、笹や竹を刈払いまして、刈ったものはフレコンバックへIN。


かなりの作業量でしたが、人数に物をいわせて午前中には完パケしてのタイムアップ。


そうぼら活動報告2019/1/13①


資材を撤収し、第二現場へてんしーん。


ーーーーーーーーーーーーーーー


第二現場は、昨年末からの継続案件になっていた同じ富岡町の伐採現場。

ここは伐採木自体は他人の土地にあるものですが、帰還され居住されている住民の方から、伐採しないと放射線量が下がらないとのことで、土地所有者の許可を得て伐採することになったというワケありの現場。

実際には、杉や檜の樹皮の放射線量を測ると、確かに関東などと比べると高い数値がでるものの、家の周囲だけを伐採してもその外周が森のようになっているため効果は気休め程度では?…とは思うんですけどね。


午前中から応援に来てくれていた別団体が活動していまして、そこと合流する形で午後から活動開始。

伐採木は合板の材料にするとのことでしたので、私めは切り揃える長さをチェックする定規とチョークを手にして現場にIN。


切り倒された幹にチョークを引き、玉切り後は搬送場所に引きずり転がし…あーしんど。(´-﹏-`;)

20本ほどの立木を伐採、処理して午後3時前に完パケにしてタイムアップ。


そうぼら活動報告2019/1/13②


依頼者さんも、見通しと日当たりが良くなったと喜んでくれましたョ。😊



終礼後、日帰り入浴施設で汗を流し、道の駅に戻っておやすみなさい。😪zzz…


1/14編に続きます→


theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

2019福島ボランティア1〜3回目を終了①

2019.01.15.18:39



2019/1/12~1/14

福島ボランティア本年1回目~3回目を終えましたので、その記録です。

ーーーーーーーーーーーーーー


今年のボランティア初めとなる1月第3週の活動は、土曜・日曜・月曜(祝)の3連チャンが予定されていまして、今年最初の活動ですからもちろん行きますとも~と、昨年のうちから参加申し込み済みで、福島へGo!することに。


今回は同乗要請もなかったので、気楽な一人行程。

12日土曜、午前2時半に福島に向けしゅぱーつ。

120円台に落ち着いてきたガソリン価格にホッとしつつ、順調に福島へ向け北上、午前8時半に集合場所直近のコンビニにとーちゃーく。

今回は出発時間が少し遅らせたため、集合時間まで余裕がなく、コンビニでは昼食を買い込むのみで集合場所へてんしーん。


ーーーーーーーーーーーーーーー


【1/12編】


初日の集合場所は、浪江町苅宿(かりやど)地区の個人宅跡地。

建物はすでに解体され更地でしたが、枯れ草がそこかしこに…。

敷地面積は福島郊外にしては狭いかな?という広さで、かつ、庭木はそのままで草刈りのみの依頼ということでしたので、作業量からすれば大したことはありませんでしたが、集合時の人数がえっ?これだけという5人と寂しいもの…。

3連休なので参加者は多いのかと思っていましたが、午前中は移動時間にして午後から参加という方も多かったようで、午前中は少数精鋭で勝負!という感じでしたな。(;^ω^)


刈払機班と袋詰班に分かれて活動開始。私めは当然…いつもの刈払機を抱えてとつげき~\(((( ‘ω’)/ウオオオアアア---ッ!!!


しかし、この日は冷え込みがきつっ!。活動開始時はおそらく2℃とか3℃くらいだったと思われ、フードを頭からかぶって風を防いでの活動となりましたョ。

始まる前はブルブル震えていましたが、動き始めるとすぐに汗が額に吹き出てきまして、休憩時間には身体を冷やさないようにしないとという感じでした。

人数は少なかったものの、勝手知ったるいつものメンバーでサクサク進み、昼前には完パケにして任務完了。

そうぼら活動報告2019/1/12①

資材を撤収して次の現場にてんしーん。


ーーーーーーーーーーーーーーー


転進した場所は昨年末最後に活動した場所。

例のできれば避けたいと思っていた立木&竹&笹トリプルコンボの現場でしたョ。(;´∀`)


ただ、前回の活動で竹と笹の伐採は終わらせたので、今回は道路側のイグネ伐採がメイン。午後から5名増えた計10名で後段の活動を開始。

イグネ自体は小径木ですが、上部の枝が電話線に絡んでいるため一筋縄ではいかない…。

高枝切りなどで電話線に引っかかりそうな枝を切り落とし、ロープをかけ、道路側に倒れないよう引っ張って伐採。

私めは、ずっと上を見ながら高枝切りをしていたため、首が痛っ!。😓

まるで真下から打上げ花火を見ているかのような態勢を強いられ、地味ですが厳しい活動でしたョ。



午後のみの活動だったため、10本ほどのイグネを伐採、玉切りしてこの日の活動を終了。

あと1〜2日活動すれば終われるかな…という進行具合で継続案件行きとなりました。

そうぼら活動報告2019/1/12②

終礼後、日帰り入浴施設で汗を流し、コインランドリーで洗濯、道の駅に転進しておやすみなさい。😪zzz…


1/13編に続きます→


theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

福島ボランティア61~63回目を終了③

2018.12.27.23:20



【12/24編】


昨夜は忘年会終わりで、一部のメンバーが宿泊先で大騒ぎ…。

2次会&大いびきの合奏で耳栓をしてもねむれなーい。

帰りのロングドライブを考えると、しっかり睡眠をとっておきたいのですが、ろくに寝られずに朝を迎えることになってしまいまして…マイッタね。😓

仕方ないとまだ薄暗いうちからゴソゴソと起き出し、着替えをし、同乗者用のスペースを確保して3日目の集合場所へGo!



最終日の集合場所は、浪江町の郊外にある、川添地区の元個人宅の跡地。

建物は解体済みで砕石が敷かれていましたが、外周に立木や雑草が生えている状態。

敷地は福島にしてはこじんまりした広さ、参加人員も20人弱いたので1時間もかからないのでは…という見立てで活動開始。

今日も刈払機班の指名を受けまして、刈払機を担いでとつげき~\((( ‘ω’)/ウオオアア---ッ!!!


結果、1時間もかからず、30分で完パケにし任務完了。


そうぼら活動報告2018/12/24①


資材を撤収、次なる現場にてんしーん。


ーーーーーーーーーーーーーーー


後段の活動場所は…11月23日から3日間連チャンで草刈り伐採にあたった浪江町郊外の個人宅。

立木&竹&笹の密生・トリプルコンボの現場で、できれば避けたかった〜というお宅。


むむむ…いつかはやっつけないといけない、避けては通れない場所だなとは思っていましたが、よりによって3連チャンの最後にぶつけてきましたか…リーダー。😓

前回の活動で、転んで膝をひねり、左膝に力が入りづらくなっているので、悪化させないようにしないとと気合を入れ直してとつげき〜\((( ‘ω’)/ウオオアア---ッ!!!


刈払機を振り回しながらひたすら草刈り草刈り、刈った後はレーキでかき集めてクリーンアップ。

前回までの活動では、敷地の向こう側が見通せませんでしたが、笹で生い茂ったブッシュを刈払いまして無事開通。

残りは道路側のイグネ伐採を残す状態となってこの日のタイムアップ。

残りあと1〜2回で終えられるかな…というくらいになりました。


そうぼら活動報告2018/12/24②


終礼後、リーダーから今年一年間のボラ参加へのねぎらいの言葉をかけていただきまして、2018年のボランティア活動を終了しました。


ーーーーーーーーーーーーーーーー


【2018年まとめ】

◯東日本大震災
福島県内相双地区での活動63回

◯西日本豪雨災害
岡山県総社市での活動3回
岡山県倉敷市真備町での活動6回

ボランティア参加合計72回となりました。

年初の参加目標回数は50回でしたので、目標をクリアできたのは良かったのですが、大きなケガは無かったものの細かなケガや捻挫などは複数回してしまったので、来年はこれをなくすことを新たな目標にしたいところです。




年内の更新は、本投稿にて終了とさせていただきます。

今年も1年間、拙いブログにお越しいただきましてありがとうございました。

良い年をお迎えくださいますように…。


それではまた来年お会いいたしましょう。(⌒▽⌒)


theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

福島ボランティア61~63回目を終了②

2018.12.26.21:29



【12/23編】


前夜の冷え込みは大したことはなく、むしろ着込んで寝たところ暑くて目が覚めたほど…。😅

ただ、ガラスの結露は如何ともし難く、曇り取りを全開でぶん回しながら視界がクリアになるまで車内整理や、湯を沸かしてコーヒーをコポコポ…。☕


同乗する方の乗車スペースと荷物を積むスペースを確保し、2日目の集合場所にGo!


この日の集合場所は、浪江町の郊外、立野地区のおそらく元農家の跡地。

母屋は解体され更地になっていましたが、前日同様、敷地の外周にイグネ、立木、雑草が生い茂っている状態。

しかし、ここのお宅も敷地が広い…広すぎる。

高齢の夫婦がお住まいだったそうですが、現在では施設に入っておられるそうで、管理ができないためボランティアを依頼したとのことでした。


この日は夜に忘年会があるため、参加人員が20人超えという大人数。

これだけの人数がいれば広い敷地も何とかなるかと、おなじみ刈払機班としてとつげき~。\(((( ‘ω’)/ウオオアア------ッ!!!


ひろ〜い敷地内の草刈り、立木の伐採、イグネの伐採、玉切り幹の搬送などにあたりまして、もうそろそろお終いかな〜という見通しになった午後3時…男性参加者のみリーダーから集合がかかりまして、約100m離れた第二現場に転進してもらうとの指令が…。😳

あちゃ〜まだあったのかぁ…とちょっとガクッときましたが、リーダーの指令は絶対なので、ハイハイと歩いててんしーん。


第二現場は、柿の木や栗の木などが5本ほど植えられている畑のようなところで、残っている樹木を全伐採してほしいとの依頼。

先の現場で、一旦緊張が途切れたところもあり、得てしてこういう時に事故やケガをすること多いので、もう一度気合を入れ直して伐採、搬送に従事。

結局、1時間半ほど残業した午後4時半過ぎに完パケにしてタイムアップ。


そうぼら活動報告2018/12/23


忘年会が控えていたため、急いで入浴施設で汗を流してから、忘年会にとつにゅ〜。


楽しいひと時を過ごした後、明日に備えておやすみなさい。😪zzz…


12/24編に続きます→

theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

福島ボランティア61~63回目を終了①

2018.12.25.23:15


2018/12/22〜12/24

福島ボランティア本年61回目~63回目(本年累計70回目~72回目)を終えましたので、その記録です。

ーーーーーーーーーーーーーー


12月第4週のボランティア活動は土曜・日曜・月曜(祝)の3連チャン。今年最後の活動&忘年会ありと盛りだくさんの内容で、もちろん行きますとも〜と、参加申し込みしまして福島へGoすることに。


今回は2日目から帰宅までの同乗も頼まれていてにぎやかな行程になりそう…。ただ、いつもより多くなる3連チャン用の荷物と人を乗せるスペースとの兼ね合いが悩ましいところですな。

22日土曜、午前1時半に福島に向けしゅぱーつ。


深夜営業のガソリンスタンドで入れた値段は、リッター132円。一時期の狂乱状態からはだいぶ値が下がってきましたが、原油価格の下げと比べると小売価格の値の下がりが遅い!と言いたいですな。


順調に福島へ向け北上し、午前8時に集合場所直近のコンビニにとーちゃーく。

集合時間までコンビニ駐車場でまったり…☕


ーーーーーーーーーーーーーーー


【12/22編】


初日の集合場所は、浪江町北幾世橋地区の個人宅跡地。

建物は解体され、更地となっていましたが…敷地が広っ!😳
まあ、福島にしては標準の広さかもしれませんが、ちょっとしたアパートや低層マンションくらいは建てられる敷地面積でしたな。


母屋のあったであろうエリアは砕石できれいになっていましたが、敷地の周囲にイグネ、その他の低木の立木類や雑草などが生い茂っていて、ちょっと厄介だねという現場でした。

参加人員は当初8名、後から数名合流するという予定で活動開始。


最近ではすっかり刈払機専従要員になっていますが、今日もまっさきに名前を呼ばれまして刈払機を担いでとつげき〜。ウオオオアアアアアアアア\( ‘ω’)/


この日の天気は快晴、風もほとんどなくたまに吹いてきても海風でなま暖かい…。っていうより、異常なくらいの暖かさじゃね?という気候でしたョ。😅

先週がマイナス7℃の川内村でしたので、雲泥の差。汗をカキカキ、ひたすら刈払機で草刈り草刈り…。



午後から増えた2名と合流し、午後は伐採班のヘルプに入りまして玉切り幹や枝葉の搬送に従事。

伐採と落ち葉類のかき集めも行いまして午後2時半には完パケにして活動を終了しました。


そうぼら活動報告2018/12/22


余談ですが、こちらの依頼者さんはとっても素晴らしい方でして、活動開始直後に差し入れを持って挨拶にきてくれただけでなく、その後もずっと現場に残り、時にホウキで掃除を手伝ってくれるなど…あとやっておきますからと言っても「人様にやっていただいているのに申し訳ないので…」と最後までずっと現場に残っておられました。

活動終わりには、私達一人ひとりにわざわざお礼の言葉をかけてくださいまして、かえってこちらが恐縮してしまうくらいの対応を…。

時に、ボランティアは無料の便利屋という感じの依頼者さんがいるなかで、ひときわ人間性が輝いている方でしたな。



しかし、暑かったなぁ…と思いながら車のエンジンをかけますと、外気温表示は18℃…冬の東北で18℃ってどうなの?という異常な温度でしたョ。😅


終礼後、日帰り入浴施設で汗を流し、コインランドリーで洗濯、道の駅に転進しておやすみなさい。😪zzz…


12/23編に続きます→


福島ボランティア59~60回目を終了②

2018.12.18.18:06



【12/16編】


昨夜の就寝準備中、すでに車体が凍りついていたので、寝袋+毛布をかけて寝たところ、あっつい!と目が覚め、毛布を剥がし寝袋のみにして二度寝。

荷物になった毛布でしたが、ドア付近から侵入してくる冷気を遮断するように使えたため車内はいつもよりかえって快適…毛布の持ち込みは大正解でした。

二度寝後、午前6時にアラームで目が覚め起き出しますと、ガラス面がびっしりと凍結…。車の温度計表示によると外気温は−3℃。

車外側のガラスでしたら、解氷剤スプレーなども積んであるのですが、車内側となるとエアコンの温風で溶かす以外には方法がない…。

また、溶け始めると車内に雫として垂れてきてダッシュボードなどが水でビシャビシャ…冬の車中泊は大変なのです。

凍りついた窓ガラスが溶けるまで、湯を沸かしてコーヒーを淹れながら30分ほどしますと、凍りついた窓ガラスも溶けて視界良好。濡れたダッシュボードも拭き上げ、2日目の集合場所にGo!



この日の集合場所は福島県川内村。

川内村といえば、一昨年ボラ中にハシゴから落下し、右手首を骨折した苦い思い出のある地。

しかも村そのものが高原にあり、すでに降雪もあったということで、参加者はスタッドレスタイヤ装着が条件となっていました。

私めは、12月に入ってすぐに冬タイヤに交換済みだったので参加条件はクリアしていましたが、事故や怪我は御免と慎重にハンドルを握りましたョ。

県道で川内村に入りますと、車の外気温表示は−5℃まで低下…。道路脇に設置されている気温表示は−7℃までありましたが、とにかくひえっひえ…。

自然環境は最高なところですが、人が生活していくには過酷な土地だなと感じましたな。



この日の集合場所は上川内地区の農家のお宅。すでに帰還されているお宅でしたが、どうやら戻っているのは年老いたおばあちゃん一人のよう…。雪深くなってしまうと大丈夫なのかなと、ちょっと心配でしたョ。


依頼内容は、母屋直近にそびえ立つ杉の巨木3本と小径木立木数本の伐採をしてほしいとの内容。

玉切りした幹類は薪にしたいとのことで、薪置き場前に山積みにしてほしいとのことでしたが、なにせ直径7~80センチ、高さ30m超えの巨木3本となると、薪置き場は玉切り幹で埋まってしまうんじゃないかと…。


母屋側に傾いているものはチルホールで引っ張りながら倒し、傾いていないものについてはクサビで倒して玉切りして搬送のくり返し。

心配していた通り、薪置き場前は玉切り幹で埋め尽くされてしまい、うーん、これ全部薪にするんですか?というくらいの量になってしまいました。


キャンプ地近くのホームセンターに行くと結構いい値段で薪が販売されていますが、福島で伐採ボラをしてますと、いくらでも薪はタダで入手できるんですけどね。😅

地域によっては、ダンボールの原料にすると言って業者が引き取りにきてくれますが、ダンボール原料が高騰しているとのことで、電話するとすぐに取りにくるんですけどね。


玉切り後の移動距離も近く、大径木とはいえ本数も限られていたため開始2時間ほどで完パケ状態に。


そうぼら活動報告2018/12/16


リーダーが午後から、地元の会合に出席するためこの日の活動はここで終了となりました。


時間が早かったので、川内村にあるいわなの郷「幻魚亭(げんぎょてい)」で食事、さらに近くにある「かわうちの湯」で温泉を堪能し、午後2時過ぎに川内村を後にして帰宅の途に。


出発時間が早かったため、茨城県内で夕方の渋滞に引っかかり、今ひとつスムーズな帰り道ではありませんでしたが、午後9時過ぎには帰り着きまして、福島ボランティア59~60回目(本年累計68~69回目)を無事故で終えることができました。


次回は土日月の3連休での活動予定があり。中日の日曜日には忘年会も予定されているとのことでちょっと楽しみ…。

今年の〆のボラとなるので、心おきなく活動してきたいと思っています。



それではまた。



theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

福島ボランティア59~60回目を終了①

2018.12.17.21:35


12/15~12/16

福島ボランティア59~60回目(本年累計68~69回目)を終了しましたのでその記録です。


ーーーーーーーーーーーーーー


12月第3週のボランティアは、1週お休みをもらったこともあり、もちろん行きますとも~とGoすることに。

天気は問題なさそうですが、予報では冷え込みがきつそう…。

いつもは持っていかない毛布を余計に積み込み、土曜日の早朝午前2時に福島に向けてしゅぱーつ。

出発時の埼玉県南部の気温はプラス3℃、湿度の関係からか常にエアコンでフロントガラスに暖気を当てていないとフロントガラスが曇ってしまいまして、これは東北に行ったらどうなるんだ?と若干の不安を覚えながらの北上となりました。

途中、茨城県を走行中にマイナス3℃まで気温が下がる場面がありましたが、路面凍結まではせず、午前8時には福島に無事とーちゃーく。


集合場所近くのコンビニで集合時間までまったり…☕️


ーーーーーーーーーーーーーーー


【12/15編】


初日の集合場所は、浪江町郊外の立野地区にある元個人宅。

フェンスで囲まれた元住宅地で、家屋はすでに解体されて更地状態。ただ、敷地がだだっ広い…。

目測でかるーく200坪は超えていて、もしかしたら300近い坪数かも…という広さ。

隣に元は畑だったんだろうなという土地が広がっていたので、震災前は農家だったのかもしれませんな。


参加者は11名でうち女性が1名。

依頼内容は敷地内の特定の樹木を残しての全伐採。

伐採した枝葉や幹などは山積みで敷地内にということだったので、楽といえば楽な内容ですが、何しろ敷地エリアが広い…。

仮払い機班で草刈り、立木類はチェーンソー班が伐採、残りグループは搬送と分かれて活動に従事。

足場もしっかりしていて、条件はいいといえばいいのですが、植栽エリアに入るとところどころイノシシの掘り返した穴があり、気を抜くと足を取られて、最悪挫くことも…。

実は12月頭に別の現場で、このイノシシトラップに足を取られ転んでしまったのですが、この時倒れる際に左膝をひねってしまい、以来うまく力が入らない症状が続いているのです。

若い時ならこんなこと無かったと思うのですが…歳は取りたくないものですな。


午前・午後と草刈り、伐採木の搬送に従事しまして午後3時に完パケ状態に仕上げて活動終了。


そうぼら活動報告2018/12/15


当初の予定メールでは、早く終われば次の現場へ転進もありとなっていましたが、予想以上のエリアの広さで1現場仕上げで活動終了となりました。


終礼後、いつもは南相馬の道の駅に転進するところですが、明日の集合場所が浪江や富岡ではなく、南相馬に行くと距離にして50Km以上離れることになるため、道の駅楢葉(ならは)に泊まることにけってーい。

日帰り温泉施設で汗を流し、コインランドリーで洗濯を済ませてから道の駅楢葉でお休みなさい…😪zzz




12/16編に続きます→


theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

命日にて(2018年)をアップしました

2018.12.11.14:03


今日は亡妻の命日でした。

命日にあたり、心境などを妻が書いていたブログ「ありがとう」でアップしました。

よろしければごらんくださいませ。


theme : 日記
genre : 日記

福島ボランティア本年57回目〜58回目を終了②

2018.12.04.18:30



【12/2編】


前夜の冷え込みはとても厳しく、起床時の気温は2℃。

ここまで下がると当然車体は霜が凍りついていまして、車中泊モードから通常シートへの復帰作業には、手袋をはめないと手がかじかみます。(。ŏ﹏ŏ)サブイ


手早く片付け、洗面着替えを済ませて2日目の集合場所にGo!



この日の集合場所は、富岡町小浜地区の元農家のお宅。

帰還を果たしているお宅でしたが、以前は畑をされていた土地の外周に立木や雑草が残っているので、その伐採と草刈りをお願いしたいという依頼。



参加人員は7名。土地全体は広いものの、作業エリアは限られていたので、まあすぐに終わるでしょうという見立てで活動開始。

2時間もかからず伐採と搬送、清掃を終え、完パケにしてタイムアップ。

そうぼら活動報告2018/12/2①

資材を撤収して、5分と離れていない、すぐ近くの後段任務場所にてんしーん。


ーーーーーーーーーーーーーー


次の現場は少し山の中に入っていった郊外のお宅。

一見しますと手入れがされ、とてもきれいなお庭で、ここのどこをやれというのか?というはてなマークが飛び交う状態…。


とりあえず資材を降ろし、活動準備をしていますと、依頼者さんが出てこられまして、リーダーが活動希望場所を確認しますと…。

自宅周囲の林に密生している杉や檜を伐採してほしい、土地の所有者は別だが、伐採する許可をとってあるとのこと。😳



むむ…これはちょっとやそっとでは終わらない現場だなと判明…。とりあえず道をはさんだ伐採からスタート。

幸い大径木はなく、伐りやすく、集積場所もすぐ横でいいとのことでしたので、一本一本の大変さは無かったのですが、とにかく伐採本数が多い…。

事前の活動予定メールでは早く終るような説明だったのですが、話しが全く違いますョリーダー…。



お昼をはさみ、午後もひたすら伐採・搬送積上げ、清掃を行いまして午後3時過ぎにタイムアップ。

本数が多かったため、搬送班がヘロヘロ状態に…。また、最初の現場を終えてからの実施だったため、全体の3割くらいの処理での継続案件行きと相成りました。

やはり、このボラチームの活動は、早く終わる、軽作業という単語は辞書にないようですな。😅


終礼後、一路帰宅の途につき、午後11時に自宅に無事到着。福島ボランティア本年57回目~58回目(本年累計66回目~67回目)を事故なく怪我なく終えることができました。



来週は日曜1日のボラが予定されていますが、日帰りになり効率が悪いことと、亡妻の命日のため、週末にお墓参りをすまそうかと思い、一週ボラをお休みすることにしました。


ゆっくりお墓参りをしてきたいと思いマス…。



それではまた。


theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

福島ボランティア本年57回目〜58回目を終了①

2018.12.03.22:35


2018/12/1-12/2

福島ボランティア本年57回目~58回目(本年累計66回目~67回目)を終えましたので、その記録です。

ーーーーーーーーーーーーーー


12月第1週のボランティア活動は、土曜日曜の2連チャン予定…参加申し込みもしていたので、迷わずにGoすることにしましたョ。

しかし、先月患った扁桃腺炎からの咳や痰などが、ま〜だ残っていまして、こんなにグズグズと症状が残るのは久しぶりです。



今回は同乗も頼まれていないので、一人行程…。気は楽ですが、同乗中のおしゃべりも楽しいひと時なので、ちょっと寂しいですな。

12月1日、午前1時半に福島に向けしゅぱーつ。


先週は、リッター139円でだいぶ値が下がってきたな〜と思ったガソリン…今週は135.9円で入れることができましたが、ただ原油価格が下げ止まってしまったようなので、この辺が当面の底値なのかも…しれないですね。


順調に福島へ向け北上し、午前8時に集合場所直近のコンビニにとーちゃーく。

集合時間までコンビニ駐車場でまったり…☕


ーーーーーーーーーーーーーーー


【12/1編】


初日の集合場所は、10/27-28に活動した、浪江町酒田原地区の元工場跡地。

10数本残していた立木類の伐採、できればこの日で終わらせたいとリーダーの意向でしたョ。

しかし、プロの除染業者が借りている土地をボランティアが清掃…今ひとつ納得しかねるところもありますな。


やり残しを完了させるとはいえ、作業しにくいところが残っていて、なおかつ、この日の参加者が7名という少数だったので、かなりの苦戦…。

伐採した立木を倒すと、下は不用品を仕分けするボックスで足場が不安定、しかも強風が吹き荒れるという悪条件が重なり、マイッタねこりゃ。


伐採木にロープをかけ、人力で引っ張り、45度傾いてあと一息で倒れる…かと思いきや、風で押し戻され反対側に倒れてしまったり…参りましたョ。

まあ、いずれ建物も全て解体するので、壊しても構わないと言われていましたが、なるべく余計な仕事は増やさないようにと…。


午前・午後と伐採・搬送を行いまして、1時間延長して全ての伐採を完了。

そうぼら活動報告2018/12/1

作業中は、今日一日では終わらないかも…と危惧されましたが、リーダー意地の完パケでこの日の活動を終了することに成功。


終礼後、日帰り入浴施設で汗を流し、道の駅に転進しておやすみなさい。😪zzz…




12/2編に続きます→


theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

福島ボランティア本年54回目〜56回目を終了③

2018.11.29.00:24



【11/25編】


この日の夜は、前夜の車体が凍りつくような冷え込みはなく、快適な一夜。

もちろん寝袋には潜り込みましたが、顔は外に出したまま眠ることができまして、セットしたアラームで目が覚めるという熟睡状態でしたョ。

洗面と着替えをすませ、同乗者をホテルでピックアップし、3日目の集合場所へGo!



最終日の集合場所は、6月から継続案件で何度も活動している浪江町立野地区の個人宅。


そうぼら活動報告2018/6/3←初回の活動時写真


私自身、おそらく5回ほど現場入りしている所でして、10本ほど残っている継続案件を完了させるという内容。


この日の参加人数は15名と充実していたので、伐採班と搬送班に分かれて活動開始。


私めはこの現場ではおなじみの玉切りの長さを揃える計測棒と木材用のチョークを片手に現場に入り、切り倒された伐採木にチョークで切断する長さの目印をつけ、その後玉切りされたものを搬送場所へ運ぶ役に従事。

大径木が多いため、1.7mの長さの玉切り幹でもその重量は数百キロになるものがあり、切り株などの障害物があるとその移動も一筋縄ではいかずに数人がかりでないと移動も不可能…。

皆でヒーヒー言いながら転がしまして搬送場所へ移動。

人数も多かったので午前中で処理を完了。5ヶ月かかった現場も、ようやく任務完了と相成りました。


そうぼら活動報告2018/11/25①


ーーーーーーーーーーーーーー


午前中で活動が終わったため、昼食をとった後、初日・二日目に活動した例の現場に転進するとのリーダーの一言に、くゎ~やっぱりかぁ~と、ちょっとがっかり。😓

まあ予想はしていましたが、あのライフをガツガツ削り取られるような現場に3日連続従事とは…正直かなりキツイ。



とはいえ、リーダーの決定は絶対のため、継続案件となっていた現場に転進。

相当手強い状態になっている、立木・竹・笹を切り払い、集積場所へ搬送。

ただ、この日は浪江町の十日市祭りの最終日のため、リーダーが早めに切り上げてくれまして、午後2時半過ぎでこの日の活動はタイムアップ。

そうぼら活動報告2018/11/23-11/25

私めと同乗している方は、昨日すでに祭りに行ってきたため、祭りより風呂と洗濯だなと、入浴施設&コインランドリーに直行。ゆっくり湯に浸かってこざっぱりしたところで、午後4時に浪江町を後にし、一路帰宅の途へ。

同乗した方を便のいい駅まで送り届け、私自身は午後11時前に無事帰宅し、本年54回目~56回目(本年累計63回目~65回目)の福島ボランティアを終了しました。


次回12月第1週のボランティア予定は、土曜日曜の2連チャンで活動予定があり、すでに参加申し込み済み。


体調の劇的な変化などが無ければ参加予定です。



それではまた。

theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

福島ボランティア本年54〜56回目を終了②

2018.11.28.12:39



【11/24編】


昨晩、寝る前の気温は5℃。車体の屋根あたりには霜が凍りつき、今季一番の冷え込みに…。

当初、冬山対応の寝袋だからとチャックを全開放して掛ふとんのようにして寝たものの、冷え込みすぎてとても寝れない…。

狭い車内でもぞもぞと寝袋のチャックをはめて、中に完全に潜り込み、顔の部分も紐で絞ると、ようやく眠れる状態へ。

クーラーをかけないと寝れなかった時期が懐かしいですな。

午前6時にセットしたアラームで起床。洗面と着替えをすませて今日から同乗する方をホテルでピックアップして、集合場所にGo!



2日目の集合場所は、前日の活動場所のすぐ近くの浪江町田尻みどりが丘地区の住宅地。

住宅地とはいえ、周囲のほとんどの家屋が空き家若しくは解体された空き地。依頼主宅も建物が解体され空き地になっている状態でした。

依頼内容は、空き地に残っている立木や雑草を刈ってほしいとのこと。

敷地もおそらく40坪くらいの広さで、立木類も少なかったため、これは小一時間で終わりそうだなという見立てで活動開始。

立木類はチェーンソー班が、雑草類などは刈払機や手で引き抜いて抜根し、フレコンバックへ入れる処理を。

参加メンバーもほぼいつものメンバーで、声をかけながら進めますと、昼前には清掃まですませて、あっという間に処理完了。

そうぼら活動報告2018/11/24①


お昼前で第一現場を終えたため、昼食をすませたあと、前日の継続案件になった現場にてんしーん。


ーーーーーーーーーーーーーーー



予想はしていたとはいえ、前日、あれだけ足腰膝にダメージを負った現場に戻るのは気が重い…。


それでも、昨日と違い、午後から参加者も増えて13名ほどに増えたため、作業も分担して進行。

伐採した立木と竹・笹を搬送して山積みに。フレコンバッグ入れがないだけ作業効率はいいですが、とにかくエリアが広く運ぶ量も大量、足元は不安定と二重苦三重苦状態で苦しめられます。

転進後、3時間ほど昨日同様の活動をしまして、午後3時半でタイムアップ。

1日半の活動を終えても、ようやく全体の半分弱ほどの処理具合で再びの継続案件行きとなりました。


しかし、ここの現場、奥に行けば行くほど、竹や笹などが密生し、どんどん手強くなっていきますョ。😓

明日の現場はすぐ横のお宅とのことなので、進行具合によってはまた来るような気がしますな…。


終礼後、浪江町で行われていた十日市祭りを見学し、同乗の方をホテルに送り届けた後に、道の駅に転進しておやすみなさい。😪zzz…



11/25編に続きます→


theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

福島ボランティア本年54〜56回目を終了①

2018.11.27.14:05


2018/11/23-11/25

福島ボランティア本年54回目〜56回目(本年累計63回目〜65回目)を終えましたので、その記録です。

ーーーーーーーーーーーーーー


体調不良で2週間ぶりとなった11月第4週のボランティア活動は、福島のホームチームが金曜日から日曜日までの3連チャンを予定。

若干の体調不良が残っていましたが、せっかくの3連チャン活動週ということで、Goすることにしましたョ。

今回も、2日目から同乗させてほしいと頼まれていたため、できるだけ荷物を減らし、同乗用スペースが確保できるようにして23日午前1時に一路福島へ向けしゅぱーつ。

リッター139円まで値が落ち着いてきたガソリンを給油して国道6号を北上、午前8時前に福島にとーちゃーく。

集合時間まで近くのコンビニでまったり…☕


ーーーーーーーーーーーーーーー


【11/23編】

初日の集合場所は、浪江町の郊外、立野地区の個人宅。

あらかじめグーグル・マップで確認したところ、ちょっと大きめな個人宅かな…という印象だったのですが、現場に着き外周から下見したところ…。

立木&竹&笹で敷地外周がびっしり覆われ、しかも敷地がちょ〜広い…。😓

これは全伐採となると相当な手間だなと思っていたところ、リーダーが到着、依頼者さんに電話で作業エリアを確認したところ、やはり全伐採してほしいとの依頼と判明。

くゎ〜、これは今日一日では無理っぽそうだなと思いつつ資材を準備。

3連休だし、参加人員は多いのかと思いきや、朝の集合時の参加人員は7名…。昼から1名参加ということですが、この作業ボリュームからすれば全くの人手不足…。

まあ、できるところまでやりましょうということで、刈払機を担いで下草の伐採&搬送役で活動開始。


立木と立木の間にびっしりと姫竹が密生、しかも、以前から刈り倒し刈り倒しで積み重ねられてあったようで、足元がフワフワで不安定この上なし…。


チェーンソー班が伐採した枝葉や幹、刈った草などを集積所にひたすら運びましたが、足元が不安定なため、徐々に足や腰に疲労が蓄積…。

例えるなら、砂浜を延々と歩いているような感覚で、きっつぅ〜という感じでしたな。😥


この日の日中の気温は15℃前後でしたが、風を通さないウエアを着ていたため、搬送でかなり汗をかきまして、午後になると足が攣り始める熱中症の初期症状が…。

うーん、この時期でも熱中症になるんだなと、塩タブレットを口に放り込みまして何とか回復しましたが、油断は大敵だと思い知りましたョ。


午前・午後と搬送を繰り返し、依頼範囲のだいたい3分の1くらいを処理して、午後3時半に継続案件行きでタイムアップとなりましたが、この現場、奥に行けば行くほど姫竹から笹の密生、竹林となっていて、一筋縄ではいかない現場だと判明。

時間経過とともに足腰・膝にダメージを受けまくるとんでも現場でしたョ。😓


終礼後、日帰り入浴施設に直行し、ゆっくり湯に浸かりながら足をもみほぐし…。

洗濯もすませ、道の駅に転進。

夜は車中泊メンバーで集まって居酒屋で交流を深めておやすみなさい…。😪zzz…



11/24編に続きます→

theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

体調戻りきらず、一週パスしました

2018.11.19.17:15



日一日と季節が進んでいますが、いかがお過ごしでしょうか。


私めは先週患った扁桃腺炎が治りきらず、鼻や咳などが止まらず状態…。


医者から処方された薬で喉の腫れは収まりましたが、歳のせいか治りが遅い…。😥



11月第3週のボランティアは、18日の日曜日のみありましたが、今回は体調が回復しないのでパス…。


今週末の3連休はフルエントリーしているので、それまでに体調を万全にしようと思っています。


みなさまも体調には十分お気をつけくださいマセ。


それではまた。




theme : 日記
genre : 日記

やっちまった〜

2018.11.13.00:34



季節が徐々に進んできましたが、おかわりありませんでしょうか。


かくいう私めは…。


金曜夜(11/9)あたりから喉に違和感を感じまして、あ、これはヤバイやつくるかも…と思っていたところ、やはり寝ている間にみるみる喉が腫れてきまして、ほとんど眠れず状態に…。

幸い、熱はなく、喉の腫れのみでしたのでいつもの扁桃腺炎かなと推測。

土曜日午前中に診察している内科を探しまして、受診したところ…やはり、「あ〜喉が真っ赤だね〜。これじゃ痛かったでしょう。」と言われまして、抗生物質の薬を処方してもらい、お昼ご飯後から飲み始めたところ、徐々に痛みが引きまして、今では咳と鼻水が出る程度くらいまでに回復。


ボランティアのない週末だったので、どこかに焚き火キャンプにでも行こうかと準備していたので、ちと残念な結果になってしまいました。


しかし、いつもは喉の違和感を感じて1日〜2日後に喉の痛みがくるのですが、今回はあっという間…。

今年の3月に、シーズン末期のインフルエンザにかかっていたので、抵抗力でも低くなっていたのでしょうかね。

いずれにしても、何があっても不思議ではない年齢域に足を踏み入れているので、より一層気をつけたいと…。


季節の移り変わりで、空気の乾燥も進んでいる模様です。


皆様もお気をつけくださいませ。



それではまた。


theme : 日記
genre : 日記

福島ボランティア本年52〜53回目を終了

2018.11.05.21:40


11/3~11/4


福島ボランティア52~53回目(本年累計61~62回目)を終了しましたのでその記録です。


ーーーーーーーーーーーーーー


11月第1週のボランティアは、福島ホームチームが土日で活動予定があり、天気予報も絶好の秋晴れ予報…もちろん行きますとも~とGoすることにしましたよ。

天気がいい予報とはいえ、東北の秋は油断大敵と寒さ対策の準備もしまして、土曜日の早朝午前2時に福島に向けてしゅぱーつ。

途中、小雨が降る場面がありましたが降雨量は大したことなく、ワイパーの催眠術にかかることなく、午前8時前には福島にとーちゃーく。


集合場所近くのコンビニで集合時間までまったり…☕️


ーーーーーーーーーーーーーーー


【11/3編】

初日の集合場所は、浪江町高瀬地区の個人宅。

以前に庭木の伐採で活動したことのあるお宅で、その時には背の高い庭木などを全伐採した覚えがありますが、今回は一面雑草のジャングル~といった状況になっていました。

全伐採するとその時はすっきりさっぱりするのですが、日当りが良くなるので雑草類がここぞとばかりに生い繁ってしまうのです。😅


前回、活動済みなので勝手知ったる場所とジャングルに突撃~。
あ、今回は刈払い機の台数の関係で、私めは刈りとった草のフレコン入れ部隊でしたよ。

刈払い機部隊が刈り取った後から庭に進入して行きますと、地面がデコボコでところどころくぼ地のようになっており、気を抜くと足をくじく恐れが…。

前回はここまでデコボコではなかったので、どうやら猪にほじくり返されたようですな。😓

やつらも生きていくために必死なのでしょうが、家の庭にまで入ってくるというのは、今後も何か対策が必要になってくるのではと思ってしまいましたよ。

個人宅にしては広い敷地で、午前中には終わらず、昼食をはさんで午後も活動し、午後1時半に完パケ状態に仕上げて活動終了。

そうぼら活動報告2018/11/3①

いつでも戻ってこれますよ状態に仕上げまして、次の現場にてんしーん。


ーーーーーーーーーーーーーーー


次の現場は、同じく浪江町郊外の住宅地にある個人宅。

随分と急な坂を上っていった高台にある住宅地で、普通車1台が通行するのがやっとの道路幅員。危うくカーブで擦ってしまうところでしたよ。😅あぶなっ

こじんまりとした敷地の一軒家で、近々建物を取り壊すためその前に屋敷周りの雑草を刈って欲しいとの依頼でした。

まあ1時間もあれば十分でしょうという見立てで活動開始。


こちらでは刈払い機担当を命ぜられまして、早速お庭に進入して刈り取っていきますと、家の窓が30センチほど開放状態…。

いくら誰も住んでいないとはいえ、窓が開けっ放しというのは動物が入るかもしれないし、不用心すぎるなと窓を閉めようと近づいたところ…。

室内に大型犬用のゲージのような柵が見えまして覗き込みますと、その柵内に何やら子供の足のようなものが見えまして人が倒れてる~と思わず腰を抜かしそうに…。😵

近くで作業していた方と一緒におそるおそる室内を覗き込みますと…リアルな作りの赤ちゃん人形がゲージ内に寝かされていることが分かりまして、フザケンナヨ~状態。

わざわざ窓を開けておいて、すぐ目に入るところにセットしておくなんて…泥棒よけかもしれませんが、ボランティアを要請しておいてこれはねえだろうと激おこでしたよ。( *`ω´)プンプン

悔しいので、他のところで作業していた仲間も一人でずつ呼びまして「ちょっと…何か倒れてない?…」と言って室内を見せたところ、皆「うわっ!」と驚きまして、ククク…と。😙驚かしてゴメンね

ゲージの中というのが、何か中で死んじゃってるんじゃないかと連想させまして…悔しいですがインパクトは絶大でしたな。


小一時間で草刈りも終了し、完パケにして初日の活動を終了。


そうぼら活動報告2018/11/3②


リーダーも、1日で完パケ2件は上出来とニコニコでしたョ。


終礼後、コインランドリーで洗濯、日帰り入浴施設で汗を流して道の駅にてんしーん。

午後9時前には早々におやすみなさい…😪zzz


ーーーーーーーーーーーーーーー


【11/4編】

冷え込みを予想して寝袋に潜り込んで寝たところ、オーバースペックの寝袋だったようで、0時頃に暑くて目が覚めてしまい、寝袋から這い出て掛け布団状態にして二度寝。

午前6時にアラームの音で目が覚め、洗面・着替えをすませて、2日目の集合場所にGo!


この日の集合場所は、浪江町棚塩地区の農家のお宅。

ここは、庭から海が見えるほどの海岸線に近い位置にある地区ですが、土地全体が高台に位置していたため、津波被害は受けなかったとのこと。


住民の方も初老のご夫婦で戻ってきていましたが、御主人が心臓の病気を患ってしまい、農作業などはできなくなってしまったと寂しそうに話されていました。


依頼は、庭の敷地にそびえ立つ松の巨木2本を伐採してほしいとの内容。

今年の夏の台風の影響で、枝などが何本も折れて落下するなど、かなり危険だったそうで、家のご神木としてできれば残したいと思っていたそうですが、身体が思うように動かなくなったことから、やむなく伐採…を決意したとのことでした。

松の木を見ますと、幹の直径が80センチをゆうに超えていて、これは並大抵のチェーンソーでは太刀打ちできそうにないなという巨木。

しかも、ご神木とのことでしたので、これはいきなり切ってはまずかろうと、家主さんに日本酒を分けていただき、氏神様と伐採する巨木に、切らせていただきますとご挨拶をしながら、根元に日本酒を注ぎかけてお清めをしてから活動することにしましたよ。


ハシゴで木にワイヤーをかけ、チルホールで引っ張りながら慎重に伐採へ。

リーダー必殺の67cc排気量のバケモノ級チェーンソーで受け口と追い口を入れ、轟音と共に見事伐採成功。

が、しかし、伐採まではいいものの、あまりの大径木のためバラして玉切り後の搬送がちょ~大変。😣

出っ張りのない幹は転がせば移動できますが、ちょっとでも出っ張りがあったり、イビツな幹は動かすのも至難の技…。

引っ張ったり押したりして、幹一つ運ぶだけでゼーゼーハーハー状態で、息が…。


1本の巨木を処理するのに1時間以上かかり、たった2本の伐採でしたが、全部処理するのに午後までかかってなんとか処理。その他、数本の小径木の伐採処理もこなしまして、午後2時前に完パケ状態でタイムアップ。


そうぼら活動報告2018/11/4


落ちた枝葉などもきれいに掃き清めまして、依頼者さんにとっても喜んでいただきましたよ。😄


余談ですが、こちらの依頼者さんは、私たちにとっても良くしてくれまして、休憩時間にはお茶や果物などの差し入れ、活動中もずっと気にしてくださって、ボランティアとしても、とてもやりがいのあるお宅でした。

あ、差し入れをしてくれたからと言っているわけではなく、ボランティアに来てくれて本当に助かりましたという気持ちがビンビンと伝わってくる…という意味ですので、誤解なきようにしてくださいませ。

「自分の家のことだから、人様にやってもらうのは申し訳ない。」と繰り返し言っておられて…却ってこちらが恐縮してしまうような人間性のできた方でした。

時に、ボランティアはタダで使える便利屋…だと思っているような依頼者さんもいる中で、久しぶりにやりがいのある、終わって充実感に包まれた活動になりましたよ。😊



終礼後、午後2時に浪江町を後にして帰宅の途に。
時間が早かったため、早く帰れるかもと頑張ってハンドルを握りましたが、却って夕方の渋滞に引っかかってしまい、自宅に帰り着いたのはいつもとあまり変わらずという結果に。

とはいえ、福島ボランティア本年52~53回目(本年累計61~62回目)を事故なく終えることができまして、ほっと一息。


次回は秋のお祭りやイベントなどがあるそうで、2週に渡りボランティアはお休み。活動予定が入っているのは、11/23から25までの3連休となる予定です。



それではまた。



theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

福島ボランティア本年50〜51回目を終了

2018.10.29.22:27


2018/10/27〜10/28

福島ボランティア50~51回目(本年累計59~60回目)を終了したのでその記録です。


ーーーーーーーーーーーーーー


10月第4週のボランティア活動は、福島ホームチームが土日で活動予定が入っており、10月オール参加で申込済みなため、当然ながらGoすることにしましたョ。

前回、同乗者を乗せるために、ギリギリまで荷物を降ろしたので、再度積込みんで出発の準備を。

いい機会だったので、積みっぱなしで全く使っていなかったものと永遠にお別れしまして車内を整理したところ、車内スペースが拡大して、より快適な車中泊カーに近づきましたよ。😅


いつものように土曜日の早朝、午前2時に福島に向けてしゅぱーつ。

通行量が少いのは良かったのですが、天候があいにくの雨。☔️

夜間の雨降りは見通しも悪いですが、目の前のワイパーの動きでなんだか眠くなっちゃうんですよね。😅それって俺だけデスカ?


居眠り運転しないよう多めに休憩を取りながら、午前8時前には福島にとーちゃーく。


集合場所近くのコンビニで集合時間までまったり…☕️


ーーーーーーーーーーーーーーー


【10/27編】

この日の集合場所は、浪江町酒田原地区の元工場跡地。

事前のメールで、土日ともに同じ場所で草刈りと伐採を行いますとなっていたので、元工場って面積が広いんじゃないの~と若干ドキドキしながらの到着。

ナビを頼りに細い砂利道を入って行きますと、確かに工場っぽい跡地が見えて来ましたが、敷地内を見ますと除染業者の車両が多数止まっていて、ここって除染業者の会社じゃないの?という雰囲気が…。

とはいえ、周りの土地は畑のような土地が広がっているだけなので、他に該当するような場所はなし。


おそるおそる中に入っていきますと、敷地奥にいつも見るボラセンの資材車が止まっていたので、ああ場所はここで間違いないなと。

しかし、除染業者の土地の草刈りと伐採ってなんでボランティアがやる?自分たちが本職でプロでしょ?という気持ちがムクムク…。😒

リーダーに聞きますと、土地の所有者は浪江町に住んでいた別な方で、その方からの依頼とのことでしたが、それにしてもお掃除のプロのお宅に素人が掃除に行くようなもので、???マークが飛び交いましたな。


集合時の天候は雨…それも本格的な降りになっていまして、通常ですと活動自体が中止になっても不思議でない天候でしたが、リーダーが上下合羽を着込んで資機材を準備しているので、ああこれは今日明日で終わらせないといけない案件だなと理解。

集合時の人数は7名でしたが、後から合流する方が複数いるとのことで最終的には20名程度まで増えることに。


しかし、やはり見渡す限り土地面積が広大で、先週の活動も千坪くらいある場所でしたが、それもかわいく思えるような広大な面積…。

しかも、雑草がわっさー、樹木の上には蔓性の葉が全体的に覆ってこんもりしてる~という、草刈りにとっては最悪の状況が広がっていました…。😓


いや~これは仮払い機は担当したくないな~と目立たないようにしていましたが、仮払い機担当の一番最初に指名を受けまして、隠れた意味なーいと苦笑いしながら、機械を抱えてジャングルに突撃…。\((((((( ‘ω’)/ウオオオオオオアアアア------ッ!!!

仮払い機に蔓が絡まないように高い位置から根元まで2~3回に分けて切り払いまして進入ルートを確保、後から片付け部隊がフレコンに詰めるという活動へ。


着ている合羽で外からは雨、中からは汗で蒸風呂状態になりながら切り進みますと、思ったより早く草の刈り取りに目処がつきまして、後から合流したメンバーと一緒に伐採、バラして玉切り、搬送と汗を流すことに。

お昼前には雨も上がって青空が広がり、徐々に雑草に覆われた土地の表面も見えてきましてテンションもUP↑。


昼休憩を挟みひたすら草刈り・伐採に精を出しまして、午後3時半にこの日のタイムアップ。

集合時の、途方にくれるような土地がすっきり綺麗になっていまして、うーんよくやったと自画自賛。

誰も褒めてくれないので、自画自賛くらいしないとやってられません。😁


終礼後、日帰り入浴施設で汗を流し、コインランドリーで汚れた服を洗濯後、道の駅に転進、車中泊モードにセットして午後9時には夢の中へ…。😴zzz



ーーーーーーーーーーーーーーー


【10/28編】


午前6時、セットしたアラームで起床。

普段は午前1時就寝で、午前7時とか8時起床なのですが、ボラの車中泊ですと健康的な生活リズムに戻ります。😅

洗面、着替え、シートを乗車モードに戻し、2日目の活動に向けしゅぱーつ。



集合場所は昨日と同じ場所で、参加人員は昨日と若干入れ替わりがある13名で活動開始。

草刈りは昨日の活動で目処がついていたので、この日はチェーンソー班の補助と搬送役に従事。

伐採対象木が広い敷地に点在しているため、バラした枝葉や幹の搬送がちょ~大変。😵

前日から硬い中敷の入っている長靴で長時間活動しているため、足にマメができてひどく痛い…。地味ですが厳しい闘いです。😖



午後に入った時間帯、私めが活動していたすぐ近くで、応援に来てくれていた別団体のお一人が「痛っ!」と声をあげたのでどうしました?と声をかけますと、鎌で草刈りをしていてその鎌で自分の指を切ってしまったとのこと。😲

傷を見ますと、幸い大きな傷ではなく手袋越しに若干切った程度でしたが、念のためと私めが個人的に準備していた救急セットで洗浄と消毒、化膿止めの薬を塗り、絆創膏を貼って処置しました。

私自身、1年半前に川内村ではしごから落下し、表皮剥離というひどい負傷をして以来(翌日、右手首の骨折もあることが判明)、救急セットの重要性を身をもって経験していたので、今回はそれを活かすことができましたよ。😊


午前・午後とひたすらチェーンソー補助と搬送役に徹しまして、午後4時にタイムアップ。

完パケとまではいきませんでしたが、あと1日あれば終わるかというところまで進めることができまして、継続案件となりました。

それでも昨日の活動開始前の途方にくれるような状態からは、見違えるように綺麗になりまして、週明けに除染業者の社員が出勤した時はびっくり仰天するんじゃないかというほどの仕上がり具合になりましたョ。

そうぼら活動報告2018/10/27&28

終礼後まっすぐ帰宅の途に。もう少し早い時間でしたら、ひとっ風呂浴びてから帰るところなのですが、浪江町出発が午後5時近くになってしまったため、帰ってからシャワーを浴びればいいかと…。


帰路途中の渋滞情報で、高速道路が「事故渋滞20Km」となっていまして、その影響が平場にきて混雑するか?と心配しましたが、ほとんど影響なくスイスイ進み、午後11時に無事帰宅。


無事故・ノートラブルで福島ボランティア本年50~51回目(本年累計59~60回目)を終えることができました。



来週は福島ホームチームが、11月第1週の土日で活動予定となっているので、荒天にでも見舞われない限り参加予定です。


それではまた。

theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

福島ボランティア本年49回目(累計58回目)を終了

2018.10.21.23:24


2018/10/20

福島ボランティア本年49回目(本年累計58回目)を終えましたので、その記録です。


ーーーーーーーーーーーーーー


10月第3週のボランティア活動は、福島のホームチームが土曜日のみの活動予定が…。

日帰り参加は移動の時間や費用面で効率が悪いのでどうしようかと思いましたが、10月オール参加としていたことと、同乗したいと頼まれていたこともあり、そのままGoすることに。

いつもは泊りがけなので、車中泊用の寝袋や寝具類が満載されているので、日帰り用に荷物をギリギリに減らし、同乗する方用にスペースを確保し待ち合わせ場所へ。

土曜(10/20)深夜午前3時に同乗する方をピックアップ、一路福島へ向けしゅぱーつ。

道路もガラガラでストレスなく走れまして、午前9時過ぎには福島にとーちゃーく。(この日は集合時間が1時間遅れの午前10時だったので余裕の到着でした。)

集合時間まで近くのコンビニでまったり…☕


ーーーーーーーーーーーーーーー


この日の集合場所は、浪江町北幾世橋地区の元農家だったと思われるお宅。

ここは、津波に飲み込まれた地区でしたが、こちらのお宅は高台に位置していたためか、家屋は残っている状態。

事前の活動予定内容は、草刈りで早く終われば2件目ありというものでしたので、チャッチャと終わらせようと思っていたのですが…。


リーダーが依頼者さんに電話し、場所の確認を行ったところ、母屋周りだけではなく、その外周の元の畑だったであろうエリアやさらにその外周までという途方もなく広いエリアだと判明。😳

目測ですが、敷地は軽く千坪を超えていて、そのうち半分程は母屋や砂利が敷かれて草が伸びていませんでしたが、500坪あまりは、草ボーボーのジャングル状態…。

草といっても、関東あたりで見る雑草とは違い、人の背丈を楽に超えるセイタカアワダチソウが伸び放題なので、これはとんでもない活動になりそうと若干青ざめての活動へ。


参加人員は13名とまあまあな参加人数でしたが、刈払機が5台しかなく、1台あたり100坪計算…。

私めも5台のうち1台の担当となり、活動開始。


平坦な土地ならばともかく、でこぼこの状態で、石もごろごろでとてもやっかい。

せっかく新品の替刃に変えから活動にあたりましたが、石に当たりまくってあちゃー状態。😣

群生しているセイタカアワダチソウも、人の背丈超えとなるともはや草ではなく、茎は小枝のような硬さ。

刈払機を振って勢いをつけて刈り払い、それが延々と…。

気温は20℃に届きませんでしたが、大汗かきながらの活動へ。


草を刈り取るのも大変ですが、刈った草をすべてフレコンバックに入れるというのもまた大変な作業でして、片付け部隊も汗だく…。

午前・午後とひたすら草刈りとフレコン入れに当たりまして、いつもの活動終了時間の午後3時過ぎになっても終わらずに、一旦中締めにして予定がある方が数人離脱。

残りのメンバーで、最後のひと踏ん張りタイムに入り、最終エリアはフレコンバックには入れずにとにかく刈り倒しておくということで活動にあたり、午後4時半にタイムアップ。

最後のエリアのフレコンバック入れはできなかったものの、依頼者さんの希望していた草刈りエリアはすべて刈り取りまして活動完了へ。

そうぼら活動報告2018/10/20

入れたフレコンバックは、入れも入れたり合計29袋!

百戦錬磨のリーダーも、ここまで草刈りした記憶がないというほどの激闘となり、一日中振り回した刈払機のせいで足腰はバリバリ、シャツは汗だくとなってしまいました。

一人ならば、福島に一泊してから帰りたいところでしたが、同乗した方を今日中に送り届ける必要もあったので、日帰り入浴施設で汗を流した後、一路帰宅の途に。


入浴して気分さっぱりしたのは良かったのですが、なにせ夜通し走って来た上に、ボラのきっつい活動、その上で再度6時間超えの帰宅のための運転と、罰ゲームにしても訴えられるのではないかという苦行状態…。

気を抜くと睡魔に襲われるので、同乗した方にあえて話しかけてみたりして、おそらくこの方も眠いだろうなと思いつつもギャーギャー騒ぎながらの帰宅道中となりました。

幸い、道路も渋滞なくスムーズに走れまして、6時間を切る時間で埼玉入りでき、同乗した方を自宅に送り届け、私めの自宅へも無事帰宅。本年累計58回目のボランティアを無事終了することができました。




次週10月第4週は、土日2連チャンの活動予定となっています。


それではまた。


theme : 東日本大震災支援活動
genre : 福祉・ボランティア

プロフィール

旅人macpapa

Author:旅人macpapa
50歳を機にアーリーリタイヤしました。
亡き妻との約束を果たすため「日本の自然と温泉を巡る旅」とボランティア旅に出ています。
以前のブログ「macpapaの日々是感謝
妻が書いていたブログ「ありがとう

主に一人旅人からの目線、感じたことを書いています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
旅人カウンター
旅人オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク